カテゴリ:自転車( 138 )

サイクリング-今日の一枚

久しぶりの 「宇土イチ」



三角港に着くと  KSCのみなさんに 遭遇

相変わらず 元気な方々でした!




そうしてここのイカ飯は  旨かった!
c0060862_853472.jpg



帰りに 石打ダムを通ると
日当たりの良い梅園の梅が五分咲き…


う〜ん   やがて   春!

 











[PR]
by benbo | 2015-02-03 09:00 | 自転車 | Comments(6)

Team O3 長崎合同ライド


たとえそうじゃなかったにしろ

たぶん同じような場所を
訪れることにはなって


それなりに
面白かったとは思うけれど・・・


やっぱり

そこに住んでいる
その地をいつも走り回っている面々に
先導、案内してもらうと


それが何倍も何倍も楽くるしくなるということは
ホントーのことでしたね! 今回も・・・



自転車に乗って楽しく遊ぶ集まりである
Team O3(チーム オースリー) 
※「チーム おっさん」というのが
 正式名称だと思っているメンバー
 がほとんどのようだが…

には


Team O3 熊本(元祖)
Team O3 長崎
Team O3 東京

があって


10月25日〜26日の二日にわたり
ボクら熊本組は長崎へと
遠征することになったのでありました・・・



冒頭のように

長崎組によって
巧妙に、かつ効率よく考えられ、仕組まれた
ルートの一日目は


そのまま坂だらけの
長崎市中引き回しの刑(もとい観光)であったし…


二日目の野母崎ライドでも

通常だとそれ程ツラクは無い坂が

長崎の若っきゃモンが
ガンガン突っ走るものだから


それに合わせてコッチは
ハァハァ ぜぇぜぇ・・・



なかなかの モノでした!



まぁ、そんなわけで


ホントーに 楽しんだ
長崎合同ライドでした・・・




Team O3 長崎のみなさんには
とってもお世話になり
ありがとうございました!





一日目(25日)朝からフェリーで島原へ
c0060862_189767.jpg

長崎組との集合は長崎港
c0060862_1892595.jpg

食事をとってさてスタート(P.すぎもと)
c0060862_1894314.jpg

先ずはなんといっても稲佐山
c0060862_1895865.jpg

(新)名所の女神大橋を渡り
c0060862_18102043.jpg

湾を挟んで稲佐山の対面の鍋冠山
c0060862_18104023.jpg

お次は海援隊(P.すぎもと)
c0060862_1811365.jpg

おしまいに中島川の眼鏡橋
c0060862_18111797.jpg

焼き鳥「龍」での楽しい宴の後
初体験のカプセルホテル!
c0060862_18113573.jpg




二日目(26日)は
熊本からアンカー星人さんも参加して
女神大橋からのスタート(P.すぎもと)
c0060862_18115788.jpg

野母崎南端の樺島灯台
c0060862_18121482.jpg

昼メシは脇岬にて
c0060862_18122856.jpg

食後の一枚(P.すぎもと)
c0060862_1812515.jpg

野母半島西海岸からは軍艦島が・・・(P.すぎもと)
c0060862_18131079.jpg




ゴールはスタート地点の女神大橋駐車場
美味しい差し入れを頂いた後
名残惜しくも解散して帰途へ・・・



行きも帰りも運転してくれたST-さんはじめ
のぶさんみきたかさん1008さん
アンカー星人さん
お陰で忘れ得ぬ長崎合同ライドに
なりました…ありがとうございました!













[PR]
by Benbo | 2014-10-31 18:23 | 自転車 | Comments(8)

清栄山ハイサイ


仕事が忙しいとついついブログがおろそかになる…

サイクリング後、その日のうちにアップするなんて
凄いことだけれど、まわりのO3達はヘーキでそれを
やっているヒトも多いのだ・・・スゲ〜



今回はたまたま土曜日のサイクリングで
日曜日の午前に時間が取れたし

ブログアップの方法を忘れてもイケナイので
昨日撮った数少ない写真をアップすることにした…(≧∇≦)



