<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

高千穂〜日之影〜杉ヶ越へ



前回に続いて、輪行でのサイクリングツアー…


阿蘇高森まで列車で行き

トンネルを避けて先ずは旧道の高森峠を越え

下り基調のR325で高千穂町を通過



五ヶ瀬川沿いの旧道、K237で日之影町へと下り

そこから日之影川沿いのK6で杉ヶ越…


さらに「トトロの森」の手前からK45へと左折して
梅津越・・・


ゴールはJR豊肥本線の豊後清川駅で

ここに夕方頃到着したら
再び輪行で熊本へと戻る約120kmのコース…




自宅から熊本大学裏を抜けて
JR「竜田口駅」へ


輪行袋に入れて06:39発の列車を待つ…
c0060862_11332938.jpg



立野で南阿蘇鉄道に乗り換えたりしながら
1時間半後、「高森駅」に到着…


バイクを組み立てていると
名物「トロッコ列車」が引き出されてきた・・・
c0060862_1134180.jpg



9時5分にスタートして先ずは高森峠

阿蘇の五岳を眺めながら、今日も

 「♪どこまでも行こう〜♫」と

上っていく…



暑くなく、寒くもなく・・・
気持ちの良い峠越え




国道に出たあと

下り基調をどんどん走って行くと
高千穂神楽のスタッチューのお出迎えが…
c0060862_11375479.jpg






ただ、いつも高千穂の町なかは
わかりにくい・・・


今回もATLASの地図を見ながら走るも
ミスコースしてしまい10分くらいをロス!



さらに、ルートラボで引いたルートは

あろう事か「行き止まり!」になっていた…(≧∇≦)
c0060862_11385161.jpg



右下の端末処理場?に下って
道を尋ねると

かなり前からここは通行止めになっているそうな…


※ 家に帰ってからストリートビューで確認すると
  確かにそうなっている。ルートラボでルートを
  引けても、こんなこともあるんですね…
c0060862_11392415.jpg



この為

下ってきた道を引き返しながら
国道への近道探しなどをして
さらに約10kmをロス!


結局は殆ど高千穂まで逆戻りして
車の多いR218を走るハメになりました…(-。-;)



なので日之影でゆっくりメシを食ってから
杉ヶ越方面へと向かうつもりが


ロスで遅れた45分を
少しでも取り戻そうと

コンビニ弁当へ変更!


店前のベンチでそそくさと昼食を済ませ

星雲橋の下へとくだってK6へ・・・


ここからいよいよ日之影川沿いの上りが開始!
c0060862_11411379.jpg




しばらく走ると
ネットで調べておいた「石垣の村」や


上流には「見立鉱山」時代に建てられ
今は史料館として残されている「英国館」などが
あるのだけれど


今日のところは
どっちもチラッと見で通り過ぎるしかない…
c0060862_11421372.jpg


錫(スズ)の採掘でわりと名の知られた「見立鉱山


英国館






そうしてさらに走ると、やっと「杉ヶ越」・・・



ルートラボ上では峠に近づくにつれて
その勾配がきつくなることがわかっていて


杉ケ越トンネル手前
2.5kmの平均勾配は9.3%ということだったが…



ここはきつかった・・・



日之影からのアプローチは
そこまでの勾配では無いものの


そこそこの距離をずっと上ってきたわけなので
けっこう足にきていたようだ…



ここで補給のパンなどを食べてしばしの休憩!
c0060862_11461586.jpg




そして 激坂の上りのあとは
激坂の下り・・・



転けないように慎重に攻めて
下りきったあたりから

こんどはK45の「梅津越」へ…




この「梅津越」・・・



実際に来るまではナメていた・・・



「杉ヶ越」に比べて高さもないし
その平均勾配だってそれ程でもなかったから…



ところが実は


急勾配のアップダウンがいくつもある峠だったので
ほとほと疲れてしまった…(≧∇≦)


ずーっと上り続ける坂の方が
まだイイヤと思った峠だった!




それでもなんとかここをクリアーし

稲積水中鍾乳洞も素通りして
快調に下って行くと


さすがにここは大分県



川にはいくつも石橋が架けてある…



Oさんと一緒なら
まず汽車には間に合わないかも・・・
c0060862_11483350.jpg




あとは
最後にシャカリキに飛ばして

なんとか予定していた列車時刻の20分前に
豊後清川駅に到着!



バイクを袋に入れてホームで待つ…
c0060862_11491817.jpg

(熊本方面列車のホーム番号を駅舎内の時刻表で確認し
 その2番ホームのワンマン乗り場のペイントのところで
 待っていると、なんと列車は向かい側ホームに到着!
 慌ててバイクを担いで線路を渡るハプニング…
 アセリました! (≧∇≦) )






そんなこんながあったものの

駅近くのコンビニでゲットしたコレとともに
今日の無事に乾杯しつつ帰りましたとさ・・・
c0060862_11534883.jpg





まぁ、でも

 このあたりの清流はなんとも良くて


今回のように、時間に追われて
先を急ぐ旅は

ホントーに勿体ない!



