カテゴリ:自転車( 135 )

「サイクルツアー北九州2013」は2峠越えのグルメイベント


いま、なんせ仕事が詰まっていて
ブログどころでは無いのですう・・・


なので撮ってきた写真を並べるだけで
カンベンね!




朝4時に起きた…

5時にハニーとVivianとともに自宅出発!

7時半前に指定駐車場に着き、会場へ・・・
もうブリーフィングが始まってました…f(^ー^;
c0060862_18485789.jpg


東京から参加の大王のお二人にご挨拶
さらに長洲の松井さんにもお久しぶりの再会!



今日はミドルコースへのショートカットを
目論んでいるのであわてません・・・


後ろのほうからノンビリとスタート!
30人ずつです・・・
c0060862_18495558.jpg


北九州お定まりの連続信号待ち!
c0060862_18502774.jpg


門司港まで走ると第一エイド到着
c0060862_1851190.jpg

そして カレーパンをゲット…(^_^)b
c0060862_18512646.jpg



第二エイドは北九州空港
c0060862_18515065.jpg

ここでは「マグロおにぎり」やお菓子…
c0060862_1852571.jpg




さてマッタリと食べるばかりじゃ無く
坂も登らないとね・・・


「平尾台」はなかなか上りごたえが
ありました…

ここではバイクを降り、押し歩きしているエントラント大勢!
それも下の方から・・・

ちょっと「平尾台」を
甘く見てたのかな…
c0060862_1853345.jpg



登り切ると昼食の出る第三エイド…
かしわめし弁当とお蕎麦で満腹!
c0060862_18533275.jpg


昼飯後にすぐ上らなくていいのは良かったけれど
急降下と霧雨で少々寒かった…



下りきってしばらく走ると
二つ目の峠の「合馬」の上り…


ここは「平尾台」ほどの坂では無いので
ほんのりとクリアーして

下りの途中の第四エイドでアイスクリームをゲット!
c0060862_18541378.jpg

ここではこんなバイクも見かけました・・・
c0060862_18543185.jpg





さてここで時計を見ると
足切りタイムまで10分を切っています…


まぁ、今日はグルメのために
ショートカットの予定だったので
時間を気にする必要は無いのですよ・・・



ところが、ここから下って行ったら
ショートカット地点にジャストタイムで
到着してしまい


なんというか…

ボクの後ろの数人まで
ロングコースへと通過させられてしまいました・・・(^_^;




まぁ でも、考えてみれば

前半のグルメは全て堪能できた訳なので
それでいいとして


今度はロングコース後半のグルメも
また楽しめるということなんですな・・・



ということで

黒崎のエイドで「おしるこ」
c0060862_18573155.jpg

小屋瀬のエイドでは「焼きチャンポン」ほか
c0060862_18575983.jpg

響灘のエイドで「若松ぺったん」
c0060862_1858196.jpg


など、とにかく全部食べて大満足でした…




そのあとは若戸大橋の下を渡船で戸畑へ…
c0060862_18584983.jpg

c0060862_1859960.jpg

c0060862_18592738.jpg

c0060862_18594234.jpg

c0060862_18595826.jpg






午後5時前にゴールすると松井さんと再会…
写真を撮り合ってお疲れさん!
c0060862_1902645.jpg

c0060862_1904742.jpg




最後にダーツゲームでホテルの半額割引券が
当たったけれどポケットティッシュのほうが
良かったな…




駐車場へ戻ってVivianを積み込み

今日一日、門司港から渡船で下関港へ渡って
「唐戸市場まつり」や「海響館」やらを
楽しんできたハニーと一緒に自宅に帰った…



おしまい!

c0060862_1915593.jpg












[PR]
by benbo | 2013-10-09 19:05 | 自転車 | Comments(10)