サイクリングで山の取りつきまで行き
そのままハイキングまでやっちまおう!
という方法を今回の同行者であるみきたかさんが
提唱し


我らO3がそれをやるなら「ハイサイO3」だねぇ…

ということでハイサイの名前を付け
今回は「清栄山ハイサイ」なのである・・・




集合は小山町のお弁当屋さんに午前8時半
c0060862_1155560.jpg

みきたかさんの先導で益城から西原へ向かう
c0060862_11552366.jpg

萌の里下での休憩後、先ずは俵で足慣らしを…
c0060862_11554240.jpg

スカッと晴れない阿蘇カルデラ
c0060862_1156281.jpg



あとは


   楽しすぎたり


      苦しすぎたりで




写真を撮るのを忘れ


やっとこさの 清栄山頂…
c0060862_1214953.jpg

c0060862_1214291.jpg



低山ではあるけれど
十何年ぶりかの山頂到達の気分は格別で


なんか   昔を思い出し
また登山やるのもエエかもね…


などと思ってみるのであった・・・(^^)



さて帰り道でカメラを思い出し
レア-な近道で最後の一枚…
c0060862_123921.jpg



土曜と日曜しか資本活動をやってない長陽駅舎で
ハニーへのお土産のシフォンカップケーキを求め

運動公園横でみきたかさんと別れ
午後5時前に今日も無事に自宅着となり・・・





しっかし


今日の清栄山登り口までの激坂は
キツかったぁ・・・




詳細はみきたかさんのブログを参照下され〜
みきたかさん、ありがとうございました!








[PR]
by Benbo | 2014-10-19 12:07 | 自転車 | Comments(14)

宇土半島ワンダーランドへ


大藪サイクルの小国ライドが
雨のために中止という連絡は
昨日、土曜日だったけれど

今日は朝からぐずついたものの
お昼に近づくにつれだんだんと良くなってきた…

次の台風がまた近づいているため
しばらくは走れそうにないので
まぁ、途中で降られてもイイやと
Betty に跨がって午前11時に宇土を目指す


東シナ海を通過した台風12号は
韓国に近づいてゆっくりとなったため
強烈な南風に悩まされながら
いつもの白川の土手から天明町を抜け
平木橋を渡って住吉へと辿り着いた・・・

龍神社前で一休み・・・
c0060862_21331579.jpg


そうしてR57を横断してK58へ入ると
宇土市と宇城市の境の峠手前2kmが
9%弱の上りになっていて
汗びっしょりになってしまった…

峠からはチェーンをまたげば
大岳山方面へも行ける…
c0060862_21333885.jpg

c0060862_21335563.jpg


息を整え、ドリンクで喉を潤し
少し下っていくと八代海が見渡せる…
c0060862_21351832.jpg



さらに下ると、古い町並みの保存が進む
松合の町に出て、昼メシを食おうと
いつもの下萬屋へと向かう…

時刻は午後1時半になっていたけれど
あと2食分はあるというので
500円の「だご汁定食を」2階の座敷で頂いた…
c0060862_21353781.jpg




さて後はここから三角方面へと向かい
宇土一をやるか、あるいは東へと向かい
松橋を抜けて家に戻るか考えたが

すでに2時を回っているので
素直に帰ることにする…


行きに押し戻そうとするくらいの南風は
帰りには楽チンな追い風となって
いつもは出来ない40km/h巡航!

午後4時には自宅着が出来てしまった…


雨になるかもと思って覚悟していたものの
おおむね晴れの蒸し暑い日となって

日焼け止めを塗っていかなかったツケで
お風呂でヒリヒリになってしまいましたとさ…










[PR]
by Benbo | 2014-08-04 21:38 | 自転車 | Comments(24)

小岱山ドMコース?


「小岱山ドMコース」としてルートラボに
上げてしまって、自分ではまだ走ってないとなると
ちょっと問題かな・・・


そういう訳でほとんど梅雨明けしたと
同じようなカンカン照りになったこの日に
阿蘇望の練習も兼ねて行ってきた・・・


スタートはまたもや出遅れ、午前10時…(≧∇≦)

フードパルから菱形神社を経て
K113の途中から木葉に出、新玉名駅
c0060862_10344295.jpg


天気が良くなり、暑くなってきた・・・


玉名バイパスを上り、蛇ヶ谷公園東側の
九州看護福祉大学横から
今日は「防火林道」というのを走り始める…
c0060862_1036259.jpg


道はアップしてるかダウンしてるかで
リズム良くアップを続けたいが
ソレをさせてくれないジワジワ悶絶型!


嬉しくて汗が出てくる…


おまけにFBでお助け回答まで
せにゃぁならないので

いくつもの坂の頂上付近で
その度に i ちゃんのキーを叩く…



最後に少し長めの一気下りのあと
K3に突き当たって左折し

新幹線をアンダーパスした後
程なく小岱山林道に突入!

