カテゴリ:自転車( 135 )

第18回「球磨川センチュリーライド」

「え? ウソ!」

と思ったけれど、落ちてきてるのはまさしく

「あられ」 でした…


すぐに小雨に変わったものの

「なんてこったい!」状態…


おまけに気温が低くて

漕いでないと、とっても寒い!






ま、でも


楽しいんですよね〜

みんなで走ると・・・






このイベントは球磨川の河岸道路を

50km上り、折り返してくる約100kmのコースで


いくら川が日本三急流のひとつとはいえ
大した登りは皆無なので

ほとんどの皆さんはピクニック気分です…



だから前日までのようなぽかぽかの日だったら
なおさら良かったことでしょう…




スタート会場の八代までは今年も列車輪行
熊本駅で「のぶさん」、「ピナ朋さん」と合流です…
c0060862_923932.jpg



八代駅から球磨川河川敷まで自走すると…
もう大勢のエントラントが並ばれてます
c0060862_9453538.jpg





大王の近藤さんや、瀨田線で知り合った十時さん
「おっさん」グループの「みきたかさん」とも
挨拶を交わして受付を済ませ


開会式に臨もうと Cathy のサドルを持ち上げたら・・・


サドルが外れた!


というか、サドルを固定しているボルトが
一週間前に「なめて」しまっていたのを
そのままにしていたものだから
この時点で完全にダメになりました!


KCAのスタッフの方などに手伝ってもらったりしながら
応急処置をしてスタートしたものの

サドルはグラグラ…

鎌瀬の狭いところを押し歩きするところで
ついに脱落してしまいました …>_<…



しょうがないので
サドルをフロントバッグに押し込み
第一エイドまでは
「スタンディングしばり」での走行でした…


雨が降り出したのもここらあたりからだったので
今日はどうなることやらと思いましたが
なんとか「降ったり止んだり」状態で
たまには日が差してくる時もありました





スタート直後の天気は良かったけれど…
c0060862_929524.jpg


荒瀨ダムではカッパ着てます!
c0060862_9303747.jpg



去年はこのあたり桜が満開でしたな…
c0060862_9311661.jpg






そんなこんなで、なんとかダンシングのみで
エイド到着…

サドルをマジックテープでポストに縛り付け
バナナやお菓子をほおばって
やれやれしていたら、SL人吉号が・・・

やって来た!


慌ててカメラを取り出そうとするも
間に合わず、「手を振るのぶさん」に・・・
c0060862_9331330.jpg







エイド後は、寒さのせいか昼食エイドまで
のぶさんはハイペース!


ピナ朋さんも難なく追随するから
ボクは必死で付いていきましたがな・・・
c0060862_9352940.jpg

c0060862_936872.jpg




エイド手前でビアンキの ryu さんに遭遇
写真を撮ってもらいました!
c0060862_9364792.jpg





さらに昼食エイドで人吉・寺本製茶
mottea さんと合流




おいしい豚汁で暖まって
復路は五人で走ることになりました…
c0060862_9373489.jpg



去年と同じ「海路駅」前で…
c0060862_9382551.jpg




帰りはなんとか雨は降らず
c0060862_9385211.jpg




八代の煙突が見えるともうゴール間近…
c0060862_9404210.jpg





車のみきたかさん、 mottea さんと別れ
僕ら三人は再び八代駅から列車輪行
c0060862_9395628.jpg




今回も「おっさん」が集まると

たいがい雨模様!(ただし、そこそこ)

というジンクスは外れず

思い出深いイベントとなりました…





みきたかさん、ピナ朋さん、mottea さん
のぶさん、ありがとう!

その他、エントラントもスタッフの皆さんも
お疲れ様でした…
c0060862_9412362.jpg




あ、往路の途中でパンクして
チューブラタイヤのサイズが合わずに
困っておられたバカンソレイユのジャージの方は
うまくいったのかな・・・?





さて次は「国東」だぁ!









