カテゴリ:未分類( 22 )

サイクルマラソン「阿蘇望」後半タイムチェック



熊本でロードバイクに乗る者にとって

なんだかんだ言うても、やはり
いっちばん、走っておきたいイベントが



この

灼熱・地獄の4峠越えイベント!

「阿蘇望」じゃなかろうか・・・


ただ

距離はそれ程でもない代わり

上りがけっこうあるので

そっちが問題!




ボクのような「お年寄り」には

もう若さに任せての爆走は
出けんからである…



そこで

昨年同様


タイムチェックシートの作成のために
GPSロガーを利用しての試走を行った…(^^)



ギリギリこのタイムで走っても
途中の足切り時間をクリアー出来て



なんとか
制限時間内に完走可能となるような走行スピードを
割り出しておこうということなのである…





今回は

地蔵峠から俵山峠をまわって
ゴールのアスペクタへと戻ってくる
Aコースの後半部分をチェックした…







結果は

大体予想していたとおり
約3時間半で走り終えられたので


前半部分を4時間くらいでこなせれば
なんとかなりそう! ということが

判った…






途中の設定ポイントの通過時間を
チェックする…


(ここは”ばぁちゃんの展望台”なのだが
なんとドリンクボトルを忘れて来た……>_<…)
c0060862_11525974.jpg






イベント時の地蔵峠エイドポイントはスルーの予定
(坂の途中だし…)




上りきると南郷橋(喉がカラカラ!)
c0060862_11544171.jpg





西原への下りの途中に
教えてもらった水場があった・・・    ガブ飲み!
c0060862_11551966.jpg






下りきって、萌の里横エイドポイントで
ドリンクをゲットして最後の峠の俵山へ…




本番では西日がキツそうな俵山峠…
c0060862_1156465.jpg



少し霞んでるけれど
俵山峠東側からの阿蘇五岳…
c0060862_11562553.jpg





最後にアスペクタへの上りの
夢しずくの坂をこなして

ゴールのアスペクタへ…
c0060862_11565235.jpg







さて問題は7月27日の暑さですな・・・




去年のような曇り空でもツマランけれど
ギンギラギンのカラカラ天気もなぁ・・・






あと、前半の試走もやっておかなくちゃ…












[PR]
by benbo | 2014-05-13 12:04

阿蘇五岳一周サイクリング



南阿蘇村に仕事で建築物の申請に行ったついで…

天気が良さそうなのでBettyを車載する (^^)



申請書の提出がわずか5分で済んだので
役場に駐車したまま10時6分に走り出す!




また今年も「阿蘇望」参加を目論んでるので
ルートは自然と似たようなコースになるのである…



ここを右折してペンション メルヘン村の下から…
c0060862_1210593.jpg



湯ノ谷GCへと出て、赤水登山道路をひた上ると…
c0060862_12102255.jpg


さらに上って突き当たりの
「阿蘇パノラマライン」から左へ…坊中へと下る
c0060862_12134056.jpg



TeamO3阿蘇支部長のところで
コーヒーを頂きながらCX作戦会議…
c0060862_12105647.jpg

天気の良い木曜日に
O3達で「日ノ尾峠」を攻略しに行くこととなる…

→O3達    連休が終わったら、みんなで行くよ!






阿蘇は、さすがに桜は終わっても
菜の花はまだまだ…
c0060862_1211193.jpg




このあとは持参のパンを昼飯代わりにし

キライな箱石峠を越え

上色見からアップダウンの続く広域農道をへて
中松へ…



中松からは今回新開発の直線農道!
(なかなか良かった!)





ゴールの南阿蘇村に午後2時半頃着…
c0060862_12113575.jpg




ルートラボコース










[PR]
by benbo | 2014-05-03 12:18

TeamO3 石橋めぐりツアー

先の日曜日

Team O3 の5人+ゲスト1人の計6人で
御船や甲佐方面の石橋めぐりの
サイクリングツアーに行った…



そのあと

火曜日までにO3の中でブログをアップしてないのは
ボクだけとなってしまい・・・(≧∇≦)




でもおもしろいのは

みんなで同じルートを走り
おんなじ時間を過ごしたものの


やっぱりそれぞれに違う
ブログになっている!