瑞穂窯横をまたもや悶絶しいしい
上っていく…



ここらへん、
太陽がジリジリと照りつけるので
なるべく木の陰を選びながら
走るものの
木の無いところには
陰もあり得ず

灼熱の阿蘇望を思って
我慢するしかない・・・



そうしてやがて
ある程度の高度まで達した頃
林の中の陰ぶら道になり
勾配も穏やかなものとなってきた…

ごくごくたまには
西側の展望も開け
有明海越しに雲仙も見えた…
c0060862_10403862.jpg



同じような細かいコーナーが連続する道には
枯れ葉や枯れ枝が沢山落ちていて
特に大きめの枯れ枝には注意が必要だ!

途中にあった登山者向けの地図
c0060862_10405836.jpg



そうして午後2時半頃
蓮華院誕生寺奥の院に到達
c0060862_10412821.jpg

今回も門前のお店で遅いお昼にする…

ここはお相撲さんとのつながりがあり
それだからか「ちゃんこ定食」のメニューがある。
500円である…
c0060862_10414140.jpg


一見、豪華に見えるが食ってみるとさほどでもなく
バイク乗りにはエエくらいかも・・・



帰りは蛇ヶ谷公園横へと下り
玉名高校、岩崎を抜けて高瀬に出たあと
ハニーの命を受けていた
荒木商店で「高瀬の誉」の酢、五合瓶をゲットして
c0060862_12161243.jpg

木葉から田原坂を経て帰った・・・


今年の阿蘇望は暑くなりそうなので
身体を慣らしておかないといけなそう…
午後3時の俵山峠スペシャル対策も必要かも。












[PR]
by Benbo | 2014-07-20 10:50 | 自転車 | Comments(18)

小岱山悶絶?ツアー



ごっちゃんが

小岱山はトレーニングにイイ!

というようなことをFBに書いていたので
早速出かけてみる・・・



はじめの予定では
小岱山から荒尾まで足を伸ばし

リーフさんトコ経由メロンパンゲットだったけど


またもや打ったちが悪くて
結果としては府本折り返しとなってしまった…(≧∇≦)




まずはいつものフードパルから
K332を上って今日の調子を確認



何となく身体は重いものの

Bettyのリアを30Tに変えてみたので
上りはかなり楽になっている…




見晴台から


やっぱり今日も見透しが悪く
阿蘇は見えず・・・
c0060862_1215378.jpg




芳野から野出に下り
ナル椅子をパスして河内のミカン山
c0060862_1221016.jpg




広域農道のアップダウンを進み

R208玉名バイパスへ出ると
田植えに向けて代掻き作業が・・・
c0060862_1223824.jpg




蛇ヶ谷公園を過ぎたところから右折すると
いよいよ「悶絶ロード」…
c0060862_123136.jpg





木がうっそうと茂った
渓流沿いのうら寂しげな道



両はじに湿気にぬれた落ち葉の積もる
8%程度の陰気臭い上り坂…



鉄下駄履いてきている割には
さすが30T…

それほどヒイコラしなくても
淡々と上っていく!



途中下り坂が一カ所あって

さらに上って
蓮華院誕生寺奥之院に着いた…
c0060862_1234239.jpg




時刻は午後1時半過ぎ


門前にはお土産屋兼レストランがあったので
450円のキツネ蕎麦でお昼にする…



そしてここでの再スタートが
午後2時をまわっていたので
荒尾は諦め

林道を少し先に進んだところから
府本方面へと激坂を下った・・・
c0060862_124594.jpg




ここから蛇ヶ谷公園方面への帰りは
広域農道を走る


どこの広域農道もそうだけれど
やっぱりココもアップダウンがきつかった!





おしまいに30Tの再確認のため
田原坂の一ノ坂をこなし
c0060862_8105094.jpg


植木から坪井川沿いの
いつもの道を帰った・・・





前からリアスプロケット30T計画は
あったものの、なかなか実現しなかったけれど
のぶさんのCXバイクの影響もあり
やっと今回交換してみた…


若っきゃモンには不要かもしれないが

阿蘇望を控えていることだし
これなら Vivian もチェンジしとこかな・・・



ルート










[PR]
by benbo | 2014-06-22 12:17 | 自転車 | Comments(24)

尾平越から高千穂へ



またまた今回も輪行


豊肥本線の波野駅に行くには

朝の時間は

コレ 一本!