[PR]
by benbo | 2013-04-09 09:54 | 自転車 | Comments(14)

「阿蘇望」の為の「一に練習」


7月の「阿蘇望」のために早くから練習しとくにこしたことはない

ということで、花見がてら「地蔵」に繰り出した…



きのう土曜日にペプシンさんが行かれたルートを辿ってみようと
思い立ったものの


いつものようにうったちが遅れ


自宅を出たのが午前11時を過ぎていて
「どこまで行けるかわからんもんね」状態でした…




空港北側の熊本県家畜市場の土手沿いは満開
c0060862_21152764.jpg





西原からいよいよ登りとなって
ヒーコラ いいつつも

途中の桜、キレイだな…
c0060862_21155587.jpg






ひたすらがまんして、時速7〜8kmでエッチラオッチラ



やっとのことで「南郷橋」着   やれやれ…
c0060862_21483270.jpg




さすがに1,000mを越えているのですぐ寒くなってくる…



ウインドブレーカーを羽織って下り

「ばっちゃん」の居る見晴台で写真休憩!



野焼きの煙が遠くに見えますな…
c0060862_21174764.jpg





そうして午後3時頃、高森駅着
c0060862_21181894.jpg




もう腹へって、腹へって・・・


ペプシンさんと同じ、ほっともっとへ直行!


同じように「カツ丼」です…
c0060862_21185754.jpg



寒い西風を避けるためにバス停のベンチで食べると

温かくて

「あお〜ん、 ウメ〜〜〜〜 ! 」





ただ、食い終わって時計を見るともう午後4時!



地蔵でヘトヘトだし

箱石を越えるには
時間的にも無理と判断して


ここから自宅向けとなってしまいました…





立野あたりも、もう新緑の始まり…

一番好きな季節の到来だ!
c0060862_21201462.jpg





瀨田線を走って自宅着は6時頃


もうちょっと早く出かけないとイカンですな…



きょうは様々な種類の桜を堪能できました・・・

ピンク系や白系、しだれ桜も良かったなぁ!


普通にそこらへんに大桜があって素晴らしかった…





さて、次は「球磨川」の新緑だけれど


ちょっと天気が・・・  心配…







[PR]
by benbo | 2013-04-01 21:26 | 自転車 | Comments(10)

宮崎アースライド2013


直前まで雨じゃなかろうかという予報でハラハラしたけれど
なんと、とっても良か天気!



朝7時のスタート時は少し肌寒かったものの
震えるほどではなくて、みんなで準備体操!
c0060862_1058733.jpg



ただスタート&ゴールが宮崎市街地の北側にある
「シーガイア」なので、メインルートの日南方面に向かうには
信号の多い市街地を突っ切らねばならず

「北九州」のイベントと似たような信号待ち地獄となる…
c0060862_10584665.jpg




それでも市内を抜けさえすれば
気持ちの良い海岸線の道を快調に走り

鬼の洗濯岩を崖下に見る「フェニックス」で第一エイド
c0060862_10593128.jpg

c0060862_10594547.jpg






でもこのあとは写真なし…



理由は、ノンビリ走るつもりが
少々「阿蘇望」の為の練習モードになりすぎたこと・・・



海岸線の続く、きれいだけれど単調な景色や

まわりに話しかける友人がいなかったこと…



カメラが iPhone の為に
いちいち取り出してスイッチを入れて撮影するのが
面倒だったせいもあるかもしれない…




それでも、各エイドはそこそこに充実していたし
中間点の飫肥での昼食後はしっかりと峠越えもあったし



田野のエイドではこのブログをたまに見ているという
長洲?のMさんともお話しできたりして

なかなかに楽しめたイベントでありました…
c0060862_11103771.png




Poppy(ワン) とハニーと宮崎市内のホテルに前泊し
橘通でうまい地鶏と宮崎焼酎も良かったなぁ!




ということで
次は4月7日の「球磨川センチュリーライド」



今年はすでに桜が満開で
昨年のように花いっぱいのイベントではないかもしれないけれど
その代わりに新緑を楽しめるかもしれない…

  -----満開だった昨年の「球磨川CR」-----
c0060862_118216.jpg




また天気がイイといいな…







[PR]
by benbo | 2013-03-21 11:11 | 自転車 | Comments(8)