今回の石橋ツアー引率の「O先生」

当日のはっきりせぬ天気に気をもんだ連絡担当「Kenさん」

レストランの昼メシ辛口批評担当の「みきたか氏」

ツアー報告:A〜Z の「のぶさん」




これらブログを覗けば
あの日のことは殆どすべてわかるというもの!


今回はボクの出番は必要ありません・・・




つまり、そういうわけで写真だけだす…(^_^;

c0060862_1044020.jpg


c0060862_1045314.jpg


c0060862_10454889.jpg


c0060862_10452020.jpg


c0060862_1045544.jpg


c0060862_10455017.jpg


c0060862_10454353.jpg




初めてのところも半分ほどあってなかなか
良かったですよぅ!


O先生のルート設定の巧みさに

距離的にはなんちゅう事はなかったハズが
そこそこ足にキテた翌朝でした・・・




こんなに楽しいツアー…
シリーズ化は必至ですな!



O3のみなさん、お疲れさまでした…

















[PR]
by benbo | 2014-02-05 11:00

宇土半島/大岳山登山口ルート


うったちが悪かどころか、出掛けたのは11時半!
寒くも何ともない…(^_^;


今日はのぶさんのリポートにあった
宇土半島の大岳山登山口方面へと向かう・・・



住吉からK58に入って峠へ…

ここからクサリをまたいで入っていく
c0060862_1571857.jpg



坂を上り詰めたところに中継塔があって
ここで舗装は切れている…
c0060862_1574954.jpg




小休止して、その先の砂利道にかまわずに突き進むと
きらめく海と八代方面が望め、なかなかエエばい・・・
c0060862_1582265.jpg



今までロード用のタイヤで
何回かダート走行をしてきたけれど

幸いにも、まだパンクしたことがない・・・


ま、しなけりゃしないに越したことはないので

パンクさせそうな石に注意して1kmほど進むと
やがて荒いコンクリート舗装となり
ほどなく大岳山登山口の前に出た…
c0060862_15141677.jpg



一瞬、バイクをここに置いて登ってみようかなと思ってはみたが

今日は「ハイサイ」やってると三角まで往復している時間がない…

さっさと山登りを諦めて先へ・・・




いくつかの分岐を気の向くままに選び
c0060862_15184495.jpg



果樹農家の集落をいくつかかすめて下って行くと
やがて大岳郵便局の先からR266へとひっと出た!



この宇土半島の南側には
ミカン山の中に何本も細道があって

海側から登っていくのは大変にしても
上のほうから、下り基調で遊ぶのは面白そう・・・




三角港にあるフィッシャマンズワーフで
やっと昼飯にありつけたのは午後3時ころ…
c0060862_1620486.jpg


山菜おこわ弁当といきなり団子を食べたあと
帰りは暗くなる前に自宅に着こうと
R57を一目散に走り

走潟から白川土手上に出て
なんとか暗くなる前の5時半ころ帰り着いた…



c0060862_15275964.jpg


K58の峠からR266までのルートラボでの実走コース

[PR]
by benbo | 2014-01-25 15:37

大王駅伝復路2013-2日目(日田〜宇佐神宮)



大王駅伝復路2013-1日目(熊本~日田)に続いて
今回は日田市から宇佐神宮までを走りきり
これでボクの担当区間は完走です!



今年は神社から神社をつないで…ということなので
日田のスタート地点は日田駅にほど近い
大原八幡宮から・・・
c0060862_1148289.jpg




走るルートとして
耶馬溪町の青洞門までは

旧日田街道であるK720と
鉄道廃線後をサイクリング道路とした
「メイプル耶馬サイクリングロード」を利用


その先はK44で「桜峠」を越え
宇佐神宮に至る約71kmです…






日田の市街を抜けたあたりで旧道へ…
広くは無いが車が少なくて雰囲気もイイ!
c0060862_1149943.jpg


町並みを過ぎるとK720となって
少しずつ上り始める…
c0060862_11492890.jpg


ただ途中に採石場があって
日曜というのに
何台ものダンプカーに遭遇した…(×_×)



