<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

しまなみアイランドライド2010

さて、いよいよ「しまなみ」だ!

走るのは10日だけれど、受付は前日の9日に尾道市役所駐車場で済ませないといけない。
8日の午後、Cathyを車載して熊本を発ち、別府から松山にフェリーで渡り、松山YHで
一泊して今治からしまなみ海道を行く。

雨はしとしと降り続いているが、明日には天気は回復するハズ…晴れ男だから (^^ゞ
c0060862_1040379.jpg
c0060862_10542527.jpg
受付を済ませた後、福山に住む友人の門ちゃんに35年ぶりに再会するが、お互いのあま
りの変貌ぶりに、道の向こうとこっちとで電話を掛け合っていてわからぬ有様。

アラ20がアラ60になってるわけなので、まぁ無理もないかなぁ…
広島お好み焼きでカーボローディングしながら
門ちゃんにメタボ解消のために自転車を薦める ^_^;


そうして向島のスタート&ゴール会場で車泊した翌朝は快晴! Cathyを組み上げて
スタート場所へ行くと、もう大勢のエントラントが集まっていた。

自転車百哩走大王のみなさんたちに挨拶したり、団長安田のトークを聞いているとまもな
く6時半になって、いよいよ初体験の200Kmロングライドのスタートとなった。

イベント参加も何回かこなしているので、なんの緊張もないスタート前 >^_^<
c0060862_1117314.jpg

c0060862_1116318.jpg

距離が一番長いボクらの「水軍200」コースには、自主申告によるクラス分けが
あって、時速30Km/hで走れる参加者はAクラス。20Km/hがBクラス。ゆったり走る
人たちはCクラスとなっていて、当然Aクラスに並ぶ(Aクラスから出走するので、こ
っちのほうが持ち時間的に有利 --- ただしスタート後の数Kmはけっこう速く走る必
要があるけれど…)

コースは今治市までの五つの島を、一筆書きのように海岸線の道路を中心になぞって行
き、各島内のアップダウンをこなしながら、さらに40mの高さにある六つの各橋を上り
下りしながら渡っていく設定になっている。

ところどころに10%内外の坂はあるが、数Kmもあるような長いものは皆無なので、き
つくて途中で休むほどではない (^^)v

今日はとにかくペース配分に気を付けながら、序盤になるべく足を使いすぎないように
気を付けて走る。

第1エイドステーションはスルー、46Km地点の第2エイド:多々羅しまなみ公園を最初
の補給地点としたが、このイベントでは総じて補給食・飲料は貧弱であった (x_x)
ジャージのポケットにあんパン、ジャムパン、その他いろいろ詰め込んできて正解だっ
た。(復路はさらにヒドかった…ヌルい水道水だけのところも (>_<)

そうして約100Km走り、昼食エイドに到着して大王の皆さんと一緒に鯛飯を食う。
ここでは味噌汁がおいしくてお代わりをした。
c0060862_1214496.jpg

食事の後はまず折返し地点までの長い長い最後の橋を渡る。6Kmくらいあったかも…

折返し地点、今治市糸山公園でCathyと記念撮影!
c0060862_12124150.jpg

タイム的にはほぼ予定通りで、この状態を保てば制限時間内にはゴールできるのを
確信する。

そうなると気持ちにも余裕が出てきて、ゆっくりとまわりの景色を眺めることが出
来てきた。

今日はこのあたりの島々の秋祭りの真っ最中で、そこここで神事があっていたり、
御輿を見かけたりしていたが、ある島の道路沿いの空き地で、全身を白装束で纏っ
た30〜40人の男衆が全員で唄いながら太鼓のリズムに合わせて踊っているところ
に出くわした。
c0060862_12285694.jpg

一枚写真を撮っているうちに一旦踊りが止み、一人がボクに加われと言う。
いくらなんでもそうは出来ないので断ると、こんどは缶ビールを持って行けと言う。
他の一人も来て飲んで行け状態にになってきたので、缶ビールをジャージに押し込
んで退散することにした。

本当はどんな歌を唄っていたかや、祭りについての話を聞けたらと思ったが、そん
なことをしていたらとうてい今日中にゴールにはたどり着けないことになる。
背中のビールは冷たく重く、飲んでしまうわけにはいかないので、そこからしばらく行
ったところの立哨のオネーさんにあげた。

そのあとは多々羅しまなみ公園の通過チェックポイントもクリアーし、快調にゴー
ルへと向かう。

最後のエイドである万田発酵から先はゴールが近いということもあって燃えてきて
どんどん前走者をパスし始めた。たぶん平均スピードはここからが最も高かったに
違いない。

そうして午後4時半少し過ぎに最後の坂を登って向島運動公園のゴールにたどり着
いた。
c0060862_1255884.jpg

c0060862_1371243.jpg
大王の方達もほとんどがゴールされていて、それぞれがきつかったアップダウンをクリアーした満足感を味わっておられるようだったし、ボクは初めてのセンチュリーランを完走できたことの余韻に浸りながら、やっとこれで大王の仲間になれたかなと感じていた。

走りきった喜びとはうらはらに、イベントの終了はなにか寂しく感じる。
共に走った大王の方達ともいちおうお別れである。
またどこかでの再会を約束して会場を後にした。

ふたたび今治方面へしまなみ海道の橋を帰り始めると、無事に完走できた事への褒美のような夕焼けがひろがっていた。
c0060862_13165734.jpg


さて次なるイベントは九州最南端、「ツール・ド・おおすみ」だ。
快晴の佐多岬を拝みたいがはたして…
[PR]
by benbo | 2010-10-13 13:27 | 自転車 | Comments(2)

しまなみアイランドライドに向けて-予行演習

さて200Kmがいかがなものか…
そのペース配分を確かめるために宇土半島一周をやってみることにした。
自宅の津浦町から白川沿いに出て下流へとたどり、まずは熊本新港にてトイレ休憩
c0060862_17465376.jpg

人工島になっている港から再び橋を渡って戻り、天明町方面へ…
緑川の河口に出たところで電話休憩…  ウィークデイなのでそりゃ仕事の電話も
かかってくるよ ^_^;
c0060862_17561884.jpg

サイクリングのことなんかはもちろん ヒ・ミ・ツ (^_^)v
早めに電話を切り上げ先を急ぐ。
さらに宇土、松橋を通って宇城市に入り、道の駅「不知火」で給水補給とトイレ。
c0060862_186196.jpg

途中、多少のアップダウンはあるもののおしなべてフラットの海沿いの快適路!
向かい風はあるがこれも無いなら物足りないくらいである。
そうしてやがて半島の先っぽ近く、三角港に着いた。
c0060862_18104946.jpg
c0060862_18164572.jpg
時間もちょうどお昼頃、距離も折返し予定の55Km程。
そばの物産館でお弁当を買ってベンチで食べる

ほんとうは物産館や港まわりの風景を眺めながら散策もしたいところだったが、
なんせ今日はペースの確認…  そうまったりは、して居れない ^_^;

西港へも立ち寄りたかったし、海の写真も撮りたかったが我慢して先を急ぐ

帰りはどちらかというと少々の追い風で、疲れが出てきた走りを助けてくれた

そうして帰り着いてタイムをみると、5時間半、 距離は110Km

ウム、ということはこのペースならばなんとかしまなみの200Km、制限時間11時間に間に合うではないか…

問題はコース全体にわたって今日のようなフラット基調ではなく、アップダウンの多いノコギリ状のコースプロファイルになっているという点だ…

はたして完走はなるのか?
[PR]
by benbo | 2010-10-12 18:32 | 自転車 | Comments(0)