おっさんバーガーライド in 阿蘇

「第1回 おっさんバーガーライド in 阿蘇」に参加しました。




おっさんが雨を呼ぶのか

おっさんたちが集まろうとすると何となく天気はぐずつきだし

この日も朝から流れる雲が雨を降らせ

自走で行くはずだったのが「のぶさん」の車で行くことに…



ブッチャーKさんは地元だから

さすがにバイク向けのひなびた道をご存知で

スタートして適度なヒルクライムをこなすと、「護王様の杉」へ… 




存在感のある大杉におっさんたちはビックリ!
c0060862_8273828.jpg


その後、坂梨地区のいまだ消えぬ水害あとを見て

内牧の「蘇山峡」へ…


「コルナゴ部長」さんにご挨拶して足湯に入ったあと

坊中のブッチャーKさんとこで、いよいよ「バーガー大会」

となりました…
c0060862_828313.jpg

c0060862_8282047.jpg

c0060862_8283964.jpg




Kさんのスタジオはボクの好きな「室内外部空間」です…
c0060862_828582.jpg





おっさんたちの話はつきぬものの、午後4時となった頃解散

ふたたびのぶさんの車で帰ってきました…




イベントの詳細は

「のぶさんのブログ」
「みきたかさんのブログ」
「ペプシンさんのブログ」

などご覧下さい…






ブッチャーKさん泊さん ありがとうございました。




たいぎゃにゃ、楽しかったです・・・







[PR]
by benbo | 2013-03-12 08:45 | 自転車 | Comments(6)

天草サイクルマラソン2013


天気がいいのはやっぱりイイなぁ〜


空気が少々 冷たくたって、風が少しくらい吹いたって

からりと晴れた おてんとさんの下が

なんといっても、最高だぁ〜〜〜!



びりっけつからスタートし、第1エイドで

ブッチャーKさんに遭遇…



その後は二人でまったりサイクリングを楽しみました…



昼食エイドで聞いた「ひろえ」さんの

「牛深で風が吹いていても西海岸はそうではないかも」

の言葉どおり、この日はおだやかな海岸線でした…



遠く、野母崎をバックに証拠のショット…
c0060862_2354763.jpg

c0060862_23543254.jpg

c0060862_23545714.jpg

海がキレイなんですよ!





そして苓北町のいつものコンビニにて

今年もパン教室、上村先生の「愛」を補給!
c0060862_23552726.jpg



横ではKさんが熱ケツトラブルをなんとかせんと

奮闘中(どうもサドルがお尻に悪さをするらしく
シューズの足袋まで挟み込む処方…)
c0060862_2356696.jpg




しかしそもそも最後尾あたりを走っているのに

ここでまったりしすぎたせいか

二江漁港エイドに着いたのは

足切り時刻である午後3時半の13分前!





尻の痛さに加え、火まで付いてしまった我々は

そこから猛然とスピードアップ!


30km/h 弱のアベレージで前を追いかけました…




ところが信じられないようなアクシデントが・・・



もうちょっとで本渡市街地に入ろうかとする

短い坂の頂上付近で

なんとKさんのチェーンが




「ブチ切れた」  のです!!!





ちょうどその時は

先頭交代でボクの方が前に出ていて

すこしKさんとの間が開いていたために

呼びかけに気付かないまま先行してしまうことに…



そのあと、Kさんが来ないのでしばらく止まって

20人位をやり過ごす…



けれどそれでも来ない・・・





あんまり来ないものだから

ひょっとしたら通り過ぎた20数人の中に

Kさんを見逃したのかもしれないと不安になって

今度はシャカリキに追いかけることに・・・





まぁ、そんなことでやっとゴールにたどり着いて

大藪サイクルのチームの方たちに聞いてみると


上述の事件が発生したものの、運良く通りかかった

大会関係者(なんと大藪サイクル)に

修理してもらったとのことでした…




それからしばらく待って、Kさんもめでたくゴール!

良かった良かった…となりました・・・




〆は天草サイクルマラソン名物の「ぜんざい」
c0060862_23595733.jpg

c0060862_001263.jpg

今年ももちろんお代わりしてしまいました…





今年は天気が良かったことも手伝って

エントラントや大会を手伝うスタッフの方たちなど

多くの顔なじみのサイクリストと挨拶が出来て

とっても楽しいイベントでした…



すべての関係者のみなさん、ありがとうございました…






追記:最近スマホにしてF.B.なぞ始めたものだから
ついついブログの更新がおっくうになってしまっている…
ここ3週間ばかり、日曜日はほとんど走ってはいるのだが
ブログにアップが出来ていない…(まとめて文章を書くのが
とっても面倒な感じになってしまっている)
F.B.に比べるとダイレクト感が少ないのも理由かもしれないが
まだよく分からない…
大したブログではないので、書くことにどれだけの意味が
あるのか疑問に思えてきている…   う〜む・・・







[PR]
by benbo | 2013-03-05 00:06 | 自転車 | Comments(12)

金峰山で「おっさん」にバッタリ!