そこを過ぎると「伏木峠」への
静かな上りとなり

その昔、この街道が重要な交通路だったことを
示した看板なども見られる…
c0060862_1150713.jpg

c0060862_11501874.jpg

c0060862_11503533.jpg



伏木峠を越えると
下って「山国」の町となり


いよいよここからは
「メイプル耶馬サイクリングロード」です…
c0060862_1151346.jpg


雰囲気は同じく鉄道廃線後を利用した
「日本一長い運動場」によく似ています
c0060862_11535780.jpg

c0060862_1154103.jpg



ただ、昨年の集中豪雨の被害から
まだ全部は復旧しておらず

特に流された何カ所かの橋梁は
現在工事中で通行止めとなっていました…
c0060862_11543866.jpg



やむなくR212へと迂回すると
ここらで最古の神社「雲八幡宮」がありました!
c0060862_1155246.jpg

c0060862_11553869.jpg

c0060862_1156096.jpg




そこからほどなく有名な「青の洞門」着
「ドライブインやばけい」にて昼食です…


豪雨被害で通れなくなっていた「洞門」は
先月から復旧して通行可能です…
c0060862_11564136.jpg






宇佐神宮着は午後2時半ころ・・・
すでに正月飾りが出来ておりました!
c0060862_1157583.jpg

c0060862_11581292.jpg




宇佐神宮の中に入るのはこれが初めて…

上宮、下宮ともに参拝して
サイクリストの安全を祈願しました!
c0060862_11583773.jpg

c0060862_1158578.jpg



二日目のルート
c0060862_12292762.jpg





一日目(熊本〜日田駅)は
12月5日に走りました!












[PR]
by benbo | 2013-12-18 12:29

大王駅伝復路2013-1日目(熊本~日田)


センチュリーランを走る会
年末年始のイベントである「大王駅伝」


今シーズンはその復路にあたるので
小春日和のこの木曜日

熊本・藤崎宮をスタートして
菊池~上津江~下筌ダムを経由し
日田駅までを走った…



九州での走行は熊本から宇佐神宮までが
ボクの担当で

宇佐から本州の新山口駅までが
大分の用正氏の担当



そんなわけで藤崎宮をスタートしたのは午前9時ちょうど!
菊池渓谷方面を目指します…
c0060862_18392495.jpg



今日の峠は「兵戸峠(ひょうどとうげ)」のみ
と思っていたら

K201の四町分(しちょうぶ)からK203に抜ける道は
そこそこの勾配で汗だらだら・・・
c0060862_18395551.jpg



まわりは秋も深まり、雰囲気が師走してました…
c0060862_18401660.jpg



菊池渓谷のとりつきから日田方面へと…
c0060862_18403937.jpg


10%以上は無さそうな峠道
c0060862_18411732.jpg




ここから先は下りになるため
ウィンドブレーカーを羽織ります・・・
c0060862_18413671.jpg





1時間の上りの後は15分の下り…
ちょうどお昼に上津江の道の駅に到着…
c0060862_18415774.jpg


うどん定食(600円)です…
c0060862_1842102.jpg

”美味しかった”



でもここら辺は寒いのね!
水道のホースには「つらら」が・・・
c0060862_18423196.jpg




そうして「下筌ダム」

室原さん、蜂の巣城・・・

松下竜一さん、「砦に拠る」・・・

ここは時間のある時にまた来よう!
c0060862_18434350.jpg

c0060862_18442441.jpg

c0060862_18444557.jpg



日田到着は午後2時ちょっと過ぎ…
c0060862_1845556.jpg



列車の時間しだいでは
町を彷徨こうかと考えていたが
久留米行きが20分後にあったので
バイクを袋に入れて乗り込んだ…
c0060862_18453013.jpg




上熊本へは午後5時半過ぎ着

バイクを組み立てて自宅に帰った…



日田駅〜宇佐神宮は後日、天気の具合を見て
また走ることになっとりまする・・・


二日目(日田〜宇佐神宮)は
12月15日に走りました!






















[PR]
by benbo | 2013-12-07 18:48

クルソン峡の紅葉ツアー


今回のメインは
なんといってもクルソン林道の下り!



