<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

国見峠越え



60才で自転車に目覚めてから初めのうち
坂を下りるのがキライだった・・・


下りてしまうと
上り返さないといけなくなるからである…


でも20kmが50km、そして100kmというふうに
だんだんと遠くへ出かけるようになってくると

下らなくても走れる道は次第になくなってくるわけで

上ったり下ったりしながらサイクリングすることが
あたりまえになってきた…



そして同時に坂を上る要領のほうも
すこしづつ良くなっていき


坂道の長さや勾配のきつさに合わせて

なるべく疲れないような漕ぎ方で登り切ることが
出来るようにもなってきた…




そうなるともはや坂道というものに対しての
恐れや不安などはほとんど無くなってきて


むしろキッツイ坂道に出くわしたりすると
何かしら歓びのようなものを
感じるようにもなってきてしまった・・・





まぁ、あえてそういう坂道を探し出してまで
それにチャレンジするということではないのだけれど


目的地に行くのにそういった坂が有るのであれば

それを避けたり迂回したりせずに
やっつけちゃおうかな…という程度の考えである…





だから今回の、のぶさんとの国見峠越えも


長いトンネルを車におびえながらヒヤヒヤで
走るのはイヤということももちろんだけれど



国見峠という、上り甲斐のありそうな峠があるので
ついでにクリアしていきますか!

の思いが二人に共通してあったからなので
ありました・・・






トンネルが出来る以前は


この道が国道265号線だったなんて
とても信じられないようなステキな酷道





峠に至るまでの上り部分の3分の2が
少し荒れたクネクネ道であること以外は


山はけっこう深いけれど見晴らしの良い明るい谷や
美しい水の流れる渓流沿いの道です…




今回走った三つの峠のなかで


阿蘇の五岳を垣間見ながら
外輪山を上り詰めていく高森峠


ひたすら林の中を上り
林の中を下る不土野峠とは少し異なり




上りこそある程度の我慢を強いられても
峠を越えてしばらく走ると

素晴らしい景色をを味わいながら
下りを楽しむことの出来る道だと思う…



詳しくは、一緒に行った「のぶさんのブログ」を…

そうして、トンネルをバイクで抜けるのがイヤだったら
ぜひこの峠へ行ってみて下さい…







竜田口駅でのぶさんと待ち合わせ、輪行です…
c0060862_18403992.jpg


立野で「南阿蘇鉄道」に乗り継ぎ…
c0060862_18405434.jpg


秋の阿蘇カルデラの中を
ノンビリと高森駅へ向かう…

「今日はどこまで?」
「高森から椎葉村を抜けて人吉まで・・・」

「先日もひとり、居たよ〜」
「あ〜、そりゃぁ ボクらO3の仲間かも…」

「ふーん、気をつけて行きなっせ・・・」

c0060862_18414832.jpg



















夕方ちかくになって、やっとふたりは湯山に下り着いた…
c0060862_18422474.jpg

c0060862_18424228.jpg





そうして湯前駅から列車に・・・


人吉盆地は黄金色になりつつありました…
c0060862_1843663.jpg
















[PR]
by benbo | 2013-09-23 18:55 | 自転車 | Comments(10)

陰陽石ツアー



人吉駅に降り立って先ず自転車を組み上げ
輪行袋をたたみ始めた頃、

寺本製茶の mottea さんがやってきた!


今日は彼が途中まで一緒に走ってくれることに
なっていてとっても楽しみです!


駅前の「やまぐち」で買った駅弁を
のんびりベンチで食べ

9時10分頃
mottea さん先導でスタート!



車の少ない道を中心に

鮎釣りでにぎあう川辺川沿いや

見渡す一面に茶園の広がるの高の原台地など


地元ならではのレアルートを案内してもらいながら
一路、多良木を目指しました・・・



あさぎり町からK48を東へ

多良木の久米小学校からK143に右折したところで
一休みすることになりましたが…



ふと見ると


通り沿いの農家の庭先にちょうど良い木陰があって
縁側でばぁちゃん二人が談笑中…


バイクを降り

「おばちゃん、ここで休ましてね」
と呼びかけると



そぎゃんトコより、こっち来て腰掛けろ」と・・・


そして
アンタラみたいな良か男に会えて
 だいぶ若返ったバイ!
などと・・


なんかおかしいな・・・


八十?才というこの元気なおばあちゃん
既に少しあちらに行きかけておられるのか



「それで、今日はどこから走って来た?」

何度も何度も・・・


ハハーン!




ただ話は弾み

ボクの薄皮あんパンを四人で食べたり
お茶を頂いたりしてると

別の二人のおばちゃんが現れた・・・


「あらぁ、こけーおったな…
 探しよったとよう〜」


と・・・



それからも暫し話し込んで
やっとボクらは解放され


おばちゃんたちにお礼を言って
再びバイクに跨がったのでした・・・


やれやれ…やっぱりイナカはいいですな!