いくら仕事が忙しくても、日曜日ですからね!


こんな良か天気に走らないとバチが当たると思い

丹念にBibianを磨き上げ

11時頃から自宅を出発…




フードパルの横から荒神さんの前を抜け
いつもの坂道を吉野方面へ…



天気はいいものの見通しはいまひとつ・・・
c0060862_21401820.jpg




峠の茶屋で休憩中のグループに挨拶して
そのまま大将軍から金峰山へ…


しこしこと漕いで

サルすべりのてっぺんまで来たら

見たようなローディーが・・・





なんと「おっさんクラブ」

「みきたか」さんではないか!!!



ボクがニコニコしてるとようやく気付いてくれて

「おやまぁ…」って感じのみきたかさんでしたな…




逆光だろうがなんだろうが、通りがかりの
登山者の方にツーショットをお願いしました…
c0060862_21422084.jpg






そのあと一緒に下ってちょっと「山幸窯」へ

お茶が出ると思ってたけれどそれは「スカ」で
立ち話だけでした…



そのあとはみきたかさんは漱石探訪へ

ボクは小天から吉次峠
c0060862_214442100.jpg


そのあと植木、菊南を経て
3時少し過ぎに帰着となりました…





これからだんだんとこういう暖かな日が
少しずつ増えていくのかなと思うと
ワクワクですね・・・




小天の道ばたに咲いていた水仙も
な〜んか、うれしそうでした…
c0060862_21435341.jpg









[PR]
by benbo | 2013-02-04 21:49 | 自転車 | Comments(6)

熊本ブルベの応援で宇土半島へ


友人たちがエントリーしてるので
昼過ぎから出かけてみた…


ちょっとは寒いけれど晴れていて
エントラントにはちょうどいいくらいかも…


白川沿いのいつものルートを下流へ向けて走ると
ブルベの前半部のヤマである
金峰山が少しかすんで見えている
みんなあそこをヒーコラとこなしているんでしょう…
c0060862_944533.jpg

道路も、河川改修工事も進んで
舗装がきれいになってました…
c0060862_955331.jpg





熊本港をかすめて緑川の河口まで来ると
宇土半島の走潟向かって
新しい橋の工事も進んでいます…
c0060862_962272.jpg

宇土半島側
c0060862_981952.jpg


今日は雲仙は見えません…
c0060862_983855.jpg



緑川沿いを上流へと少しさかのぼり
平木橋に出ると
ひとりのエントラントが通過していったので
間を開けてついて行く…


走潟から右折してR57へ出るところで
のぶさんの情報を得ようと
話しかけたけれど
そりゃわからんわな ^_^;

「頑張ってください!」
c0060862_993858.jpg

と見送って、後ろを振り返るが
後ろには誰も・・・
c0060862_910585.jpg




さてここからどっちに行こうか?


ブルベのコースの通り
R57で宇土一をやるのは
車も多いし、面白くないので
峠を越えて半島の向こう側へ
出ることにし、ドMコースへと
向かいます…


まずは網津から網田へのキツイ笹山越え…

峠のお地蔵さん
c0060862_915451.jpg



二つめはK243の峠、「米の口」入り口
c0060862_9163933.jpg




下って「郡浦」へと出たら
何人かのエントラントが・・・


ここで「のぶさん」を

待ってれば会えたんだろうけど

暗くなる前には家に帰り着きたかったので

ちょうど通りかかった方の後ろを

じゃまにならないように

付いていくことにしました…
c0060862_9175256.jpg



少々の追い風でアベは25〜30km/h前後


金峰山をこなしたうえに
ここらで140kmくらいだろうから
エントラントにとってはつらい頃かも…



やがて松橋の町中で
右折する彼らを見送り
川尻を抜けて熊本方面へと…



それでも自宅着は
暗くなる直前の6時前…



みなさんお疲れ様!







[PR]
by benbo | 2013-01-22 09:21 | 自転車 | Comments(6)

「日本一遅い男のロードバイク日記」というブログのこと

ずっと以前から


と言ったって、半年くらいからだけれど
この方のブログ
の読者です…



毎日書いておられるので
ボクは必ず読んでおりますが

面白いです!



