<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2010走り納め-玉名ツアー

今日を逃したら天気の良い日はもう今年中には望めない…

ここ2週間ほど仕事や悪天候のために走れてなかったから
なんとしても今日は走りたかったし、走るならまだ一度も
行ってなくて前から一遍行ってみたかった玉名のシンドバ
ッドだったという訳なんです。

KSCの例会じゃなかったのだけれど、ちょっとした用事
のためにスタートは10時頃、なんと藤崎宮!

本妙寺横から金峰山を横目に県道1号線を上ると何人もの
サイクリストとすれ違う!
やっぱりみんな今日だと思ってたんでしょうねぇ…

野出の自販機横で休憩すると正面には雪の残る雲仙が…
c0060862_19125566.jpg

玉名に着いて高瀬の通りで店の場所を尋ね、行ってみると
なんといきなり2階への階段があるのみ!
うーむ、自転車はどこへ駐めたらよかんべかナーと見回す
が見渡しただけでは見つかりません…
よっぽど階段にくくりつけようかと思ったけれど、それじゃ
通行のジャマになるし…ということでちょっと先まで行って
みました…     と、    おーあった! あった!
c0060862_19134067.jpg

お地蔵さんの境内の塀というかフェンスに既に2台のロード
バイクがくくりつけられてありました!
(帰りに撮ったので、写真にはもうCathyだけ…)
野出の休憩の時に追い越していった二人の方達だったかもし
れません…

12時ちょっと過ぎだったので店内は一杯状態!
なんとか先着の二人のサイクリストの横のカウンター席を
空けてもらって予定通りハンバーグランチを注文しました >^_^<

お値段は食後のコーヒーもついて600円… うーん満足!
c0060862_191424100.jpg

高瀬裏川、この季節花しょうぶはもちろんありません…
c0060862_1914478.jpg

帰りも金峰山経由の予定だったが、行きがけの天水あたりから
左膝が痛くなってきていたのでやむを得ず楽ちんルートに変更!
木葉経由鈴麦線を通って帰りました。
寒さのせいでの膝痛なのか、ペダリングが悪くてそうなるのかは
わからないけれど、天草までには解決しておかないといけません。
むー、次回からエアーサロンパス必携かも… (>_<)ゞ

ということで今年の走り納めは課題が残ってしまいましたが
2010年全体で考えると、自転車百哩走大王に入ったり、初めての
ロングライドイベントである「天草サイクルマラソン」に始まって
「球磨川」「国東」、「軽井沢」、「しまなみ」、「おおすみ」と
いくつもの大会を走り、11月にはKSC(熊本シニアサイクリングクラブ)
にも入れてもらって楽しい人たちと知り合えたりして、なかなか良
い一年でありました。
[PR]
by benbo | 2010-12-29 19:35 | 自転車

KSC例会-菊鹿荒平峠サイクリング

日曜日ごとに良い天気が続き、今日もまたまた晴天のサイクリング日和!
今年はイベント参加の日も含めて、一日たりとも雨にたたられた事がなか
ったなぁ。(うーん、やっぱりボクは晴れ男だ… (∩.∩))

今日の予定コースは菊鹿の「道の駅・鹿北」ということで合志町経由で
植木温泉から県道18号線、荒平峠を目指す。

鹿本町水辺プラザかもとにて休憩
c0060862_8341783.jpg

荒平峠で再集合…
c0060862_8343752.jpg

鹿北町へ下りきると温泉付き施設「ゆーかむ」がありここでお昼となった。
c0060862_835780.jpg

〜14:00までは850円のバイキングなのだ…
写真には写ってないが「金時だんご」はオススメ… 三杯お代わりした!
c0060862_8352522.jpg


復路は国道3号線などを通って山鹿の千代の園で絞りたて原酒をゲットして
帰路につき、植木温泉で例会解散後、午後4時半少し前に自宅に着いた。

心地よい日差しのもと、のんびりあり、峠のフリーランあり、酒蔵探訪ありの
楽しいサイクリングだった (^。^)

詳しくは「かいさんのホームページ」
「さすらいのツーリスト!ペプシンのサイクリング日記」参照
[PR]
by benbo | 2010-12-14 08:38 | 自転車

KSC(熊本シニアサイクリングクラブ)忘年会サイクリング(二日目)