道沿いには何軒も民宿などの
泊まれる施設があるので


それらを利用して
ゆっくり走りたいなと


心底、思いました…





途中通行止めだった予定ルート




[PR]
by benbo | 2014-05-28 12:02 | 自転車 | Comments(16)

佐敷から4峠越えして川内へ




近頃はルートラボでいろいろと計画を立て
それを「ATRAS」にぶち込んで
あっちこっち、遠くへ行くことが多い…


近場のサイクリングも
それなりに手軽でいいものの

なにか、遠くへ旅してる感に乏しく


さらに安全安心度も高くて
今ひとつボクのささやかなる冒険心が
満たされない…


その点どこか遠く


行ったことのない所へ輪行でワープし

彼の地の山坂で悶絶し


なんとかかんとか
当初計画したゴール地点へと到達して


やり遂げた思いに浸りながら
再び輪行で帰るプチ冒険旅行は


なかなかイイ
ものなのであります…





今回のルート は

熊本駅から八代駅までJR
八代駅からは肥薩オレンジ鉄道で佐敷駅へと輪行し


そこから

ちょっとキツ過ぎるという理由で
前回の水俣メロンパンツアーのルートから外した
佐敷~古石~久木野のK271号線


久木野からは亀嶺高原(きれいこうげん)を
通って湯の鶴温泉へと下りK117へ


さらに矢筈峠を越えて出水に出た後
R328を南下し


途中から旧道となったK397の紫尾(しび)峠へ


峠を下った紫尾温泉からK398でさつま町
そしてR267、K394とつないで


夕方ころに川内駅にゴールしたあと
新幹線で熊本駅に戻るという

4峠越えの欲張りコースなのです…





熊本駅発は07:17の八代行き
c0060862_1310364.jpg



オレ鉄はノンビリとしたローカル線

凪いだ八代海を眺めながら
楽しかったメロンパンツアーのぶさんOさん
を思い出す・・・
c0060862_1313547.jpg

c0060862_13132216.jpg





佐敷駅には08:42着


駅前でバイクを組み立てていると

いつもながら客待ちのタクシードライバーや
電車待ちの客やらがいろいろ話し掛けてきて

遠くへ来た感を盛り上げてくれる…



ボトルに粉を入れ、水を満たしたら
いよいよスタート!
c0060862_1314595.jpg







湯浦を過ぎると
少しずつ上り坂になってきて


田植えに向けてあちらこちらで
代掻き作業が行われている…


古石地区に入ったあたりからは
野面石積みの棚田が多くなってきて
すでに苗の植え付けが済んでいるところもある!



トラクターに乗って作業している
お百姓さん達とあいさつを交わしながら
漕ぎ上がっていると

いずれもボクのような年寄りが
殆どだということに気付く・・・




また、元々は棚田だったところが
耕作放棄されたのか
草地となっているところもある…



棚田の景観を守ろうとしても
棚田を作る人そのものが
少なくなってきていて

集約した圃場の整備をする必要も
あるということなのかもしれない…



先日、たまたまこのサイトに流れ着いたこともあり

走りながら
日本の農業について
ほんのちょっと考えてみたわけなのです…




さて古石の棚田を過ぎたあたりからは
杉林の中の本格的な上りとなってくる・・・



今日は久々にブラを着けてきたので
腕の心拍計を見ながら走っていると

たまに150を越える時もある・・・



ルートラボ上では
最後の2.4kmほどが11.5%の平均勾配になっていて
ただひたすら、ペダルを回す…




車は殆ど通らず・・・


♪どこま〜でも 行こおぉ〜!
 みちは〜 キビシくともぉ〜♫



いつもの唄を歌ったりしながら
なんとか上木場入り口の峠にたどり着いた!
c0060862_1319569.jpg




しかし天気はいいけれど

すぐにかいた汗が冷たくなってくるので


写真を撮ったら早々に立ち去る・・・




下り側はゆるい勾配の気持ちのイイ田舎道


ノンビリと走って久木野に下り着いた…
c0060862_13201275.jpg



早速ここらで一軒だけと思われるJAの商店で
ジャムパンをゲットしてベンチで食べたあと

亀嶺(きれい)高原へと向かう



久木野からの標高差、400mほどを漕ぎ上がると
なだらかな高原の高みに「亀嶺峠」があって


そこは展望が良いということを事前に調べてきた…


バイクを木に立てかけ、300m程を歩いて登ってみる
c0060862_1324996.jpg

c0060862_13244553.jpg



ここからは360度のパノラマですな


水俣はもちろん
遠く九州の山々が臨める・・・
c0060862_13252555.jpg





さて眺望を楽しんだあとは
湯の鶴温泉へと向かう高原の道


ここらはお茶の栽培が多く
きれいに刈り込まれた茶園が
丘に広がっていた…
c0060862_13264277.jpg




下って湯の鶴温泉着は午後1時頃…
c0060862_1327130.jpg






ところが

メシ食うところはここで!
と、決めてきたのだが
ソコが見つからない…(^^ゞ




老人力の為か

店名を思い出せないので
誰かに尋ねることも出来ず



しょうがないので
たまたま見つけた食道で
田舎ランチを注文し

料理が出されるまでの間に
FBをチェックする・・・



すると
水俣のパン屋さんの看板娘である
Hさんからコメントが…


「諸国屋本舗」のお昼が美味しくていいよ!
と・・・




う〜む、残念
ちょっとチェックが遅かったなり〜



実は目指してきたレストランは
まさにソコだった
・・・(-。-;)





