佐敷から4峠越えして川内へ




近頃はルートラボでいろいろと計画を立て
それを「ATRAS」にぶち込んで
あっちこっち、遠くへ行くことが多い…


近場のサイクリングも
それなりに手軽でいいものの

なにか、遠くへ旅してる感に乏しく


さらに安全安心度も高くて
今ひとつボクのささやかなる冒険心が
満たされない…


その点どこか遠く


行ったことのない所へ輪行でワープし

彼の地の山坂で悶絶し


なんとかかんとか
当初計画したゴール地点へと到達して


やり遂げた思いに浸りながら
再び輪行で帰るプチ冒険旅行は


なかなかイイ
ものなのであります…





今回のルート は

熊本駅から八代駅までJR
八代駅からは肥薩オレンジ鉄道で佐敷駅へと輪行し


そこから

ちょっとキツ過ぎるという理由で
前回の水俣メロンパンツアーのルートから外した
佐敷~古石~久木野のK271号線


久木野からは亀嶺高原(きれいこうげん)を
通って湯の鶴温泉へと下りK117へ


さらに矢筈峠を越えて出水に出た後
R328を南下し


途中から旧道となったK397の紫尾(しび)峠へ


峠を下った紫尾温泉からK398でさつま町
そしてR267、K394とつないで


夕方ころに川内駅にゴールしたあと
新幹線で熊本駅に戻るという

4峠越えの欲張りコースなのです…





熊本駅発は07:17の八代行き
c0060862_1310364.jpg



オレ鉄はノンビリとしたローカル線

凪いだ八代海を眺めながら
楽しかったメロンパンツアーのぶさんOさん
を思い出す・・・
c0060862_1313547.jpg

c0060862_13132216.jpg





佐敷駅には08:42着


駅前でバイクを組み立てていると

いつもながら客待ちのタクシードライバーや
電車待ちの客やらがいろいろ話し掛けてきて

遠くへ来た感を盛り上げてくれる…



ボトルに粉を入れ、水を満たしたら
いよいよスタート!
c0060862_1314595.jpg







湯浦を過ぎると
少しずつ上り坂になってきて


田植えに向けてあちらこちらで
代掻き作業が行われている…


古石地区に入ったあたりからは
野面石積みの棚田が多くなってきて
すでに苗の植え付けが済んでいるところもある!



トラクターに乗って作業している
お百姓さん達とあいさつを交わしながら
漕ぎ上がっていると

いずれもボクのような年寄りが
殆どだということに気付く・・・




また、元々は棚田だったところが
耕作放棄されたのか
草地となっているところもある…



棚田の景観を守ろうとしても
棚田を作る人そのものが
少なくなってきていて

集約した圃場の整備をする必要も
あるということなのかもしれない…



先日、たまたまこのサイトに流れ着いたこともあり

走りながら
日本の農業について
ほんのちょっと考えてみたわけなのです…




さて古石の棚田を過ぎたあたりからは
杉林の中の本格的な上りとなってくる・・・



今日は久々にブラを着けてきたので
腕の心拍計を見ながら走っていると

たまに150を越える時もある・・・



ルートラボ上では
最後の2.4kmほどが11.5%の平均勾配になっていて
ただひたすら、ペダルを回す…




車は殆ど通らず・・・


♪どこま〜でも 行こおぉ〜!
 みちは〜 キビシくともぉ〜♫



いつもの唄を歌ったりしながら
なんとか上木場入り口の峠にたどり着いた!
c0060862_1319569.jpg




しかし天気はいいけれど

すぐにかいた汗が冷たくなってくるので


写真を撮ったら早々に立ち去る・・・




下り側はゆるい勾配の気持ちのイイ田舎道


ノンビリと走って久木野に下り着いた…
c0060862_13201275.jpg



早速ここらで一軒だけと思われるJAの商店で
ジャムパンをゲットしてベンチで食べたあと

亀嶺(きれい)高原へと向かう



久木野からの標高差、400mほどを漕ぎ上がると
なだらかな高原の高みに「亀嶺峠」があって


そこは展望が良いということを事前に調べてきた…


バイクを木に立てかけ、300m程を歩いて登ってみる
c0060862_1324996.jpg

c0060862_13244553.jpg



ここからは360度のパノラマですな


水俣はもちろん
遠く九州の山々が臨める・・・
c0060862_13252555.jpg





さて眺望を楽しんだあとは
湯の鶴温泉へと向かう高原の道


ここらはお茶の栽培が多く
きれいに刈り込まれた茶園が
丘に広がっていた…
c0060862_13264277.jpg




下って湯の鶴温泉着は午後1時頃…
c0060862_1327130.jpg






ところが

メシ食うところはここで!
と、決めてきたのだが
ソコが見つからない…(^^ゞ




老人力の為か

店名を思い出せないので
誰かに尋ねることも出来ず



しょうがないので
たまたま見つけた食道で
田舎ランチを注文し

料理が出されるまでの間に
FBをチェックする・・・



すると
水俣のパン屋さんの看板娘である
Hさんからコメントが…


「諸国屋本舗」のお昼が美味しくていいよ!
と・・・




う〜む、残念
ちょっとチェックが遅かったなり〜



実は目指してきたレストランは
まさにソコだった
・・・(-。-;)





しょうがないので
食後のコーヒーに行きました・・・
c0060862_13303232.jpg

c0060862_13304847.jpg


お店は、石の階段を上って川を見下ろす高台にある
古い民家を改装したおしゃれなトコでした…





さて湯の鶴温泉での
ドタバタとまったりで時間が過ぎ
再スタートはすでに午後2時!



あと二つの峠を越えて
なんとか明るいうちに
川内駅に着かねばならない・・・



出水市に向かって矢筈峠をこなし
一旦、出水市に下った後紫尾峠へと向かう…



現在ではトンネルになった国道を下に見て

旧道は落ち葉サラサラの静かな静かな峠道…
c0060862_13342052.jpg





そして
さほどきつくないくねくね道を上ると


昔は宮之城街道であった旨を示す標柱の残る
紫尾峠へと辿り着いた・・・
c0060862_13352831.jpg

c0060862_13354149.jpg




峠を越えたら
紫尾温泉へ慎重に下り


川内川沿いのアップダウンを25kmほど走って
午後6時半ころ、やっと川内駅にゴール!

なんとか明るいうちに完走しました…
c0060862_13361292.jpg






いつものことながら
今回もいくつかの失敗やハプニングがあった…

キレイな亀嶺峠の展望所で催してしまい
大きな葉っぱ3枚じゃ足りなかったキジ打ち事件



さつま地方の路面が荒いので

バイクの振動が激しくて脱落し


あげくに軽トラにはじき飛ばされた
ATRAS 落下事件!

(幸い、傷だらけになるも画面は無傷で
リセットしたら立ち上がってくれた…

ルートはこれだけが頼りだったので
助かった…神様、ありがとう!)




まぁ、そんなこんなで
いろんなことがあり


ビールをすすりながら
新幹線で熊本へ・・・


ハニーにお迎えに来てもらい自宅着は午後8時ころ…


長い
(長く感じるんだよねぇ…こういうの)

楽しい一日でありましたとさ・・・











[PR]
by benbo | 2014-05-18 13:54 | 自転車
<< 高千穂〜日之影〜杉ヶ越へ サイクルマラソン「阿蘇望」後半... >>