国立阿蘇青少年交流の家を9時頃出発し、少し下ったところでボクは
みんなに挨拶して左折して別れた。

昨日の復路となる「いこいの村」横の10〜12%坂を過ぎてパノラマ
ラインに出たところで半袖ジャージになる…
風もないので寒さは全く感じない。

朝の空気はどこまでも透明で、夕刻だった昨日のそれとはまた別の
美しさがある。
カルデラである阿蘇盆地をKSCのみんなが走っているのがひょっと
したら見えるほどだった。

久住連山もすぐそこに…
c0060862_16564675.jpg

すすき光る登山道路…
c0060862_16581749.jpg

遠く雲仙をバックに米塚が…
c0060862_16583369.jpg

やっとの思いで草千里展望所に到着! 遠くには多良岳も…
c0060862_16585475.jpg


日曜日なのに朝だからか、閑散とした草千里が浜を走り抜けると正面に
中岳が見えてくる。

どうしようかなと思っていたが、ロープウェイ駐車場までやってきたら
やっぱり火口まで自転車で登ってみることにした。

先週の「おおすみ」であれほどの激坂をこなしたんだから大丈夫だろう。
ということで自転車は無料といわれて料金所から走り始めると、係員は
「タダだけどこーんな坂がアルよぅ!」といって笑った。

最初のうちは別に・・・

しばらく行って二つめの料金所あたりも別に・・・・・

そのあとだ…    ヒーッ… きついー! (;。;)

車の来ていないことを確認して2車線を使ってジグザグに走るけれど
トンでもない激坂である… …>_<…

右手でハンドルを引き上げながら反動で右足を伸ばし、左手で同じよ
うに引き上げて左足を伸ばし… 

そうやってよろよろよろよろ状態でなんとか登り続けてやっと駐車場
に着いたがそこは一番上の火口駐車場ではなく一段下の砂千里が浜の
駐車場だった。   イヤー、もう息が続かなかった…

そこでしばらく止まって息を整えて楽になり、再び自転車に跨ると
終点である火口駐車場はそこから50mくらい登ったところだった。

ふぅぅぅ… やれやれ…

コンパクトクランクに変えたらまた来るかもしれないが
このまま42-25じゃもう来たくないわ!  (+_;)
c0060862_16594063.jpg


火口自体は何度も来て(小学生の頃から)いるので特に興味なし。
ここまで自転車で登ってきたことの証に通りかかったオネーさんに
シャッターを押してもらって帰路につき、吉田線から地獄方面へと
下って立野、瀬田線経由で午後一時ちょうど頃自宅に着いた。

KSCのみなさん、通して参加できなかったけれどとても楽しい
忘年会でした。ありがとうございます m(__)m
[PR]
by benbo | 2010-12-07 17:07 | 自転車

KSC(熊本シニアサイクリングクラブ)忘年会サイクリング(一日目)

先月入会したKSCの忘年会が先日、3〜5日の二泊三日で行われた。
場所は国立阿蘇青少年交流の家をベースに、阿蘇高原を存分に走り回
って楽しもうというものなのだが、ボクは3日(金)は仕事で参加でき
ず、4日も午前中は公民館の手作りパン教室に出席した為、結局自宅を
出発したのは午後二時を少しまわってしまっていた (-。-;)

今回はしっかりサイクルコンピュータも忘れずに取り付けて、赤水登山
口まで車で送ってもらい、午後三時頃ようやくペダルを踏み始めた…

KSCの今日の予定は阿蘇神社から内牧を通って赤水から阿蘇登山道路へ…
ファームランド、米塚から阿蘇パノラマラインを経て防中へ下り、仙酔
峡入口の国立阿蘇青少年交流の家へは午後4時頃に戻るというコース設定。

なので、もうこの時間に誰もこのあたりを走っている訳はないのだが
トイレ休憩も兼ねていちおうファームランドに立ち寄り、ボトルにも
給水をして、さぁここからはいよいよ坂登りの始まりだ!
冬用の長袖ジャージをデイパックにしまって半袖姿となる。