竜田口駅発 05:21
c0060862_20135563.jpg



07:20  波野駅で降りたのは

ボクを含めて 3人の輪行サイクリスト


ひとりは 普通のカッコの
折りたたみ自転車の方・・・


もうひとりは ボクと同じような…



んん?


シングルスピード じゃん!


ゲゲッ… 



若いこの方のお話では・・・


大阪からコレで走って来たのだと!


昨日はラピュタを上ろうとして

上れなかったとか・・・




マジですか?  


クランクは54(52だったかも…)で
リアは17らすぃ・・・(@_@;)



今日は阿蘇を発って

高千穂峡を見学してから延岡方面ということで

K214〜K218〜R325 とつなぐ予定だそうな…






競輪選手を目指しているという
いかにもスプリンター体格の
この若者を見送ったあと



ボクも粉を入れてきたボトルに

トイレの洗面所の水を満たして

ちょうど8時にスタートした・・・
c0060862_2016145.jpg






朝が早かったので


メシらしいメシは食わぬまま

汽車の中ではシッカリと考える人になっていたので


何となく腹を空かしたまま

一つめの目的地 「白水ダム」に到着
c0060862_2017346.jpg





ダムからの下り基調のユルイ道


日本の田舎はこれだよ!  良かねぇ・・・

などと 口走りながら

川沿いを走り



玉来駅の横を通って 泉水まで来たとき

やっと商店が見つかってあんパンをゲット出来た…



そのあとK410からK7に入っても

お店らしいのが見つからなかったから


考えてみるとラッキーだった…

田舎にはコンビニなんか無いのである!






K7は普通の山沿い道だが

たま〜には面白いものもある・・・



棚田に 「こいのぼり」が !
c0060862_20202525.jpg





やがて尾平鉱山を過ぎると本格的な上りが・・・


えっちらおっちら…





見晴らしの良いところでトイレタイムすると

霞かげんの来し方の谷が見下ろせた…
c0060862_20364998.jpg




さらに

同じような勾配の
同じようなコーナーが

延々と続いたあと



ひょっこりと トンネル峠に出た・・・

時刻はジャスト 12:00
c0060862_20223273.jpg





FBをチェックすると

みきたかさんが 

12時半頃には高千穂に着くらしい…




なので ここからの下りで少々 攻め

高千穂峡で1時頃合流し

美味しいお蕎麦屋さん(天庵)で

お昼となった・・・


つづき
c0060862_20245647.jpg






当初の予定では立野駅まで走って
輪行で竜田口駅まで帰るはずだったけれど

おール自走のみきたかさんに付き合い
肥後大津駅まで走って
そこから汽車に乗り


自宅に帰り着いたのは
午後7時半ころだったかな・・・
c0060862_20291382.jpg






感想としては

前回の「高千穂〜日之影〜杉ヶ越」ルートに比べ
今回のコースはあまり良くなかった…



渓流の美しさが少なかったし
なにより景色が単調だった・・・


もう一度行きたいかと問われると


「う〜ん、もう良か!」


という感じ…





ま でも  行ってみないことには

それは判らないしなぁ



期待が大きすぎたのか・・・


なので高千穂からのみきたかさんと一緒の帰りは

それは 楽しく

面白かった!












[PR]
by benbo | 2014-06-17 20:39 | 自転車 | Comments(18)

高千穂〜日之影〜杉ヶ越へ



前回に続いて、輪行でのサイクリングツアー…


阿蘇高森まで列車で行き

トンネルを避けて先ずは旧道の高森峠を越え

下り基調のR325で高千穂町を通過



五ヶ瀬川沿いの旧道、K237で日之影町へと下り

そこから日之影川沿いのK6で杉ヶ越…


さらに「トトロの森」の手前からK45へと左折して
梅津越・・・


ゴールはJR豊肥本線の豊後清川駅で

ここに夕方頃到着したら
再び輪行で熊本へと戻る約120kmのコース…




自宅から熊本大学裏を抜けて
JR「竜田口駅」へ


輪行袋に入れて06:39発の列車を待つ…
c0060862_11332938.jpg



立野で南阿蘇鉄道に乗り換えたりしながら
1時間半後、「高森駅」に到着…


バイクを組み立てていると
名物「トロッコ列車」が引き出されてきた・・・
c0060862_1134180.jpg



9時5分にスタートして先ずは高森峠

阿蘇の五岳を眺めながら、今日も

 「♪どこまでも行こう〜♫」と

上っていく…



暑くなく、寒くもなく・・・
気持ちの良い峠越え




国道に出たあと

下り基調をどんどん走って行くと
高千穂神楽のスタッチューのお出迎えが…
c0060862_11375479.jpg






ただ、いつも高千穂の町なかは
わかりにくい・・・


今回もATLASの地図を見ながら走るも
ミスコースしてしまい10分くらいをロス!



