KSC(熊本シニアサイクリングクラブ)忘年会サイクリング(二日目)

国立阿蘇青少年交流の家を9時頃出発し、少し下ったところでボクは
みんなに挨拶して左折して別れた。

昨日の復路となる「いこいの村」横の10〜12%坂を過ぎてパノラマ
ラインに出たところで半袖ジャージになる…
風もないので寒さは全く感じない。

朝の空気はどこまでも透明で、夕刻だった昨日のそれとはまた別の
美しさがある。
カルデラである阿蘇盆地をKSCのみんなが走っているのがひょっと
したら見えるほどだった。

久住連山もすぐそこに…
c0060862_16564675.jpg

すすき光る登山道路…
c0060862_16581749.jpg

遠く雲仙をバックに米塚が…
c0060862_16583369.jpg

やっとの思いで草千里展望所に到着! 遠くには多良岳も…
c0060862_16585475.jpg


日曜日なのに朝だからか、閑散とした草千里が浜を走り抜けると正面に
中岳が見えてくる。

どうしようかなと思っていたが、ロープウェイ駐車場までやってきたら
やっぱり火口まで自転車で登ってみることにした。

先週の「おおすみ」であれほどの激坂をこなしたんだから大丈夫だろう。
ということで自転車は無料といわれて料金所から走り始めると、係員は
「タダだけどこーんな坂がアルよぅ!」といって笑った。

最初のうちは別に・・・

しばらく行って二つめの料金所あたりも別に・・・・・

そのあとだ…    ヒーッ… きついー! (;。;)

車の来ていないことを確認して2車線を使ってジグザグに走るけれど
トンでもない激坂である… …>_<…

右手でハンドルを引き上げながら反動で右足を伸ばし、左手で同じよ
うに引き上げて左足を伸ばし… 

そうやってよろよろよろよろ状態でなんとか登り続けてやっと駐車場
に着いたがそこは一番上の火口駐車場ではなく一段下の砂千里が浜の
駐車場だった。   イヤー、もう息が続かなかった…

そこでしばらく止まって息を整えて楽になり、再び自転車に跨ると
終点である火口駐車場はそこから50mくらい登ったところだった。

ふぅぅぅ… やれやれ…

コンパクトクランクに変えたらまた来るかもしれないが
このまま42-25じゃもう来たくないわ!  (+_;)
c0060862_16594063.jpg


火口自体は何度も来て(小学生の頃から)いるので特に興味なし。
ここまで自転車で登ってきたことの証に通りかかったオネーさんに
シャッターを押してもらって帰路につき、吉田線から地獄方面へと
下って立野、瀬田線経由で午後一時ちょうど頃自宅に着いた。

KSCのみなさん、通して参加できなかったけれどとても楽しい
忘年会でした。ありがとうございます m(__)m
[PR]
by benbo | 2010-12-07 17:07 | 自転車 | Comments(0)
<< KSC例会-菊鹿荒平峠サイクリング KSC(熊本シニアサイクリング... >>