今日のヤツなんか

ボクのこと、そのままのようです…
(留年経験があるし・・・)




ホント、あの夢をみて目覚めたときの
安堵感といったらないですョ!


別のバージョンでは

「明日は試験だけれど、講義に出た記憶も無く
だから試験の範囲も皆目だぁ〜」

と、アセる・・・というのも、たまにみます…




新年なので今年の目標を…

「阿蘇望」を走りきること!
[PR]
by Benbo | 2013-01-06 11:11 | 自転車 | Comments(8)

輪行「肥後・三太郎峠 + 1」

前々回の輪行が良かったのに味をしめ
二匹目のどぜうではないが
再び、新水俣駅スタートの輪行サイクリングに
行ってきました…



今回のルートはタイトルにある通り
熊本県南部、国道3号線の旧道である三つの峠と
プラス1として水俣から津奈木へ至る
「宮崎越」を計画
c0060862_21505143.jpg




金曜日の朝、ケロロ電車で出発でありま〜す!
c0060862_1839535.jpg

熊本駅の新幹線ホームは間接照明とモンドリアン?…
c0060862_18405590.jpg



ここで輪行時のボクなりの乗車テク…
1号車から3号車までが自由席で
4号車から後ろが指定席になっている場合は
4号車の前部入り口から乗車します…


と、


3号車最後部の
バイクを置ける席が確保し易いし・・・
c0060862_18411537.jpg

キップは
ここに突っ込んでおくと
取り出し易いです…
c0060862_18413881.jpg






で、そんなことしてるとす〜ぐ(※1)新水俣に到着します…
c0060862_18433067.jpg

駅スタートは8時50分!
c0060862_18434861.jpg





R268を水俣川に沿って上流へ少し走った所から
K323へと左折、やんわりと上り始めると
道路脇の斜面は今を盛りとツワブキが…
c0060862_18442138.jpg




ひなびた田舎風景が途切れると
静かな静かな山道になり…
c0060862_1845118.jpg

気温が高いのかここまでで体は十分温まり
ウィンドブレーカを脱いでのんびり上ると
やがて何軒かの集落があって
えっ?   もう峠…です
c0060862_18453586.jpg




峠を過ぎるとそれほどの勾配という訳ではないのに
つづら折れの下り坂…

散歩?中の、一組のじっちゃんとばっちゃんに
挨拶しながら気持ちよく下りを楽しんでると
津奈木小学校の横を通って
程なく津奈木温泉の前の国道3号線へと出ました…
c0060862_18464929.jpg

う〜む、なかなか良か雰囲気の道なんだけれど
ちょっと短くて物足りなかったデス〜




さて次からがいよいよ三太郎峠の始まりで

一つ目は「津奈木太郎」

現国道3号線の津奈木トンネルへの坂の途中から
左へと入る… すると『雨天時通行止』の看板が…
c0060862_18481771.jpg

道は少しずつ高度を上げていくけれど
国道を走る車の音がいつまでも聞こえ
先ほどの「宮崎越」のような閑静さはありません…



途中には『薩摩街道』の道標があり
踏み分け道が林の中に下っていたり…
c0060862_18492868.jpg

そこそこ上ると下には国道が見えたり…
c0060862_18494389.jpg





そしてもう車のエンジン音も届いてこず
静かな山道にになったなぁ…
と思ったころ


いきなり



出ました!