さらに、ルートラボで引いたルートは

あろう事か「行き止まり!」になっていた…(≧∇≦)
c0060862_11385161.jpg



右下の端末処理場?に下って
道を尋ねると

かなり前からここは通行止めになっているそうな…


※ 家に帰ってからストリートビューで確認すると
  確かにそうなっている。ルートラボでルートを
  引けても、こんなこともあるんですね…
c0060862_11392415.jpg



この為

下ってきた道を引き返しながら
国道への近道探しなどをして
さらに約10kmをロス!


結局は殆ど高千穂まで逆戻りして
車の多いR218を走るハメになりました…(-。-;)



なので日之影でゆっくりメシを食ってから
杉ヶ越方面へと向かうつもりが


ロスで遅れた45分を
少しでも取り戻そうと

コンビニ弁当へ変更!


店前のベンチでそそくさと昼食を済ませ

星雲橋の下へとくだってK6へ・・・


ここからいよいよ日之影川沿いの上りが開始!
c0060862_11411379.jpg




しばらく走ると
ネットで調べておいた「石垣の村」や


上流には「見立鉱山」時代に建てられ
今は史料館として残されている「英国館」などが
あるのだけれど


今日のところは
どっちもチラッと見で通り過ぎるしかない…
c0060862_11421372.jpg


錫(スズ)の採掘でわりと名の知られた「見立鉱山


英国館






そうしてさらに走ると、やっと「杉ヶ越」・・・



ルートラボ上では峠に近づくにつれて
その勾配がきつくなることがわかっていて


杉ケ越トンネル手前
2.5kmの平均勾配は9.3%ということだったが…



ここはきつかった・・・



日之影からのアプローチは
そこまでの勾配では無いものの


そこそこの距離をずっと上ってきたわけなので
けっこう足にきていたようだ…



ここで補給のパンなどを食べてしばしの休憩!
c0060862_11461586.jpg




そして 激坂の上りのあとは
激坂の下り・・・



転けないように慎重に攻めて
下りきったあたりから

こんどはK45の「梅津越」へ…




この「梅津越」・・・



実際に来るまではナメていた・・・



「杉ヶ越」に比べて高さもないし
その平均勾配だってそれ程でもなかったから…



ところが実は


急勾配のアップダウンがいくつもある峠だったので
ほとほと疲れてしまった…(≧∇≦)


ずーっと上り続ける坂の方が
まだイイヤと思った峠だった!




それでもなんとかここをクリアーし

稲積水中鍾乳洞も素通りして
快調に下って行くと


さすがにここは大分県



川にはいくつも石橋が架けてある…



Oさんと一緒なら
まず汽車には間に合わないかも・・・
c0060862_11483350.jpg




あとは
最後にシャカリキに飛ばして

なんとか予定していた列車時刻の20分前に
豊後清川駅に到着!



バイクを袋に入れてホームで待つ…
c0060862_11491817.jpg

(熊本方面列車のホーム番号を駅舎内の時刻表で確認し
 その2番ホームのワンマン乗り場のペイントのところで
 待っていると、なんと列車は向かい側ホームに到着!
 慌ててバイクを担いで線路を渡るハプニング…
 アセリました! (≧∇≦) )






そんなこんながあったものの

駅近くのコンビニでゲットしたコレとともに
今日の無事に乾杯しつつ帰りましたとさ・・・
c0060862_11534883.jpg





まぁ、でも

 このあたりの清流はなんとも良くて


今回のように、時間に追われて
先を急ぐ旅は

ホントーに勿体ない!