国見峠越え



60才で自転車に目覚めてから初めのうち
坂を下りるのがキライだった・・・


下りてしまうと
上り返さないといけなくなるからである…


でも20kmが50km、そして100kmというふうに
だんだんと遠くへ出かけるようになってくると

下らなくても走れる道は次第になくなってくるわけで

上ったり下ったりしながらサイクリングすることが
あたりまえになってきた…



そして同時に坂を上る要領のほうも
すこしづつ良くなっていき


坂道の長さや勾配のきつさに合わせて

なるべく疲れないような漕ぎ方で登り切ることが
出来るようにもなってきた…




そうなるともはや坂道というものに対しての
恐れや不安などはほとんど無くなってきて


むしろキッツイ坂道に出くわしたりすると
何かしら歓びのようなものを
感じるようにもなってきてしまった・・・





まぁ、あえてそういう坂道を探し出してまで
それにチャレンジするということではないのだけれど


目的地に行くのにそういった坂が有るのであれば

それを避けたり迂回したりせずに
やっつけちゃおうかな…という程度の考えである…





だから今回の、のぶさんとの国見峠越えも


長いトンネルを車におびえながらヒヤヒヤで
走るのはイヤということももちろんだけれど



国見峠という、上り甲斐のありそうな峠があるので
ついでにクリアしていきますか!

の思いが二人に共通してあったからなので
ありました・・・






トンネルが出来る以前は


この道が国道265号線だったなんて
とても信じられないようなステキな酷道





峠に至るまでの上り部分の3分の2が
少し荒れたクネクネ道であること以外は


山はけっこう深いけれど見晴らしの良い明るい谷や
美しい水の流れる渓流沿いの道です…




今回走った三つの峠のなかで


阿蘇の五岳を垣間見ながら
外輪山を上り詰めていく高森峠


ひたすら林の中を上り
林の中を下る不土野峠とは少し異なり




上りこそある程度の我慢を強いられても
峠を越えてしばらく走ると

素晴らしい景色をを味わいながら
下りを楽しむことの出来る道だと思う…



詳しくは、一緒に行った「のぶさんのブログ」を…

そうして、トンネルをバイクで抜けるのがイヤだったら
ぜひこの峠へ行ってみて下さい…







竜田口駅でのぶさんと待ち合わせ、輪行です…
c0060862_18403992.jpg


立野で「南阿蘇鉄道」に乗り継ぎ…
c0060862_18405434.jpg


秋の阿蘇カルデラの中を
ノンビリと高森駅へ向かう…

「今日はどこまで?」
「高森から椎葉村を抜けて人吉まで・・・」

「先日もひとり、居たよ〜」
「あ〜、そりゃぁ ボクらO3の仲間かも…」

「ふーん、気をつけて行きなっせ・・・」

c0060862_18414832.jpg



















夕方ちかくになって、やっとふたりは湯山に下り着いた…
c0060862_18422474.jpg

c0060862_18424228.jpg





そうして湯前駅から列車に・・・


人吉盆地は黄金色になりつつありました…
c0060862_1843663.jpg
















[PR]
by benbo | 2013-09-23 18:55 | 自転車 | Comments(10)

陰陽石ツアー



人吉駅に降り立って先ず自転車を組み上げ
輪行袋をたたみ始めた頃、

寺本製茶の mottea さんがやってきた!


今日は彼が途中まで一緒に走ってくれることに
なっていてとっても楽しみです!


駅前の「やまぐち」で買った駅弁を
のんびりベンチで食べ

9時10分頃
mottea さん先導でスタート!



車の少ない道を中心に

鮎釣りでにぎあう川辺川沿いや

見渡す一面に茶園の広がるの高の原台地など


地元ならではのレアルートを案内してもらいながら
一路、多良木を目指しました・・・



あさぎり町からK48を東へ

多良木の久米小学校からK143に右折したところで
一休みすることになりましたが…



ふと見ると


通り沿いの農家の庭先にちょうど良い木陰があって
縁側でばぁちゃん二人が談笑中…


バイクを降り

「おばちゃん、ここで休ましてね」
と呼びかけると



そぎゃんトコより、こっち来て腰掛けろ」と・・・


そして
アンタラみたいな良か男に会えて
 だいぶ若返ったバイ!
などと・・


なんかおかしいな・・・


八十?才というこの元気なおばあちゃん
既に少しあちらに行きかけておられるのか



「それで、今日はどこから走って来た?」

何度も何度も・・・


ハハーン!




ただ話は弾み

ボクの薄皮あんパンを四人で食べたり
お茶を頂いたりしてると

別の二人のおばちゃんが現れた・・・


「あらぁ、こけーおったな…
 探しよったとよう〜」


と・・・



それからも暫し話し込んで
やっとボクらは解放され


おばちゃんたちにお礼を言って
再びバイクに跨がったのでした・・・


やれやれ…やっぱりイナカはいいですな!