ということで予定の時間からは
少し遅れたものの

やがて本日の一つ目である
槻木峠(つきぎとうげ)の登りとなったのでした・・・



ただこの峠
距離もそこそこあり勾配もなかなかで

坂嫌いの mottea さんには
ちょっと気の毒だったかな・・・


ま、これをきっかけに
坂、好き好きO3」になってくれることを
願いましょう・・・




熊本駅発は午前6時
c0060862_18483073.jpg


八代で肥薩線に乗り換えると乗客は三人
球磨川沿いをノンビリと・・・
c0060862_18485630.jpg


単線ですから待ち合わせも…
c0060862_184921100.jpg


人吉着は8時15分、天気はイイです!
c0060862_1850448.jpg


mottea さんと朝飯食ってたら
カラクリ時計が動き出して9時に…
c0060862_18502965.jpg


人吉をスタートして
c0060862_185202.jpg

快適な人吉盆地
c0060862_18522078.jpg





そうしてやっと峠近くまで
上ってきました…


遠く、多良木をバックに・・・
c0060862_18524467.jpg



でも残念だけど mottea さんとは
峠のトンネルでお別れ…

朝も早よから付き合ってくれてありがとうございました!





さて峠は越えてもまだ多良木町
下っていくと槻木の集落…


広くはないものの
車の少ない、渓流沿いの気持ちの良い下り…

紅葉の頃も良かでしょうね!
c0060862_18551073.jpg



槻木に下るとトの字の三叉路となって
K143は右折し

橋を渡り
宮崎県境との峠への登りとなる…
c0060862_1856151.jpg




またまた随分と登っていって…


写真の奥が峠なのだが
特になんの表示もありません…
c0060862_18572575.jpg

熊本県側
c0060862_18574775.jpg





このあとふたたび心地よい下りを
楽しんだあと


左からR265が合流し

ほどなく「須木」の集落となり
「須木総合ふるさとセンター」が…
c0060862_18583860.jpg



そのすこし先の「まるだいストアー」で
コレをゲット、小休止しました…
「蜜しぐれ」とは・・・いよいよ近づいてきたな…
c0060862_18591125.jpg




ここで時間を確認すると


多良木でのばあちゃん達との交流で
けっこう予想より遅れている・・・




なので当初予定であった
トンネルを避けるための軍谷峠越えをキャンセル

少し、先を急ぎます…




コーナーで「オ〜ットット」となるほどの
台風の影響の追い風に助けられて

どんどんと下っていくと・・・




やっと着きました!



今回の目的地



「陰陽石」

c0060862_1915259.jpg




川が合流するところに
こげなもんが出来てます!
c0060862_1924822.jpg




この珍品をこのように眺めることの出来るこの場所は
個人所有の敷地内



ボクの好きなタイプの人の良い「おっさん」が
個人で開拓・開発・管理されているということで


なかなか雰囲気良く、キレイで
手入れが行き届いています…


ポニーも放し飼いです!
c0060862_1941348.jpg




しか〜し


この「おっさん」曰く

ここの宝は、実はあの石ではないよ!」と



なるほど、広場の一段上に建つ
「秘宝館」がホントのお宝のようです…




ボクは事前に下調べをしていたので

この中にこそ目指すものがあることは
知っていました・・・


そうして300円の入館料を払って
ついに「おっちゃん」の
流れるような説明が始まります!



「写真も撮っていいです」


とは言われていたものの

撮ってないです・・・



「おっちゃん」の 口上は…





ううむ、これ以上は

ここではムリです・・・



行って自分で確かめて下さい!


うふうぅぅっ・・・




よろめきながら館を出たあと


のぶさんに頼まれてたので

O3グループ全員の

「元気!」


を祈願して、陰陽石をあとにしました・・・





さてと

その後は少し下ったところにあった

「ひむか釜揚げうどん」というお店の
おいしい山かけうどんで遅いお昼にし



小林駅前を通ってK53を走り

京町温泉駅へ
c0060862_19105471.jpg




さらにK102に出て吉松駅へ到着!

列車発車時刻の30分前でした…
c0060862_19111951.jpg



構内でバイクを輪行袋に収納し

駅前の酒屋さんでスーパードライをゲット


18時22分発の人吉駅行きに乗り込みました…




人吉駅に着くと


風で飛んだビニールが架線にかかるという
事故の影響のため

1時間半も遅れて「特急くまがわ」が到着!
c0060862_19124989.jpg




午後9時50分、やっとこさ
熊本駅へと帰り着きました・・・





人吉盆地から峠を越えて
宮崎へと至るルートは
いくつか考えてあって

今日はそのうちのひとつ

多良木から槻木越えして小林へ下る
コースでした…



これらのルートの山は深く、紅葉も期待出来そうなので
この秋には別のルートでまた行こうかな・・・



一緒に走ってくれた mottea さん
おかげで楽しく走れました…

c0060862_19135684.jpg

重ねてありがとうございました!


c0060862_19384564.png








[PR]
by benbo | 2013-09-17 19:39 | 自転車 | Comments(12)

輪行シリーズ-小林陰陽石探訪

天気は良さそうなので

行ってみようかな・・・

人吉〜多良木〜小林〜吉松


朝は早いし
c0060862_1825483.png

帰りは遅い!
c0060862_1831322.png

あげくのさん八ゃ、次の日「くまサイ♪」
[PR]
by benbo | 2013-09-13 18:15 | 自転車 | Comments(12)