道沿いには何軒も民宿などの
泊まれる施設があるので


それらを利用して
ゆっくり走りたいなと


心底、思いました…





途中通行止めだった予定ルート




[PR]
by benbo | 2014-05-28 12:02 | 自転車 | Comments(16)

佐敷から4峠越えして川内へ




近頃はルートラボでいろいろと計画を立て
それを「ATRAS」にぶち込んで
あっちこっち、遠くへ行くことが多い…


近場のサイクリングも
それなりに手軽でいいものの

なにか、遠くへ旅してる感に乏しく


さらに安全安心度も高くて
今ひとつボクのささやかなる冒険心が
満たされない…


その点どこか遠く


行ったことのない所へ輪行でワープし

彼の地の山坂で悶絶し


なんとかかんとか
当初計画したゴール地点へと到達して


やり遂げた思いに浸りながら
再び輪行で帰るプチ冒険旅行は


なかなかイイ
ものなのであります…





今回のルート は

熊本駅から八代駅までJR
八代駅からは肥薩オレンジ鉄道で佐敷駅へと輪行し


そこから

ちょっとキツ過ぎるという理由で
前回の水俣メロンパンツアーのルートから外した
佐敷~古石~久木野のK271号線


久木野からは亀嶺高原(きれいこうげん)を
通って湯の鶴温泉へと下りK117へ


さらに矢筈峠を越えて出水に出た後
R328を南下し


途中から旧道となったK397の紫尾(しび)峠へ


峠を下った紫尾温泉からK398でさつま町
そしてR267、K394とつないで


夕方ころに川内駅にゴールしたあと
新幹線で熊本駅に戻るという

4峠越えの欲張りコースなのです…





熊本駅発は07:17の八代行き
c0060862_1310364.jpg



オレ鉄はノンビリとしたローカル線

凪いだ八代海を眺めながら
楽しかったメロンパンツアーのぶさんOさん
を思い出す・・・
c0060862_1313547.jpg

c0060862_13132216.jpg





佐敷駅には08:42着


駅前でバイクを組み立てていると

いつもながら客待ちのタクシードライバーや
電車待ちの客やらがいろいろ話し掛けてきて

遠くへ来た感を盛り上げてくれる…



ボトルに粉を入れ、水を満たしたら
いよいよスタート!
c0060862_1314595.jpg







湯浦を過ぎると
少しずつ上り坂になってきて


田植えに向けてあちらこちらで
代掻き作業が行われている…


古石地区に入ったあたりからは
野面石積みの棚田が多くなってきて
すでに苗の植え付けが済んでいるところもある!