ということで予定の時間からは
少し遅れたものの

やがて本日の一つ目である
槻木峠(つきぎとうげ)の登りとなったのでした・・・



ただこの峠
距離もそこそこあり勾配もなかなかで

坂嫌いの mottea さんには
ちょっと気の毒だったかな・・・


ま、これをきっかけに
坂、好き好きO3」になってくれることを
願いましょう・・・




熊本駅発は午前6時
c0060862_18483073.jpg


八代で肥薩線に乗り換えると乗客は三人
球磨川沿いをノンビリと・・・
c0060862_18485630.jpg


単線ですから待ち合わせも…
c0060862_184921100.jpg


人吉着は8時15分、天気はイイです!
c0060862_1850448.jpg


mottea さんと朝飯食ってたら
カラクリ時計が動き出して9時に…
c0060862_18502965.jpg


人吉をスタートして
c0060862_185202.jpg

快適な人吉盆地
c0060862_18522078.jpg





そうしてやっと峠近くまで
上ってきました…


遠く、多良木をバックに・・・
c0060862_18524467.jpg



でも残念だけど mottea さんとは
峠のトンネルでお別れ…

朝も早よから付き合ってくれてありがとうございました!





さて峠は越えてもまだ多良木町
下っていくと槻木の集落…


広くはないものの
車の少ない、渓流沿いの気持ちの良い下り…

紅葉の頃も良かでしょうね!
c0060862_18551073.jpg



槻木に下るとトの字の三叉路となって
K143は右折し

橋を渡り
宮崎県境との峠への登りとなる…
c0060862_1856151.jpg




またまた随分と登っていって…


写真の奥が峠なのだが
特になんの表示もありません…
c0060862_18572575.jpg

熊本県側
c0060862_18574775.jpg





このあとふたたび心地よい下りを
楽しんだあと


左からR265が合流し

ほどなく「須木」の集落となり
「須木総合ふるさとセンター」が…
c0060862_18583860.jpg



そのすこし先の「まるだいストアー」で
コレをゲット、小休止しました…
「蜜しぐれ」とは・・・いよいよ近づいてきたな…
c0060862_18591125.jpg




ここで時間を確認すると


多良木でのばあちゃん達との交流で
けっこう予想より遅れている・・・




なので当初予定であった
トンネルを避けるための軍谷峠越えをキャンセル

少し、先を急ぎます…




コーナーで「オ〜ットット」となるほどの
台風の影響の追い風に助けられて

どんどんと下っていくと・・・




やっと着きました!



今回の目的地



「陰陽石」

c0060862_1915259.jpg




川が合流するところに
こげなもんが出来てます!
c0060862_1924822.jpg




この珍品をこのように眺めることの出来るこの場所は
個人所有の敷地内



ボクの好きなタイプの人の良い「おっさん」が
個人で開拓・開発・管理されているということで


なかなか雰囲気良く、キレイで
手入れが行き届いています…


ポニーも放し飼いです!
c0060862_1941348.jpg




しか〜し


この「おっさん」曰く

ここの宝は、実はあの石ではないよ!」と



なるほど、広場の一段上に建つ
「秘宝館」がホントのお宝のようです…




ボクは事前に下調べをしていたので

この中にこそ目指すものがあることは
知っていました・・・


そうして300円の入館料を払って
ついに「おっちゃん」の
流れるような説明が始まります!



「写真も撮っていいです」


とは言われていたものの

撮ってないです・・・



「おっちゃん」の 口上は…





ううむ、これ以上は

ここではムリです・・・



行って自分で確かめて下さい!


うふうぅぅっ・・・




よろめきながら館を出たあと


のぶさんに頼まれてたので

O3グループ全員の

「元気!」


を祈願して、陰陽石をあとにしました・・・





さてと

その後は少し下ったところにあった

「ひむか釜揚げうどん」というお店の
おいしい山かけうどんで遅いお昼にし



小林駅前を通ってK53を走り

京町温泉駅へ
c0060862_19105471.jpg




さらにK102に出て吉松駅へ到着!