Uさんへ

五郎丸くんの写真です。

車検を取った翌月から自転車にはまってしまい
それからというものガソリン満タンで倉庫に眠
っています。なので3年半かな…乗っていません

レース用キャブはオーバーホールしなきゃかも…
タイヤは交換したばかりだったけれど時間が経っ
ているので代えた方がいいかも…

あ、SRなので当然キックスタートです!

c0060862_10352256.jpg

c0060862_10354565.jpg

c0060862_1036079.jpg

[PR]
by benbo | 2013-09-13 10:32 | モーターサイクル | Comments(8)

「チポリーノ」ツアー


台風一過、やっとスカッと晴れて

ちょっと前の、のぶさんのブログで気になっていた
山都町の「チポリーノ」へと出かけました…



ルートも御船町滝尾から樫永峠、水越スクェアを経由し

さらに島木を経てK223で山都町へ向かうという
ワンダーランド中通りコースを辿ってみました…



木曜日はいわゆる仕事の日なので
朝早くからは出かけられません・・・



集中して仕事をこなし、走る準備を整え

Bettyを車載して嘉島町のモールへと…




ヒライのお弁当でお昼にした後


バイクに跨がったのは11時ちょうどという
今日もまたまた遅めのスタートとなってしまいました…




いやぁ、でも久しぶりのサイクリングで

天気はいいし

気持ちイイなぁ!





滝尾から少し上ったところに「茶業研究所」が…
c0060862_16422249.jpg




お昼前後の太陽からの直射光は
まだまだ厳しいとはいえ


あの、真夏のものに比べれば
それ程のことは無く


長くて辛いはずの樫永峠も
木陰が多いのでわりと涼しく登れてしまいました・・・




スタートから1時間後、水越スクェア着
ここから左折してK152へ…
c0060862_16421230.jpg


曲がるとスグ、廃校になった小学校の前に…
c0060862_16423562.jpg






さらに行くと素掘りのトンネルがいくつか…


これは一つ目の「木鷺野(きさぎの)」トンネル
c0060862_1643956.jpg


なんと6年前の3月11日
モーターサイクル時代にもここを訪れていた…



トシをとっても、好きな風景は一緒か…


季節が違うだけで、変わってないね!
c0060862_1645458.jpg






島木の集落にさしかかり、橋を渡ってみると

ATLASのGPS地図ルートから外れてしまった



どうやらルートラボで引いたコースは

橋の手前から右折し、急坂を上って
K223への近道をとっていたようです…



引き返して橋を渡らずに、川の手前で右折
c0060862_16473687.jpg







少し登ると、ここらへんの風景もイイなぁ!
c0060862_16475936.jpg



そして変わった地名も多い…
c0060862_1649168.jpg






このあとドンドン上っていく・・・



途中、冷たい沢水があったので

首筋や肩に掛け、ボトルに汲んで
たらふく飲んだ…





山はふかく


こんな高いところでも
周りには田んぼが広がり


たくさんのアキアカネ(たぶん)が
稲穂の上を飛んでいた・・・





さて、峠を越えてゆるやかな長い下りは

爽快、爽快!




「自転車に乗ってて良かったぁ!」
感じるひとときですですなぁ・・・



でもヒーコラ登るキツイ峠道が
やがていつかは終わるように

至福のルンルン下りも
いつまでもは続かないのです…



いつの間にかR445に右折となって
R218に合流し


本日の目的地「チポリーノ」着となりました…
c0060862_16504934.jpg


横にあった窯(冬、O3サイクリングで
ピザを食いに来るってのはいかがでしょう…)
c0060862_16523255.jpg





好物のアップルパンがあったので

中で食べることにしたら、なんと

今日はのぶさんも立ち寄られたのだとか…
(それもほぼ同じルートで来たようだ)





美味しくいただいた後は

同じくバイクに乗るオーナーさんに
ボトルへの水の補給や、写真を撮ってもらって

「チポリーノ」を後にしました…
c0060862_16544076.jpg




今度は少し大きめのサドルバッグで来て
ハニーへのパンを買って帰ろう・・・






さて、帰りは南に下って
坂の少ない川沿いルート…


c0060862_18105417.jpg

「通潤橋」に立ち寄ったあと
c0060862_16553663.jpg

K180で「津留」に下り
c0060862_15402081.jpg


「内大臣橋」を渡り
c0060862_1656134.jpg

c0060862_18114012.jpg


「大井早」を通ってR218を突っ切り

K220で「甲佐町」に出て
c0060862_16562496.jpg


午後5時半イオンモール着



Bettyを車に積み込み、温泉「水春」で汗を流したあと

6時過ぎに自宅着となりました・・・


c0060862_1743330.jpg





考えてみると

いくら「手のひらの上」のような水越一帯も
中に分け入ればいろいろ遊べる「ワンダーランド」



山があり坂があり


川がありひなびた里があり


まるで時間が止まったような素晴らしい風景…





ずっとずっと暫くは、遊べるトコロですな・・・


















[PR]
by benbo | 2013-09-06 17:20 | 自転車 | Comments(14)