トラクターに乗って作業している
お百姓さん達とあいさつを交わしながら
漕ぎ上がっていると

いずれもボクのような年寄りが
殆どだということに気付く・・・




また、元々は棚田だったところが
耕作放棄されたのか
草地となっているところもある…



棚田の景観を守ろうとしても
棚田を作る人そのものが
少なくなってきていて

集約した圃場の整備をする必要も
あるということなのかもしれない…



先日、たまたまこのサイトに流れ着いたこともあり

走りながら
日本の農業について
ほんのちょっと考えてみたわけなのです…




さて古石の棚田を過ぎたあたりからは
杉林の中の本格的な上りとなってくる・・・



今日は久々にブラを着けてきたので
腕の心拍計を見ながら走っていると

たまに150を越える時もある・・・



ルートラボ上では
最後の2.4kmほどが11.5%の平均勾配になっていて
ただひたすら、ペダルを回す…




車は殆ど通らず・・・


♪どこま〜でも 行こおぉ〜!
 みちは〜 キビシくともぉ〜♫



いつもの唄を歌ったりしながら
なんとか上木場入り口の峠にたどり着いた!
c0060862_1319569.jpg




しかし天気はいいけれど

すぐにかいた汗が冷たくなってくるので


写真を撮ったら早々に立ち去る・・・




下り側はゆるい勾配の気持ちのイイ田舎道


ノンビリと走って久木野に下り着いた…
c0060862_13201275.jpg



早速ここらで一軒だけと思われるJAの商店で
ジャムパンをゲットしてベンチで食べたあと

亀嶺(きれい)高原へと向かう



久木野からの標高差、400mほどを漕ぎ上がると
なだらかな高原の高みに「亀嶺峠」があって


そこは展望が良いということを事前に調べてきた…


バイクを木に立てかけ、300m程を歩いて登ってみる
c0060862_1324996.jpg

c0060862_13244553.jpg



ここからは360度のパノラマですな


水俣はもちろん
遠く九州の山々が臨める・・・
c0060862_13252555.jpg





さて眺望を楽しんだあとは
湯の鶴温泉へと向かう高原の道


ここらはお茶の栽培が多く
きれいに刈り込まれた茶園が
丘に広がっていた…
c0060862_13264277.jpg




下って湯の鶴温泉着は午後1時頃…
c0060862_1327130.jpg






ところが

メシ食うところはここで!
と、決めてきたのだが
ソコが見つからない…(^^ゞ




老人力の為か

店名を思い出せないので
誰かに尋ねることも出来ず



しょうがないので
たまたま見つけた食道で
田舎ランチを注文し

料理が出されるまでの間に
FBをチェックする・・・



すると
水俣のパン屋さんの看板娘である
Hさんからコメントが…


「諸国屋本舗」のお昼が美味しくていいよ!
と・・・




う〜む、残念
ちょっとチェックが遅かったなり〜



実は目指してきたレストランは
まさにソコだった
・・・(-。-;)





しょうがないので
食後のコーヒーに行きました・・・
c0060862_13303232.jpg

c0060862_13304847.jpg


お店は、石の階段を上って川を見下ろす高台にある
古い民家を改装したおしゃれなトコでした…





さて湯の鶴温泉での
ドタバタとまったりで時間が過ぎ
再スタートはすでに午後2時!



あと二つの峠を越えて
なんとか明るいうちに
川内駅に着かねばならない・・・



出水市に向かって矢筈峠をこなし
一旦、出水市に下った後紫尾峠へと向かう…



現在ではトンネルになった国道を下に見て

旧道は落ち葉サラサラの静かな静かな峠道…
c0060862_13342052.jpg





そして
さほどきつくないくねくね道を上ると


昔は宮之城街道であった旨を示す標柱の残る
紫尾峠へと辿り着いた・・・
c0060862_13352831.jpg

c0060862_13354149.jpg




峠を越えたら
紫尾温泉へ慎重に下り


川内川沿いのアップダウンを25kmほど走って
午後6時半ころ、やっと川内駅にゴール!

なんとか明るいうちに完走しました…
c0060862_13361292.jpg






いつものことながら
今回もいくつかの失敗やハプニングがあった…

キレイな亀嶺峠の展望所で催してしまい
大きな葉っぱ3枚じゃ足りなかったキジ打ち事件



さつま地方の路面が荒いので

バイクの振動が激しくて脱落し


あげくに軽トラにはじき飛ばされた
ATRAS 落下事件!

(幸い、傷だらけになるも画面は無傷で
リセットしたら立ち上がってくれた…

ルートはこれだけが頼りだったので
助かった…神様、ありがとう!)




まぁ、そんなこんなで
いろんなことがあり


ビールをすすりながら
新幹線で熊本へ・・・


ハニーにお迎えに来てもらい自宅着は午後8時ころ…


長い
(長く感じるんだよねぇ…こういうの)

楽しい一日でありましたとさ・・・











[PR]
by benbo | 2014-05-18 13:54 | 自転車 | Comments(16)

天草四郎サイクリングフェスタ


最近はサイクリングから帰ったら先ずは風呂入って

それから酒飲みながらメシ食って…

その後は大体寝てしまい

写真の整理もブログのテキストも

翌日なら良かほうで…



仕事もあるので、どうにかすると

書かずじまい!  