列車発車時刻の30分前でした…
c0060862_19111951.jpg



構内でバイクを輪行袋に収納し

駅前の酒屋さんでスーパードライをゲット


18時22分発の人吉駅行きに乗り込みました…




人吉駅に着くと


風で飛んだビニールが架線にかかるという
事故の影響のため

1時間半も遅れて「特急くまがわ」が到着!
c0060862_19124989.jpg




午後9時50分、やっとこさ
熊本駅へと帰り着きました・・・





人吉盆地から峠を越えて
宮崎へと至るルートは
いくつか考えてあって

今日はそのうちのひとつ

多良木から槻木越えして小林へ下る
コースでした…



これらのルートの山は深く、紅葉も期待出来そうなので
この秋には別のルートでまた行こうかな・・・



一緒に走ってくれた mottea さん
おかげで楽しく走れました…

c0060862_19135684.jpg

重ねてありがとうございました!


c0060862_19384564.png








[PR]
by benbo | 2013-09-17 19:39 | 自転車 | Comments(12)

輪行シリーズ-小林陰陽石探訪

天気は良さそうなので

行ってみようかな・・・

人吉〜多良木〜小林〜吉松


朝は早いし
c0060862_1825483.png

帰りは遅い!
c0060862_1831322.png

あげくのさん八ゃ、次の日「くまサイ♪」
[PR]
by benbo | 2013-09-13 18:15 | 自転車 | Comments(12)

「チポリーノ」ツアー


台風一過、やっとスカッと晴れて

ちょっと前の、のぶさんのブログで気になっていた
山都町の「チポリーノ」へと出かけました…



ルートも御船町滝尾から樫永峠、水越スクェアを経由し

さらに島木を経てK223で山都町へ向かうという
ワンダーランド中通りコースを辿ってみました…



木曜日はいわゆる仕事の日なので
朝早くからは出かけられません・・・



集中して仕事をこなし、走る準備を整え

Bettyを車載して嘉島町のモールへと…




ヒライのお弁当でお昼にした後


バイクに跨がったのは11時ちょうどという
今日もまたまた遅めのスタートとなってしまいました…




いやぁ、でも久しぶりのサイクリングで

天気はいいし

気持ちイイなぁ!





滝尾から少し上ったところに「茶業研究所」が…
c0060862_16422249.jpg




お昼前後の太陽からの直射光は
まだまだ厳しいとはいえ


あの、真夏のものに比べれば
それ程のことは無く


長くて辛いはずの樫永峠も
木陰が多いのでわりと涼しく登れてしまいました・・・




スタートから1時間後、水越スクェア着
ここから左折してK152へ…
c0060862_16421230.jpg


曲がるとスグ、廃校になった小学校の前に…
c0060862_16423562.jpg






さらに行くと素掘りのトンネルがいくつか…


これは一つ目の「木鷺野(きさぎの)」トンネル
c0060862_1643956.jpg


なんと6年前の3月11日
モーターサイクル時代にもここを訪れていた…



トシをとっても、好きな風景は一緒か…


季節が違うだけで、変わってないね!
c0060862_1645458.jpg






島木の集落にさしかかり、橋を渡ってみると

ATLASのGPS地図ルートから外れてしまった



どうやらルートラボで引いたコースは

橋の手前から右折し、急坂を上って
K223への近道をとっていたようです…



引き返して橋を渡らずに、川の手前で右折
c0060862_16473687.jpg







少し登ると、ここらへんの風景もイイなぁ!
c0060862_16475936.jpg



そして変わった地名も多い…
c0060862_1649168.jpg






このあとドンドン上っていく・・・



途中、冷たい沢水があったので

首筋や肩に掛け、ボトルに汲んで
たらふく飲んだ…





山はふかく


こんな高いところでも
周りには田んぼが広がり


たくさんのアキアカネ(たぶん)が
稲穂の上を飛んでいた・・・





さて、峠を越えてゆるやかな長い下りは

爽快、爽快!




「自転車に乗ってて良かったぁ!」
感じるひとときですですなぁ・・・



でもヒーコラ登るキツイ峠道が
やがていつかは終わるように

至福のルンルン下りも
いつまでもは続かないのです…



いつの間にかR445に右折となって
R218に合流し


本日の目的地「チポリーノ」着となりました…
c0060862_16504934.jpg


横にあった窯(冬、O3サイクリングで
ピザを食いに来るってのはいかがでしょう…)
c0060862_16523255.jpg





好物のアップルパンがあったので

中で食べることにしたら、なんと

今日はのぶさんも立ち寄られたのだとか…
(それもほぼ同じルートで来たようだ)