という感じで峠に「隧道」が現れました…
c0060862_18505698.jpg




鉄道のトンネルのような重厚な作りで
国の『登録有形文化財』になってます!
c0060862_18512959.jpg




真っ直ぐだし
向こう側の景色が見えているからいいようなものの
中は真っ暗で路面は見えず

ただただ出口の明かりだけを見つめて
そろそろと漕いでいきました・・・



その後も、一台だけ農作業のトラックが通っていったほかは
誰とも遭わず、静かな道でした…





さて下ってきてしばらく走ると
「湯浦」の町を通過
c0060862_18534671.jpg

一旦、国道を渡って
車の少ない海側の道を行きます…
c0060862_18541794.jpg

それから再度、国道を渡り返して
佐敷小学校の先から左折
二つ目の「佐敷太郎」です
c0060862_18544247.jpg



上っていくと
佐敷の町の向こうに
クリアした津奈木太郎が遠く霞んで見えてました…
c0060862_18564558.jpg


それほどの勾配じゃない、わりと緩やかな坂を
淡々と上っていき、「佐敷隧道」着!
c0060862_18571021.jpg


ここも立派な作りで…
c0060862_18574689.jpg

長い暗闇を漕ぎ抜けてしばらく下ると
天草の島々が遠く霞んでおりました…
c0060862_18581457.jpg





峠を下ったところの町は「田浦」で
これは肥薩オレンジ鉄道・肥後田浦駅の正面玄関!
c0060862_18585437.jpg



おしまいの峠越えは
「赤松太郎」のみ…


ごくフツーの田舎の山道といったところで
c0060862_1921824.jpg

峠には採石場がありました…



これで「三太郎峠」を走破しましたが
なぁ〜んか、ちょっと

物足りない!

気分ですね・・・




ナンなんだろう…とは
走りながらにも考えていたんですけれど

少し 「三太郎峠」 というものに

『求めすぎていた』

のかもしれません…




ふたつの隧道が掘られて
これらの三つの峠道が完成した明治時代は
まだ馬車の時代だったろうから
そもそも道が現代のような急坂であるはずも無く…


そこに激坂を期待していたボクが
間違っていたということでしょう・・・





だから楽ですよ! 三つとも…

「ヒ〜コラ」は 一切無いです!





予定では八代に着いたら、駅から列車輪行だったけれど
城跡に立ち寄り
c0060862_195179.jpg

駅の近くのうどん屋さんで遅い昼飯を食った後
さらに松橋まで走ろうということにしました…



松橋駅着は午後3時45分…
熊本駅行きが4時10分だったので
ここでBibianをパッキング
c0060862_1952569.jpg


帰宅はちょうど5時になりました…




--- エピローグ ---
翌日、ブログアップに際して
「三太郎峠」のことをいろいろ調べていたら
さすがに「由緒ある道」なだけに
様々な方達が調べておられて
と〜っても面白い訳です…

なので
すっかりそれらのウェブサイトにはまり込んでしまって
ブログアップがなかなか進みませんでした…

江戸時代の参勤交代路としての「薩摩街道」
明治時代の国道建設(今回走った道)
などについては

この方のブログ が


チョー 面白いです!





なぁ〜んか、いつかは
この路線にはまりそうだなぁ・・・





す~ぐ(※1)    熊本弁:すぐに  の意
         例:す〜ぐたい → すぐだよ










[PR]
by Benbo | 2012-11-11 19:12 | 自転車 | Comments(17)

おっさん4人の島原サイクリング

ブログを通じて知り合い
ある日意気投合して一緒に遠出するなんて

オモシレーよなぁ  と

思っていたけれど…




やってみたら

オモシレェ〜 だけでなく


とっても

楽しかった!    です…


最後の最後で、少し雨に降られはしたものの
濡れるという程でもなく、それも助かりました・・・


ことの顛末は今回の『隊長』である「のぶさん」のブログや
一緒に走った「Kenさん」「みきたかさん」のブログが
より詳しいかも・・・




ということで
4人で『スタンド バイ ミー』してきました…
c0060862_1635736.jpg

熊本新港まで自走してBibianをパッキング
c0060862_922546.jpg

カッコえぇ高速フェリーで島原までは30分!
c0060862_9222866.jpg

ルートは眉山一周するだけの短距離だけれど
島原普賢岳の噴火跡や島原城などを巡りながら
みんなの親睦タイムに配慮したコース設定になってました…
c0060862_9235656.jpg

c0060862_9243695.jpg

c0060862_926756.jpg

c0060862_9265197.jpg




熊本新港からの帰りは
雨の中、車載組のKenさんに自宅まで送ってもらい
濡れずに帰宅出来ました… ありがとうございました!





いつもはイベント参加に向けて
トレーニング的な単独走が多いのだけれど

たまにはこうやって
仲間とノンビリ走るのもイイものですヨ!




Kenさんとは「北九州」で初めてで
みきたかさんとは今回が初めてだったわけだけど

ブログのコメントを通じては
なんどもやりとりをしてたので
全く初対面という感じがしなかった…





次の「おっさんサイクリング」が楽しみですなぁ!


c0060862_9273877.jpg

[PR]
by Benbo | 2012-11-06 09:30 | 自転車 | Comments(13)