ってことだってある・・・




だからその日のうちに
ブログアップ出来る方をとっても尊敬してしまう…




と、言い訳はこのぐらいで
また今回も、おおむね写真の羅列です・・・




9日(土曜日):前日編



今回ボクが参加するのは
日曜日の「ドラゴン80」なのだが

受付は、9日(土曜日)に上天草市の大矢野総合体育館で
しておかないといけないので


天気もイイので、朝から「Vivian」と出かけました・・・



熊本駅発09:07の三角駅直行列車(一両だけど(^_^;)に
ぎりぎりに間に合って乗り込むと
先客が居られました…
c0060862_15375535.jpg


名刺を交換したら

三重県サイクリング協会の河村氏…


しかし彼との会話は手話が必要なので
出来ない自分がなかなかもどかしい・・・



それでも彼が2005年の天草のサイクリング大会にも
出たことだとか

ボクは今日は受付だけで
それが済んだらまた熊本へ走って帰ることなど

少しは会話した…(スマホのメモ帳に書いて見せた(^_^;)
c0060862_1539487.jpg





そうして三角駅着、バイクの組み立てです
c0060862_15393214.jpg



すると駅員さんや、通りがかりの人や、観光客など
何人もの方に話しかけられる・・・



ボクのバイクは15分くらいで準備が出来たが

河村氏のほうは丁寧な梱包の上に
ペダルを取り付けたりして

なかなか時間がかかっている…
c0060862_15411783.jpg



よくみると年季の入ったカンパニョーロのバイクで
ボクは初めて見るものでした・・・
c0060862_15414593.jpg


ギヤチェンジはもちろんダブルレバーで
クランクやスプロケットも昔のまんま!
インナーローでも40-25じゃないのかな…
c0060862_1542635.jpg




北九州からの観光客で73才のおっちゃんが寄ってきて
その間は自転車談義…


ロードバイクかどうかは聞き忘れたけれど

このおっちゃんもサイクリストだということで
しばらく話が盛り上がってしまいました・・・




さて河村氏のほうも準備は出来たものの

大矢野島の海岸線巡りを予定している
今日のボクのルートを押しつけるわけにもいかず
(第一その事を彼に説明するのがムリだった…)


彼は彼のルートで、ボクはボクのルートで
受付会場へ向かうこととし

ようやく三角駅をあとにして
別々に大矢野の会場に向けて漕ぎだしました…




天気も気温もサイクリングにぴったりの日で

車では絶対来ない集落の中などを通り抜けながら
往きは島の南側の海際を走って行きます…
c0060862_15432974.jpg



それでも、そうやって迂回してノンビリ走っても
それ程大きくはない島なので

やがて会場近くの見慣れた建物に到着!
天草四郎メモリアルホールです…
c0060862_1544080.jpg



そうしてここの裏手が受付会場!

そこには既に1008さんが…
大藪さんやルーベ(OYA)さんも…




みなさん懇親会付きのお泊まりなのだが
ボクだけは今日は受付だけなので
一旦バイバイということに…




帰りは島の北側巡りです・・・
串の「日吉権現宮」
c0060862_15462040.jpg

成合津漁港?
c0060862_15464559.jpg

c0060862_154717.jpg

c0060862_15471678.jpg




白濤(しらと)から峠を越えると
三角ノ瀬戸に出てやがて一号橋なのだけれど

この橋も架け替え工事が始まってますね…



しまなみ海道のような
自転車で走りやすい道にしてくれるといいけれど
期待したらイカンかな・・・




さて宇土半島の帰りは
今回は新ルート…


石打ダムの一本北側コースを帰ります!

で、JR「石打ダム駅」です…
c0060862_15482579.jpg



あとはいつもの場所の米の口へと上って
c0060862_15491091.jpg


下りきった網田(おうだ)小学校横からは

R57を走り、天明を抜けたあと白川左岸を通り…




そうして午後4時過ぎに

「藤崎宮」に帰着しました…
c0060862_15494231.jpg






10日(日曜日):当日編


天気予報では朝からは降水確率が90%だったので
まぁそれなりに雨の覚悟は出来ていたものの

午前6時に自宅を出発したとたん
もの凄い土砂降り!


道路の中央線が見えないくらいの豪雨…
c0060862_15504559.jpg




こりゃぁ中止かも・・・


と思いつつ、必死に車を操って
宇土まで来ると…


あら不思議! 小降りになってきました…


さらに三角まで来るとほとんど止んできた!
c0060862_1551201.jpg




そうしてスタート会場近くの駐車場に到着すると
完全に雨が止みました!
c0060862_16183226.jpg




熊本県サイクリング協会では
一時、中止も考えたそうだけれど

スタートを30分遅らせはするものの
決行ということになったようです…




ビックリしたのは

スタート地点ですでにエイドがあったこと!

走る前からバナナやお菓子を頬ばりました…



横にはしっかり「あの方」が・・・
c0060862_15523344.jpg





さてスタートです…
c0060862_15525495.jpg

Matsui さんはトップで出て行かれました!
c0060862_15531043.jpg



今日は80kmしかないのでボクはしんがりから…


いろいろ何十人抜きかを愉しんで
Matsui さんや1008さん達と一緒にゴール!

c0060862_15535489.jpg




奇跡的に回復した天気の中
楽しいサイクリングとなりました…



今回はハラハラの天気の中

サイクリング協会や地元婦人会
関係者の皆さんに感謝です!

ありがとうございました!




次回は宿泊・懇親会付きで参加しようと思います…











[PR]
by benbo | 2013-11-13 16:12 | 自転車 | Comments(16)