美味しくいただいた後は

同じくバイクに乗るオーナーさんに
ボトルへの水の補給や、写真を撮ってもらって

「チポリーノ」を後にしました…
c0060862_16544076.jpg




今度は少し大きめのサドルバッグで来て
ハニーへのパンを買って帰ろう・・・






さて、帰りは南に下って
坂の少ない川沿いルート…


c0060862_18105417.jpg

「通潤橋」に立ち寄ったあと
c0060862_16553663.jpg

K180で「津留」に下り
c0060862_15402081.jpg


「内大臣橋」を渡り
c0060862_1656134.jpg

c0060862_18114012.jpg


「大井早」を通ってR218を突っ切り

K220で「甲佐町」に出て
c0060862_16562496.jpg


午後5時半イオンモール着



Bettyを車に積み込み、温泉「水春」で汗を流したあと

6時過ぎに自宅着となりました・・・


c0060862_1743330.jpg





考えてみると

いくら「手のひらの上」のような水越一帯も
中に分け入ればいろいろ遊べる「ワンダーランド」



山があり坂があり


川がありひなびた里があり


まるで時間が止まったような素晴らしい風景…





ずっとずっと暫くは、遊べるトコロですな・・・


















[PR]
by benbo | 2013-09-06 17:20 | 自転車 | Comments(14)

人吉往復サイクリング:椎矢峠~不土野峠~人吉


椎矢峠なんて…

自転車で行く所じゃ 無い!

よっぽどの物好き以外は・・・



とにかく全体の50%くらいは、いわゆる

ガレ場!


ある程度のスピードを保たないと
フラフラするし


大きな石を避けるために
常に微妙なハンドル操作が必要だし…


少しでも荒れてないところを走りたいので

5mおきくらいに
右の轍を行ったり、左の轍に戻ったり・・・


その度に、中央部の浮き砂利を乗り越えるために
リアに強いトルクを掛けてやる必要があり


全体距離の約半分の、峠まで残り10kmあたりからは

1.5km行っては休み
また1.5km行っては休みの繰り返しでした・・・


特に最後の方、峠まであと2kmくらいからは
0.5kmごとに休みをとるという始末・・・




そうして

やっとやっとの 椎矢峠でした!




峠到達時刻は午後1時45分…

内大臣橋の林道起点からの23kmを

なんと、 4時間30分 !






「やったぜ!」

などという感動は、 無かったです!



ただただ


「もう、上らんでも良か・・・

 あとは 下り・・・」



という思いだけでした…





そうして、しばしの休憩の後

今度は椎葉村への下りの開始…


ところが・・・


これまで悪路の長い下りを経験して無かったから
わからなかったのだが


「ゆっくり下ればいいや!」

という考えは全くもって甘いということに
気付かされました・・・



下りでも

大石を避け、路面を選びながら

ある程度のスピードを出して
突っ切っていかないと
ダメだということだったんです・・・


下り勾配のせいで自然とスピードが上がる

それをブレーキで殺しつつ

そこそこのスピードを保ちながら

右へ左へとコースを選ぶ・・・



握力と身体の緊張の限界が

5kmと持ちません・・・




なので、下りなのに3~5kmごとに

休憩でした!


果てしない悪路の上りの後は
果てしない悪路の下り・・・





でも、そうやって少しずつ下ってきたら
やがてそれも終わり

ようやく、舗装路となりました・・・

ふぅぅ…


すると、ホッとする間もなく今度は


パンク!


悪路でリム打ちしてたのか
ここにきてエアーが無くなったようです…


やれやれ・・・




しかしバイクを降り

落ち着いてあたりを見回すと
渓流沿いのとってもいい景色


せせらぎの音をバックに
ノンビリと道路に座り込んで
リアのチューブ交換をしました…



みきたかさんはもう人吉に着いてることだろうな…

などと考えながら修理を終えて再スタートしたのは
すでに午後4時近く…


まだまだここから下って、不土野橋を通過し

そこから二つ目の峠である
「不土野峠」を越えて

湯前に降りていかなければなりません・・・



うれしいのは、もう後は舗装路ばかりということ!