浮き石があったり

尖った砂利だったり

落石の間をすり抜けたりしながらの
走りなので


大体15分に1回くらいの間隔で
バイクを止めて小休憩を取ります…



ほんのちょっとの油断で
転倒の危険があるので

集中力が薄れるのを
防ぐためです・・・



この非舗装の林道

約10kmに渡ってほぼ下りなので

漕ぎ上がる辛さは無いものの
部分的には転げ落ちるような坂もあり


特にそういう場所こそが

石ころだらけの荒れた路面になっていたりして

一瞬たりとも油断は出来ない状況・・・



さらに今回は二人ともロードタイヤなので

交換用にチューブを3本
タイヤ2本を準備してきたけれど


出来ることなら使いたくは無いものだから
慎重に、慎重に路面を見ながら下って行きました・・・



タイム的にはこの10kmちょっとの下りだけで
2時間半くらいかかったんじゃないかなぁ…



おまけにクルソン峡キャンプ場も過ぎ

林道をほとんど下りきったあたりで
崖崩れ補修工事の為に全面通行止めだったりして


やっとの思いで下ってきたこの道を
また登り返さなきゃいけない羽目になったら
地獄だぁ…

と思ったけれど


幸い日曜日のおかげで工事はお休み!


バイクを担いで工事現場の泥の中を歩き
辛くも難を逃れました・・・

(とにかく100mほどの距離の工事用道路を
 クリートを気にしながら歩くことに必死で
 写真を撮る余裕がありませんでした…
 この工事は未だしばらくはかかりそうなので
 もし行くとしたらそのあたりチェックが必要
 でしょう)





出発は午前6時、熊本駅から輪行です…
c0060862_12575856.jpg



八代駅からは肥薩線で人吉に向かいます…


瀬戸石駅では20分の待ち合わせ
c0060862_12504772.jpg




人吉に午前8時15分に着くと
寺本製茶の「mottea」さんと合流
いよいよスタートです!
c0060862_12355278.jpg




古くからの友人である「木工房・工人社」
福山さんを訪ねてコーヒーを頂いたあと
先ずは「温迫峠(ぬくみさことうげ)」に向かうと


雨が!


それも冷たい雨・・・



それほど強くは無いもののしとしとと降り
雨宿りがてら堆肥小屋の軒先でコンビニカッパを羽織る…


しばらくで雨も止み、峠への登りとなったものの


そのあとも何度か小雨が落ちてきて
天気予報通りの展開となったのでした・・・



しかし10km弱の舗装の峠を越え
いよいよ下りの砂利道となる頃には
雨はほとんど止んできて



空も心なしか明るくなってきました・・・
c0060862_12411766.jpg

c0060862_12413858.jpg




しかし冒頭のようにバイク上では
景色なぞ見ている余裕はないので


小休憩の度に辺りを見回して
その風景を堪能するわけだけれど


川内川源流である、この渓谷沿いは
やはりなかなかのものでありました!
c0060862_1243550.jpg

c0060862_12432317.jpg



途中、水場での休憩… ドラム缶がちょっとネ…
c0060862_1244663.jpg



こんなのがずっと続きますが
下りながら見とれるわけにはいきません・・・
c0060862_12443188.jpg





時間的にゆとりを持ってここを堪能するのなら

ハイキングシューズで自転車を押しながら
歩き下るのもイイのではないでしょうか…



さらにタイヤがブロックパターンで
MTBやCXだったらなおさら
景色の素晴らしさを味わえるのかも・・・





まぁ、そんなこんなで
工事の通行止め箇所もクリアー
c0060862_1245215.jpg



えびの市側からの入り口に到達です!
この時点で午後3時になっていました…
c0060862_12454657.jpg

c0060862_1246115.jpg






この後は、えびの市のコンビニで
おむすびをゲットして遅いお昼とし

再び熊本県に戻るために矢岳高原へ…



ここもステキなところで
ゆっくりしたいけれども
今日はその為の時間が残されておりません・・・



すでに午後5時となり
薄暗くなってきた「ベルトンキャンプ場」
c0060862_1247389.jpg

c0060862_12471790.jpg



さらに高原の最高地点を越えて
JR矢岳駅横を通り



大野地区から267へと下りて
人吉駅に午後6時10分にゴールしました…




待合室に泥で汚れて白くなったバイクを持ち込み
さて輪行袋に入れなきゃな…と考えていると

売店のオネーさんが
今、ホームにいる列車は6時25分発だと教えてくれる…



ゲゲっ、あと10分しかない!



