<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

熊本ブルベの応援で宇土半島へ


友人たちがエントリーしてるので
昼過ぎから出かけてみた…


ちょっとは寒いけれど晴れていて
エントラントにはちょうどいいくらいかも…


白川沿いのいつものルートを下流へ向けて走ると
ブルベの前半部のヤマである
金峰山が少しかすんで見えている
みんなあそこをヒーコラとこなしているんでしょう…
c0060862_944533.jpg

道路も、河川改修工事も進んで
舗装がきれいになってました…
c0060862_955331.jpg





熊本港をかすめて緑川の河口まで来ると
宇土半島の走潟向かって
新しい橋の工事も進んでいます…
c0060862_962272.jpg

宇土半島側
c0060862_981952.jpg


今日は雲仙は見えません…
c0060862_983855.jpg



緑川沿いを上流へと少しさかのぼり
平木橋に出ると
ひとりのエントラントが通過していったので
間を開けてついて行く…


走潟から右折してR57へ出るところで
のぶさんの情報を得ようと
話しかけたけれど
そりゃわからんわな ^_^;

「頑張ってください!」
c0060862_993858.jpg

と見送って、後ろを振り返るが
後ろには誰も・・・
c0060862_910585.jpg




さてここからどっちに行こうか?


ブルベのコースの通り
R57で宇土一をやるのは
車も多いし、面白くないので
峠を越えて半島の向こう側へ
出ることにし、ドMコースへと
向かいます…


まずは網津から網田へのキツイ笹山越え…

峠のお地蔵さん
c0060862_915451.jpg



二つめはK243の峠、「米の口」入り口
c0060862_9163933.jpg




下って「郡浦」へと出たら
何人かのエントラントが・・・


ここで「のぶさん」を

待ってれば会えたんだろうけど

暗くなる前には家に帰り着きたかったので

ちょうど通りかかった方の後ろを

じゃまにならないように

付いていくことにしました…
c0060862_9175256.jpg



少々の追い風でアベは25〜30km/h前後


金峰山をこなしたうえに
ここらで140kmくらいだろうから
エントラントにとってはつらい頃かも…



やがて松橋の町中で
右折する彼らを見送り
川尻を抜けて熊本方面へと…



それでも自宅着は
暗くなる直前の6時前…



みなさんお疲れ様!







[PR]
by benbo | 2013-01-22 09:21 | 自転車 | Comments(6)

「日本一遅い男のロードバイク日記」というブログのこと

ずっと以前から


と言ったって、半年くらいからだけれど
この方のブログ
の読者です…



毎日書いておられるので
ボクは必ず読んでおりますが

面白いです!



今日のヤツなんか

ボクのこと、そのままのようです…
(留年経験があるし・・・)




ホント、あの夢をみて目覚めたときの
安堵感といったらないですョ!


別のバージョンでは

「明日は試験だけれど、講義に出た記憶も無く
だから試験の範囲も皆目だぁ〜」

と、アセる・・・というのも、たまにみます…




新年なので今年の目標を…

「阿蘇望」を走りきること!
[PR]
by Benbo | 2013-01-06 11:11 | 自転車 | Comments(8)

阿蘇・俵山へ走り初め


いくら値段も高めの冬用とはいえ
ホームセンターの作業用軍手ごときでは
この日の俵山からの下りでは
屁の突っ張りにもなりませんでした…>_<…


針で突き刺すような
痛みが指先に…




「かじかむ」を通り越した、その指で
必死にブレーキを押さえながら
南阿蘇まで下りきっても

カルデラの中は冷凍庫状態…




ついに今日の目的地だった「白蛇神社」をあきらめて
栃木(とちのき)から立野へ



「退却」


となってしまいました・・・(-。-;)











とにかく今日は朝から天気はいいし


「走り初め」


と思って「さんさんの湯」まで Bibian を車載




早々と売り切れになってしまった
浮島神社の「山岳賞」の代わりをゲットしに
赤水の「白蛇神社」を目指すことに・・・




まずは強い西風に押されて西原方面…



上鳥子の「鳥子三ノ宮神社」にて安全祈願
c0060862_14553632.jpg

小森を抜け、揺ヶ池を経て「萌の里」の下に出

強風に忙しく回るプロペラの音をを聞きながら
今年初めての峠越えにかかりました…
c0060862_14561775.jpg



よく晴れてはいるものの気温は低く
つづら折れで西に向かうときは
風に当たって汗が冷たい…





何とか展望所にたどり着いても
ゆっくりと眺めを楽しむ気分ではなく
もったいないけれど、そそくさと写真を撮って下り始める…
c0060862_14571231.jpg





そういうわけで


「白蛇神社」参拝も、「二重の峠」越えの予定も
この下りの寒さに吹き飛んでしまい
ほぼ、しっぽを丸めた犬みたいに
一目散に瀨田線へと駆け下りました… (>_<)ゞ





瀨田神社前にはひとりのサイクリストがおられました…(^^)
挨拶して話しかけますが、体が冷え切ってしまっていて
言葉もようよう出ません・・・


「口ん かなやん」※ 状態です!


それでもしばらくお話ししました…
楽しかったです→十時さん
いつかご一緒しましょう!



甥っ子の合格祈願はここでしたけれど…
c0060862_14592331.jpg






寒さに冷えきったまま「さんさんの湯」には
午後3時過ぎに帰着



一時間ばかり、あの湯この湯に
ゆっくりと浸かって
やっと寒さが溶けてなくなりましたが


いったん冷えてしまった体は
そうそう簡単には温もらぬことが
ようっく、わかりました・・・





今回の反省
 1. 冬、阿蘇に上るなら、下り用にちゃんとした手袋を
   用意しよう!


って、いつかも書いたような・・・


あ、あった!

懲りんヤツ→ボク…    とほほ (^^ゞ





※ 「口ん かなやん」 --- 熊本弁:(寒さで)口が うまく 回らない(かなわない)

     例:「足ん かなやん」、「手ん かなやん」

        「ん」 は 「の」の意   
        「あん人たち」→「あの人たち」







[PR]
by Benbo | 2013-01-04 15:27 | Comments(6)