チンタラ、休み休みでも漕いで登れば
いつかは峠も越えられるハズ・・・


ただ、昼飯を食ってないので
(っていうか、食うところなんか無いので…)

腹が減って・・・


ジャムパンもクリームパンも薄皮あんパン(2こ)も
梅丹のサイクルチャージも明治の速攻チャージも


すべて椎矢峠で消費してしまい
残っているのは薄皮あんパン一個のみ・・・

そうしてそれも
やっとこさ、登りきった不土野峠で無くなりました…


(不土野峠もつらかった・・・水場があるたびに
ヘルメットを脱いで頭から水をかぶりして
何度も休憩した・・・)



日が西に傾いてきた山道は薄暗く
さらに峠からの下りは肌寒かった…


ヒグラシが急き立てるように鳴き

果たしてこの道でいいのカナ?と
不安を掻き立てる…



それでも何とか湯山のダムに降りて来られたので
みきたかさんに宿の手配を頼み

さらにしばらく走って、午後7時15分
やっと「くま川鉄道」湯前駅に辿り着くことがで出来ました…




当初の予定では、午後4時頃にはここを通過し
明るい内に人吉まで走り終えるつもりでしたが

なんとまぁ!



結局、早朝6時から小休止は何度もしたものの
13時間に渡って、ず~っと自転車走らせてたわけですな…




湯前駅から人吉温泉駅までは片道680円
自転車はそのまま乗せられて片道250円

人吉までは45分くらいかかったかな・・・


午後8時半ころ人吉温泉駅に着き
列車からバイクとともに降りたつと

ホームには心配げなみきたかさんが
待っていてくれました・・・



九州山地を越える、標高1,460mの椎矢峠を
けっして甘く見ていたわけでは無かったものの

そこはボクの考えてた以上の過酷さでした・・・


8月16日という、最も暑い時期だったせいも
あったかもしれないけれど

あの長い長いガレ場の上りは、どんな季節だって
峠を目指す者にキツイ思いをさせることと思う…




ホテルの温泉で汗を流した後

みきたかさんと遅い夕食をとるために
人吉の街に出たけれど

目指した食堂はもう店じまい…


開いていた某チェーン店の居酒屋で

あの激坂の子別峠を越えてきたみきたかさんと
お互いの完走を祝って乾杯しました…







午前6時過ぎに北区の自宅をスタートし
江津湖団地を抜ける…
c0060862_10183737.jpg


同時刻ころ出発して氷川ダムから
子別峠を越える予定のみきたかさんに
甲佐町でバッタリ !
c0060862_10185840.jpg


みきたかさんと1kmほど一緒に走って
ボクは左折、緑川沿いのK220を溯る
c0060862_10191862.jpg


R445へ出た後、直ぐ右折
内大臣(ないだいじん)橋方面へ
c0060862_10194238.jpg


09:10 内大臣橋
c0060862_1020650.jpg


橋を渡ると程なく内大臣林道のダートとなる
上の方に比べればこのあたりはまだ「舗装路」
c0060862_10202457.jpg


広く明るい谷、集落の名残も・・・
c0060862_10204570.jpg


峠道は上に上るにつれ徐々に荒れてきて
ほぼ中間地点である「広河原」を過ぎると
ほとんど「ガレ場」走行となってくる…
c0060862_10211028.jpg

c0060862_10212818.jpg


度々、止まって休憩するけれど
再スタートし易い場所でないと悲惨…
ここはグッド!
c0060862_10214911.jpg


大量の水分補給もこれで助かる!
c0060862_1022720.jpg


やっとこさの峠着-宮崎県(椎葉村)側
c0060862_10222781.jpg


峠周辺は石切場状態-熊本県(旧矢部町:現山都町)側
c0060862_10224851.jpg



もう少しで椎葉村、というところでのパンク !
c0060862_10235100.jpg


下る途中は必死で、すばらしい景色を
楽しむゆとりなど無かった・・・
パンクしたからこそ写真も撮れた…
c0060862_10233195.jpg





午後4時25分ころ
ひとつはクリアー、次なる「不土野峠」へと向かう
c0060862_10235023.jpg


もう、ヘロヘロ・・・
ガブ飲みし、頭から水をかぶる
c0060862_1024935.jpg



やっとのことで、峠 ! 再び熊本県へ
c0060862_10243033.jpg

c0060862_10244786.jpg




この時間だもの、上り列車はボクとBettyのみ…
c0060862_1025765.jpg





予定ではそのまま列車輪行で熊本へ帰るはずだったけれど
大幅に遅れ、人吉泊となりました…


なので翌日は熊本へ向け、五木を経由して
「大通り峠」越え・・・

宮原町に出て、城南町を抜け
嘉島町でみきたかさんと別れて
午後5時過ぎに無事に帰宅となりました…


みきたかさん、どうもありがとうございました!
また行きましょう! (椎矢はイヤだけど・・・)