「mottea」さんに切符を買ってきてもらいながら
大慌てでバイクを袋へ・・・


なんとか滑り込みで列車に乗り込みました!
c0060862_12484138.jpg




予定では19時40分発の特急だったのだけれど
まぁ、早くなって良かったのかも・・・



ただ、その分慌ただしくなって
「mottea」さんにお礼を言うヒマも無かったのが残念…

列車に乗りしな、暖かいお茶も頂いて助かりました!


矢岳高原をはじめ、良かトコ一杯の人吉周辺を
また、ゆっくり巡りたいです…


コレに懲りず今後もお付き合い下さいね〜
有り難うございました!



泥に汚れた「Betty」
c0060862_12492346.jpg


今回ルート
c0060862_12494364.jpg

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=139a626ccf08c4c10be690fb11541542
















[PR]
by benbo | 2013-11-19 13:01

「阿蘇望」トレーニング-最終回



水曜日なんだけれど

今度の日曜日の為に最終調整に出かけました…




ルートは俵山峠〜アスペクタ〜地蔵峠の予定で

帰りがけに、先日の「みきたかさんのブログ」

出ていた「塩井社湧水」と「白糸の滝」を

こなすという欲張りな設定・・・




ただ午前中には出かけるつもりだったのが

仕事のクライアントからの急な要請があったりして

結局、スタートは午後からとなってしまいました…^_^;



なので予定変更!


先に「白糸」と「塩井社」をまわり

「地蔵」は時間があれば回ることとして

K28から河原小学校へ右折、激坂登りをして「白糸の滝」へ
c0060862_11213532.jpg


う〜ん、ここは涼しい!
c0060862_11215543.jpg


下の方では水遊びも出来るんですね…
c0060862_11221458.jpg






みきたかさんに倣って

ルートラボで引いたレアルートを辿ると・・・
c0060862_11224844.jpg






そうして西原の「塩井社湧水」到着
c0060862_11231555.jpg




たしかにココの水はものすごく冷たい!

足を浸けてみたけれど6秒以上はムリ…



頭に掛け、首筋に掛け・・・

チョー気持ちイイ!





水汲みに来たおじさんが

「ボクもCannondale持ってる・・・」ということで

しばらくバイクの話で盛り上がりました…





さてサブボトルに水を入れ、いよいよ「俵山峠」へ




普段、CXバイクなので感じるけれど

ロードバイクはやっぱり「軽い」ですね!



「桜の木陰」エイド地点にもゆとりを持って到着



そよ風に吹かれて休憩とチャージ
c0060862_11251850.jpg






さて再スタートして2〜3分後



下ってきたサイクリストに挨拶すると


なんといつもお世話になってる

「大藪サイクル」のメカニック!



今日は水曜日でお店がお休み、ボクと同じように

「阿蘇望」の為の調整でありました・・・




道路の真ん中でしばらく立ち話したあと俵山峠に着くと

今度は「O」さんという大津のローディーが休憩中


ここでもまたバイク話で盛り上がりました…



彼はこの後

「白川水源」を目指すのだという…





峠から阿蘇五岳の眺めは少し雲あり
c0060862_11302474.jpg




その後「夢しずく坂」を経て

アスペクタに到着すると既に午後5時過ぎ!



ドリンクを補充した後は地蔵へは行かずに

再び俵山を帰ることとしました…






ユウスゲが咲き、日が西に傾いた

帰りの俵山峠
c0060862_11305830.jpg





自宅着は午後7時半

なんとか暗くなる前には辿り着きました…





さて日曜日はいよいよ

「阿蘇望」本番!



昨年の中止も考えると随分待たされた気がします…




これまでいろいろ準備してきたけれど

果たしてうまくいき、完走はなるのか・・・




「阿蘇望」はいままで参加してきた各地のイベントの中でも

最もハードなロングライドイベントの一つです…





完走したら「打ち上げ」やらなくっちゃ・・・→ O3たち













[PR]
by benbo | 2013-07-25 11:38

「子別峠」はやっぱり!


漕ぎ上る時にいくら大変な思いをした峠だって

しばらくするとまた行ってみたくなる…




でも、そうやって行ってみると

前にも増してキツかったりする・・・



ホントーに




懲りないボクら・!