はじめのうちはそうでもないが、米塚が前方に見え始める頃からは
勾配も結構きつくなってくる…
時折ダンシングしながら呼吸を乱さぬようにして登り続ける…

遠くに見えていた米塚にやっと到着! ここで一息いれる…
c0060862_1654291.jpg

それからさらにペダルを回し、パノラマラインとの合流点に着いた…
振り返ると雲の全くない快晴の空!
遠く久住の山並みもくっきりと見える
c0060862_16542518.jpg


さてここから一の宮へのパノラマラインは急な下りのみになる。
デイパックから再び長袖を取り出して着込み、時速60kmを越えない
ように慎重に下っていく…

途中の分岐でいこいの村方面へ右折して近道とし、国立阿蘇青少年交流の家
へは午後四時少し過ぎに到着した。

ここから先は「かいさんのホームページ」参照



二日目へつづく…
[PR]
by benbo | 2010-12-07 16:36 | 自転車

ツール・ド・おおすみecoサイクリング大会-当日編

前日編よりつづく・・・

4時半にケータイのアラームが鳴り起床!
室内に干しておいたジャージを着込み、各バッグの中身を整理する。

車で来たのなら特にどうということはないが、輪行で参加の時には
荷物をどうするかでけっこう悩まなければならない…

イベント走行中は極力軽くありたいので大会本部に荷物を預ける事
になるが、それらをデイパックひとつの中にねじ込んで背中に背負
って会場まで走ることになるのでなかなか大変なのだ。

今回のスタート&ゴール地点である「かのやばら園」はちょっとし
た丘陵のてっぺん近くで、10%オーバーの坂を重い荷物にヒイコラ
いいながら登っていった先にあった。

もー、ウォームアップし過ぎだし… (>_<)ゞ

受付を済ませてゼッケンを付け、開会式会場へ行くとすでにじゃん
けん大会が・・・参加はしたけれどなーんにも当たらず (v_v)

10周年記念大会のせいか「絹代さん」が来ていたり
c0060862_17255232.jpg

勇壮な太鼓の演奏があったり
c0060862_17261829.jpg

ロードレースの有名選手も特別参加だったりしていたが、なんせ
寒かった・・・

早く走り出したい気持ちを抑え、開会式を盛り上げるために懸命
に拍手もし、全員での集合写真にも納まってスタートとなった。
c0060862_1727521.jpg

やっぱり九州の大会はイイねぇー
沿道での地元の皆さんからの声援や拍手がずーっとつづく…
天草もそうだったし、国東でもそうだった…
軽井沢は少なかったけれどしまなみはまぁまぁというところ…

地域が支えているかそうでないかがそんなところで良くわかる。
こっちも大きな声で挨拶して手を振って返す  ド〜モ\(^_^

途中、チェーンがぶち切れそうな激坂の後、佐多岬で折返して
から昼食となって激ウマの豚汁にありついた… ウメー (^。^)
c0060862_1727341.jpg

そこで食事を済ませておられた静岡から参加の石原氏を発見して
ちょこっとご挨拶。
チーム大王からはボクだけだと思ってましたよーとか話して飯に
戻ると、なんと「しまなみ」で一緒だった小屋谷氏から呼びかけ
られビックリ!
二人でボリューム満点の豚汁に舌鼓を打ち、九州のイベントでの
人の暖かさに感心しながらしばし歓談した。
c0060862_17281841.jpg

昼食が終わるとみんなで一斉に再スタートとなり「かのやばら園」
へととって返す。
行きの追い風は今度は強い向かい風となりボクらを苦しめたけれ
ど、昨日走った対岸の薩摩半島や、光り輝く海を左に見ながら走
り、ばら園に登る最後の激坂もやっとこさクリアーしてゴールへ
とたどり着いた。

そして完走証を受取り、汗に濡れたジャージを着替えたところで
ほぼ同時に着いた小屋谷氏から大王缶バッジのプレゼントをもら
い握手して別れ、再び重いデイパックを背負って垂水港のフェリ
ー乗り場に向かって会場を後にした。

桜島は活火山! 風向き次第で灰が…
c0060862_17285461.jpg

明るいうちにフェリーに乗り込めたが、
c0060862_17291314.jpg

フェリーを下りたらすでに暗く、南鹿児島駅まではライトを点灯
暗いので方角がわからず右往左往…
何人かに道を聞き、やっと駅について自転車をバラして袋に入れ
指宿枕崎線で鹿児島中央駅へ。
さらに新幹線:リレーつばめで熊本帰着は午後8時過ぎだった。