午前8時過ぎ、人吉をスタート
c0060862_10253718.jpg


先ずは「五木」を目指す
c0060862_10255565.jpg

c0060862_10261048.jpg



大通り峠まで数キロというところに
白滝公園がありここで休憩
小規模だが鍾乳洞も・・・
c0060862_10263726.jpg

c0060862_10265465.jpg

c0060862_10271156.jpg

c0060862_1027297.jpg




大通り峠はトンネルを避けて旧道を上り
手づくり工房どんぐり横の、「カフェ」の2Fテラスで
シフォンケーキセット注文

うまいコーヒーと、最高に心地良い涼やかな風…
c0060862_10275393.jpg

c0060862_10281780.jpg


大通り峠、ループ橋の下り
c0060862_10283455.jpg


























[PR]
by benbo | 2013-08-20 10:30 | 自転車 | Comments(12)

第2回「くまサイ♪」+O3の水源めぐり



千鳥饅頭さんたちの呼びかける

ゆるくて楽しいサイクリングに参加しました…



ホント、ゆるくて

(といっても手信号とか声出しとか
一時停止とかマナーはきっちりやるのだけれど・・・)

楽し〜いサイクリングです…




今回はいつもの熊本森都心スタートで

益城町杉堂の潮井湧水池へと向かいました・・・




津森郵便局を過ぎて左折し

少し上り下りすると

神社の横から水が噴き出して池になっている

潮井神社の湧水池に到着です…
c0060862_1610180.jpg






皆さん、おもいおもいにまったり、ノンビリ・・・





しば〜らく涼感を楽しみ、集合写真を撮った後

一旦、解散となったので



浮島神社経由で帰る皆さんたちと分かれて

ボクら、O3三人組はさらなる水源めぐりへと

出発しました…





次の目的地は「白糸の滝」


K28をもう少し上り、河原から右折して

滝という集落を目指して上ると

ヒンヤリ涼しい「白糸の滝」です…




ここまでの坂登りでホットになった身体に

滝壺の冷風がとっても気持ちイイ・・・
c0060862_16105455.jpg





この後、O3三人は水の冷たい「塩井社湧水」で和み

昼飯に蕎麦をいただき



さらに大津のKenさんところで食後のコーヒーを

ゴチになったりして

ノンビリとポタを楽しみました・・・




一緒に「くまサイ♪」を走った皆さん

ありがとうございました!



さらにチームO3の「のぶさん」、「みきたかさん

暑い中、お疲れ様でした…











[PR]
by benbo | 2013-08-12 16:16 | 自転車 | Comments(6)

霊台橋ツアー



CXバイクがあるのに舗装路ばかりじゃイカンよなぁ…

と思っていたので九州山地の峠を越えて人吉へという

計画を立ててみました・・・




ルートとしては緑川支流の内大臣川を辿って椎矢峠を越え

宮崎県の椎葉村へ、さらに不土野峠を越え球磨郡の水上村

そして人吉市までの約150kmのコース…

c0060862_1622286.jpg



人吉からは輪行で熊本まで帰ってくればいいでしょう・・・




なので内大臣の林道の「さわり」だけでも体験しとこうかと

木曜日の午後から出かけてみたものの、あたりまえだけれど

その時間からでは遅いっす!



おまけに真っ昼間で気温は高く、やっとのことで霊台橋までは

辿り着いたもののあえなく時間切れで引き返しました・・・



お昼ご飯に「インド食堂」のおいしいカレーを

まったりと食べていったのも時間が足りなくなった

原因のひとつだろうけれど

食っていかなきゃどっかでハンガーノックになって

しまったろうから、まぁこれは仕方が無い・・・





だから結局、林道の「さわり」にさえも達せずに

もくろみは失敗となり

また後日、挑戦することになってしまいましたとさ…(v_v)



いつもの反省点:

早目に出発しようよ!