日曜日のこの日、 ボクは「五家の荘集合サイクリング」に
エントリーしていたから

一年ぶりに「二本杉峠」を上るつもりだった…



でも「のぶさん」が


「子別峠」に行く! 


 というものだから



ついつい

「そっちでもイイか…」    と

変更してしまったのです・・・





ま、   「二本杉峠」だって

十分すぎるほど「ツライ」ところなので

どっちでもいいや と 思ったんですが





「子別峠」を越えた先はというと

かなり南の方まで下ってから


また、登り返さないといけないんですよね…





そういうわけで

この日は なかなかの


一日になりました!







スタートは「藤崎宮」を 7時15分頃・・・

今日は Vivian です…
c0060862_15112334.jpg



緑川沿いの「めど町橋」に7時45分頃に着くと

すでに「のぶさん」は待っておられました!




フラットな「緑川CR」を流して

いつものところでトイレ休憩…
c0060862_1512351.jpg




美里町を抜け、氷川ダム横を通って

「子別峠」方面のK247に入ると

だんだんと道の勾配は急になってきますが



集落の子供たちは

普通にバイク少年しています!
c0060862_15132322.jpg

(坂に強くなりそう!)




「子別峠」の登りは

のぶさんのペースが速くて

全くついて行けません・・・(v_v)






峠まであと少しという所にある水場で

身体にもボトルにも補給!
c0060862_15144547.jpg



ついでに首筋に冷たい岩清水をかけると

ヒンヤリとして



チョー気持ちイイ!




峠で待っていたのぶさんと

また二人で五木方面へと下ります…




途中の頭上にこんな橋が・・・

なんの橋だろ?   水かな・・・
c0060862_15163311.jpg




あんまり下のほうまで下りたくなくっても

下らざるを得ません…(^_^;




ついに R445へと突き当たって左折・・・


熊本方面へ帰るために、川辺川沿いを二本杉峠へと向かいます!


山は高く、谷は深し・・・ ヤレヤレですよ…
c0060862_15175561.jpg




ここでものぶさんに付いていけずにヘロヘロ…


チャージです!
c0060862_1518212.jpg




時間はこのあたりで既に12時半前後だったので

五家の荘自然塾での「しし鍋」をあきらめ

「梅の木茶屋」でお昼とすることに・・・
c0060862_15193052.jpg




地鶏うどん(500円)を注文したら

なんと

ここのおばちゃん(もとい、おネーさん)達は

「高菜めし」もただでサービスしてくれた!



土曜と日曜しか開けてないとのことだけれど

二本杉峠の茶店よりココのうどんがウマイと思ったな…
(しかも50円安い!)

ありがとう!



食後、すぐ横の吊り橋を渡ってみる…
c0060862_152317100.jpg


コンクリート製なので全然揺れない!
c0060862_15222750.jpg









さて満腹になっての坂登りはイヤだけれど

しょうがない…

再び上り始めます・・・




勾配はそれほどでもないが

あんまりゆっくりでものぶさんに気の毒なので

さっき食ったメシが喉の奥から上がって来そうになるのを

こらえながら

ボクとしては精いっぱいのスピードを出して

漕ぎ続けました・・・



そうして自分の限界を2回くらい通り越したのち

やっと二本杉峠を越え



待ちに待った下りとなりました!





イヤー下りはイイねぇ!
c0060862_15291028.jpg




そこそこ下ったところに「七郎次水源」の

冷たくて美味しい水!


休憩です…
c0060862_1528718.jpg





その後はあっという間に「砥用(ともち)町」へと下り

甲佐の町中を抜け、御船インターの横から

水前寺を経由して帰宅しました・・・




キツかったけど、     たぶん

「五家の荘集合サイクリング」よりも

面白かったし



「阿蘇望」の 練習にも

なったことでしょう!