今回は鹿児島という比較的近場での大会参加だったわけで、前泊
は必須だったけれど後泊までの必要は無く、その日のうちに帰宅
が出来るのは良かったかもしれないが、その分時間には追われて
しまうこととなった…

うーむ… 車で会場まで行った方がなにかと便利でイイかもなぁ・・・
(今回はデイパックにおみやげなどを入れるスペースは全くなかった…
 このあたりも輪行のツライところ…)
[PR]
by BENBO | 2010-12-06 17:36 | 自転車

ツール・ド・おおすみecoサイクリング大会-前日編

さて九州最南端、鹿児島は大隅半島を走るツールドおおすみだ!

今回は車を使わず、JR九州の激安切符(土曜-日曜乗り放題で
一万円)を使って、自転車を担いで出掛けて行き土曜日は薩摩半島、
日曜日は「ツールドおおすみecoサイクリング大会」に参加して
大隅半島を走り回ろうと欲張ってみた。

上熊本駅からリレーつばめに乗り込むと、新八代からは新幹線となって
あっというまに鹿児島中央駅に着き、そこからさらに指宿枕崎線に
乗り換え、熊本から鹿児島までの時間と同じ時間をかけて指宿の
ひとつ手前の宮ケ浜駅へとたどり着いた。

自転車は袋に入れて車内に持ち込む
c0060862_189211.jpg

指宿枕崎線は単線なので相当揺れる…
それも縦揺れなので舌をかみそうなほど。
何度も失敗を繰り返してやっと撮った車窓の桜島!
c0060862_1892484.jpg

宮ケ浜駅に着き
c0060862_1811169.jpg

駅前で自転車を組み立てて出発しようとするが入れたつもりの
サイクルコンピュータが見つからない…これでは走行中の距離が
わからない…ううーん、どうしよう (>_<)
c0060862_18114764.jpg

三回くらいバッグの中などを探したけれど無いのであきらめて
走り出したが、こんな時は何をやっても次々に失敗する。

まず犬のウンコを前輪で踏んだ(フンをフンだ…やれやれ)
次にミスコース(峠を越えて池田湖へ向かうつもりだったのに
のっぺりの県道コースを走ってしまった…オモシロクネェー)

とにかくこの日の前半は「サイクルコンピュータはどこに
行ってしまったんだろう」ということばかり考えて走りに集中
できなかった。(それが無くても走れるじゃん!と開き直った
のは午後からである…)

大きさでそういうことらしい… 確認するつもりは無し…
c0060862_18122886.jpg

池田湖から開聞岳
c0060862_18125265.jpg

途中の枚聞神社(ヒラキキ神社)で明日の無事完走を祈る_(._.)_
c0060862_18131839.jpg

そうして長崎鼻にお昼頃に到着!
c0060862_18133790.jpg

ここらへんで飯でもと思ったのだけれどどうもフェリーの
時間を考えるとそうもしては居られないことに気付いた。
ここから指宿港のフェリー乗り場までの距離ははっきりはしないが約25km…

フェリーは午後一時半出港なので残された時間は一時間ちょい…
うーむ、まったりなんかは出来ないぞ!

ということで飛ばす! え"、もう菜の花が咲いている…
c0060862_18141384.jpg

今日のボクのコースは「指宿菜の花マラソン」のコースになって
いるようだ。距離を知らせる看板が道路脇に立っている。

崖に囲まれた特異な風情の山川という港町も立ち寄りたかったがパス!
一路、指宿目指して突っ走り、
なんとか出港13分前でフェリーに間に合った… ふうぅ (-。-;)
c0060862_18144139.jpg


薩摩半島さようなら、開聞岳もまたいつか…
c0060862_1814591.jpg


さぁて、大根占港にてフェリーから下りたあとは
鹿屋市内のビジネスホテルまでひとっ走り、午後4時頃に到着チェックイン。

早速お風呂に入り、ジャージを洗い、
c0060862_18164624.jpg

隣のスーパーで弁当を買い、ビールもかって部屋で食い、
c0060862_18162937.jpg


明日の準備をして7時には寝た。

やれやれ、明日は4時半起床だ…  当日編へつづく・・・
[PR]
by benbo | 2010-12-05 18:27 | 自転車