木曜午後の緑川CR、サイクリストは誰も・・・
c0060862_17184428.jpg



トイレ休憩はいつもの「津志田河川公園」
c0060862_17191534.jpg



甲佐町のスーパーで補給
c0060862_17193960.jpg



井戸江峡では新しい橋の工事が…
c0060862_17195574.jpg



緑川沿いのK220にはところどころ木陰も…
c0060862_17201441.jpg



イイね!
c0060862_17203686.jpg




例のウラ向き看板の少し先にはめがね橋が…
c0060862_17224878.jpg

c0060862_1723510.jpg



暑いからこういう湧き水を首筋にかけながら…
c0060862_17233363.jpg



そうしてやっと霊台橋へ到着!
c0060862_17235160.jpg


トイレのベンチでやれやれしました…
c0060862_1724762.jpg





帰りは下り基調なのでいくぶん元気がでます…
c0060862_17244137.jpg



途中の商店でかき氷ゲット、63円也
c0060862_1725493.jpg



下江津を抜けて午後5時過ぎに帰り着きました!
c0060862_17252291.jpg






でも実際、行くとなったら替えチューブはもちろんのこと

パンク修理セットも必携だろうなぁ・・・




輪行袋に非常食もか… Bettyだけでも重いのに・・・














[PR]
by benbo | 2013-08-09 17:34 | 自転車 | Comments(10)

「阿蘇望2013」完走したけれど…

したんですけどね・・・



天気が、





あまりに理想的!




だったもんだから・・・


う〜ん、なんていうか




コレって


阿蘇望じゃ無いっ!





開会式
c0060862_12211342.jpg




天気悪いから「ボク、走らんもんね…」の人も・・・
(カッコで何となくわかる?)
c0060862_1221327.jpg






この後は写真がありません・・・


とにかく完走目指して、この一年間練習してきたことを

やってみました!



詳細はまた後日・・・(書く気になったら…)







なんかね…完走出来てちょっと心に



ポッカリと穴が…




ず〜っとコレのために走って来過ぎたせいかもしれません


次なる目標が見つかるまでは暫くはのんびりサイクリングかな







O3代表でサポートと応援していただいた「みきたかさん」
ブッチャーKさん、そして私設エイドをやってくれたハニーに
感謝します…そしてサイクリング協会ほかボランティアなど
関係者の方々にも感謝です…




来年のピーカン天気の中での「灼熱・地獄の4峠」を
また目ざそっかな・・・
























[PR]
by benbo | 2013-07-31 12:29 | 自転車 | Comments(13)

「阿蘇望」-午後3時の俵山は…



阿蘇望の四番目の峠である「俵山峠」は

通過予定時刻が午後3時前後なので



もし天気が良ければ

少々西に傾いた太陽からの

強烈な日差し

を受けることになる…




これがどのような状態なのか確かめるべく

カンカン照りの11日の午後1時半頃

Bettyとともに自宅を出発…




帯山の大藪サイクルで3ヶ月点検をした後

益城を抜けて西原へと向かいました・・・






確かに東へ向いて走っていると

背中から、頭の後ろへかけて

ジリジリと焦げるような暑さで


途中、ヘルメットの後ろに

バンダナを結びつけて

簡易日よけを作りました・・・





本番時の天気次第ではこれは

必須アイテムですな!

(カッコ悪いので着けたくないものの)
 熱中症になるよりかはマシなので
 小さめでさりげないものを考えると
 しましょう…)






そうして小森の交差点を過ぎ

萌の里のエイド地点でトイレ休憩し

俵山峠の私設エイド予定ポイントで

休憩です・・・
c0060862_1352014.jpg




ここはわりと大きな桜の木陰だし

弱いけれど心地よい西風が吹き抜けて

なかなかイイ休憩ポイントです!




お約束のチャージ…
c0060862_1355638.jpg







さてそこから約12分後

俵山峠に到着




トイレ横の水道蛇口をひねり

頭から冷たい水をかぶって

一息つきました・・・


ふぅ、ヤレヤレ!
c0060862_136553.jpg





展望台からの見晴らしも今日はGood…
c0060862_1371970.jpg






ここで時刻はと見ると

すでに4時半を回っています…




なのでカルデラへは降りずに引き返し

自宅着は6時半を少し過ぎていました・・・






ふつうのイベントだったら

当日の天気が快晴なら「ラッキー」でも


阿蘇望の場合、ボクにしてみれば

「最悪!」




なんとか

「曇り空」になってくれないかなぁ・・・













[PR]
by benbo | 2013-07-12 13:12 | 自転車 | Comments(8)