これで五木方面への主な峠であろう

二本杉峠、子別峠、笹越峠、大通峠 のうち

ボクに残されたのは「大通峠」だけになったけれど



「のぶさん」には、笹越峠と大通峠の二つが残ったという・・・
c0060862_15301142.jpg





そのうち

行きに大通峠を越えて五木に出て

帰りは笹越峠をもやっつけるという

またもやの二峠越えのプランで行きませんか

と言われたら




やっぱり イクかもな・・・




詳しくは「のぶさん」のブログ



[PR]
by Benbo | 2013-05-30 15:42

子別峠から大通峠ツアー


どこ行こうかなぁとルートラボを探っていたら
タイトルのルートが「やまへろさん」の名前であったので
これに決めて日曜日に出かけてみた…



ちょうどハニーが小川でコーラスの練習があるので
その車に便乗し、小川図書館の駐車場から
午前10時にスタート…


氷川ダム方面への近道として「新道峠」へ向かうと
川をまたいで「鯉のぼり」の設置作業をやってました…

季節を感じますなぁ・・・
c0060862_17171398.jpg


海東から右折しての峠越えは、軽いと踏んでたものの
けっこうな登りが続き、良すぎるウォームアップとなりました!

峠には短いトンネルが…
c0060862_17175657.jpg




下ってR443を左折、しばらくでK52に右折となります…
c0060862_17182770.jpg


氷川ダムから少し上って泉第二小学校から右折、K247へ…


雰囲気もグッと山道っぽくなってきた中
山々の新緑を眺めながらノンビリ上っていきます…
c0060862_17235327.jpg



石橋もありました…
c0060862_1724172.jpg

c0060862_17243826.jpg





そうこうしているとやがて渓流沿いの
本格的な登りとなってきました!
c0060862_1725925.jpg





ルートラボではこのあたりから峠までの約6km区間は
平均勾配で10.3%にもなっているので
途中でタレないように、ゆっくりゆっくり回します…




二本杉峠の平均勾配が8.3%でとってもきつかったから
正直、こっちは大変だろうと考えてましたが

意外や意外… 



なんていうか、

キツイのはキツイけど

辛さはこっちの方が少ないです!




二本杉峠の方がず〜っと
平均して8〜9%が続くのに対して

こちらは


15〜6%(正確には判らないけど)の激坂部分と
5〜8%の緩い坂が交互に混ざっている感じなので


しばらくキツイ坂を我慢すると、次に
その緩い部分(決して緩くはないのだけれどそう感じる)で
休めるという・・・




つまり、そういうわけで

ず〜っと8%が休みなく続く二本杉峠よりも
辛くなかったような気がしました…






子別峠まで残り1kmというあたりで、ドリンク補充
c0060862_17262619.jpg



ついでに栄養食のビスケットを補給! んまい…
c0060862_17271746.jpg



そこから少しで「子別峠」着!
c0060862_17274571.jpg

c0060862_1728514.jpg


ここから右折して大通峠方面へと向かい
さらに上っていくと「端海野」キャンプ場ですが
まだシーズン前なのか静かなもんでした…
c0060862_17283651.jpg




まっすぐ大通峠方面へとむかって
8kmほど下ると峠の公園にひょっこりと出ました…
c0060862_1729120.jpg


大通峠自体は新しくトンネルが出来ているので
今ではここに来る人は少ないようです・・・





さてそこからはK25を駆け下り
R443に出て、立神峡公園
c0060862_1729258.jpg




午後3時過ぎ、松橋のほっかほっか亭で
ロースカツ丼をゲットして遅い昼飯を食い
c0060862_17294831.jpg



雨がポツポツ落ちる中、午後5時少し前に
自宅に帰り着きました・・・


そのすぐ後に、熊本は雷雨となって
ビックリ!



氷川町からの帰り道
南西からの強い風が追い風になって
ホント助けられました…





ペプシンさんの話で
五木方面への一番楽な道が「大通峠」だということなら

一番キツイ坂があるのは「子別峠」かな・・・


次が「二本杉峠」で三番目がK52の「笹越峠」



ただ辛さでいいうならボクにとっては
「二本杉峠」、「子別峠」「笹越峠」の順になるので

単に平均勾配だけでは計れない気はします…



ま、その日の体調も大きく作用するだろうし
一度上ったくらいではハッキリとはわからんのですけどね…




ただ五木の山の中はイイねぇ!

これから新緑まっ盛りで
「五家荘集合サイクリング」が楽しみだ…

c0060862_19252785.jpg







[PR]
by benbo | 2013-04-15 17:37