しょうがないので
食後のコーヒーに行きました・・・
c0060862_13303232.jpg

c0060862_13304847.jpg


お店は、石の階段を上って川を見下ろす高台にある
古い民家を改装したおしゃれなトコでした…





さて湯の鶴温泉での
ドタバタとまったりで時間が過ぎ
再スタートはすでに午後2時!



あと二つの峠を越えて
なんとか明るいうちに
川内駅に着かねばならない・・・



出水市に向かって矢筈峠をこなし
一旦、出水市に下った後紫尾峠へと向かう…



現在ではトンネルになった国道を下に見て

旧道は落ち葉サラサラの静かな静かな峠道…
c0060862_13342052.jpg





そして
さほどきつくないくねくね道を上ると


昔は宮之城街道であった旨を示す標柱の残る
紫尾峠へと辿り着いた・・・
c0060862_13352831.jpg

c0060862_13354149.jpg




峠を越えたら
紫尾温泉へ慎重に下り


川内川沿いのアップダウンを25kmほど走って
午後6時半ころ、やっと川内駅にゴール!

なんとか明るいうちに完走しました…
c0060862_13361292.jpg






いつものことながら
今回もいくつかの失敗やハプニングがあった…

キレイな亀嶺峠の展望所で催してしまい
大きな葉っぱ3枚じゃ足りなかったキジ打ち事件



さつま地方の路面が荒いので

バイクの振動が激しくて脱落し


あげくに軽トラにはじき飛ばされた
ATRAS 落下事件!

(幸い、傷だらけになるも画面は無傷で
リセットしたら立ち上がってくれた…

ルートはこれだけが頼りだったので
助かった…神様、ありがとう!)




まぁ、そんなこんなで
いろんなことがあり


ビールをすすりながら
新幹線で熊本へ・・・


ハニーにお迎えに来てもらい自宅着は午後8時ころ…


長い
(長く感じるんだよねぇ…こういうの)

楽しい一日でありましたとさ・・・











[PR]
by benbo | 2014-05-18 13:54 | 自転車 | Comments(16)

サイクルマラソン「阿蘇望」後半タイムチェック



熊本でロードバイクに乗る者にとって

なんだかんだ言うても、やはり
いっちばん、走っておきたいイベントが



この

灼熱・地獄の4峠越えイベント!

「阿蘇望」じゃなかろうか・・・


ただ

距離はそれ程でもない代わり

上りがけっこうあるので

そっちが問題!




ボクのような「お年寄り」には

もう若さに任せての爆走は
出けんからである…



そこで

昨年同様


タイムチェックシートの作成のために
GPSロガーを利用しての試走を行った…(^^)



ギリギリこのタイムで走っても
途中の足切り時間をクリアー出来て



なんとか
制限時間内に完走可能となるような走行スピードを
割り出しておこうということなのである…





今回は

地蔵峠から俵山峠をまわって
ゴールのアスペクタへと戻ってくる
Aコースの後半部分をチェックした…







結果は

大体予想していたとおり
約3時間半で走り終えられたので


前半部分を4時間くらいでこなせれば
なんとかなりそう! ということが

判った…






途中の設定ポイントの通過時間を
チェックする…


(ここは”ばぁちゃんの展望台”なのだが
なんとドリンクボトルを忘れて来た……>_<…)
c0060862_11525974.jpg






イベント時の地蔵峠エイドポイントはスルーの予定
(坂の途中だし…)




上りきると南郷橋(喉がカラカラ!)
c0060862_11544171.jpg





西原への下りの途中に
教えてもらった水場があった・・・    ガブ飲み!
c0060862_11551966.jpg






下りきって、萌の里横エイドポイントで
ドリンクをゲットして最後の峠の俵山へ…




本番では西日がキツそうな俵山峠…
c0060862_1156465.jpg



少し霞んでるけれど
俵山峠東側からの阿蘇五岳…
c0060862_11562553.jpg





最後にアスペクタへの上りの
夢しずくの坂をこなして

ゴールのアスペクタへ…
c0060862_11565235.jpg







さて問題は7月27日の暑さですな・・・




去年のような曇り空でもツマランけれど
ギンギラギンのカラカラ天気もなぁ・・・






あと、前半の試走もやっておかなくちゃ…












[PR]
by benbo | 2014-05-13 12:04 | Comments(6)

阿蘇五岳一周サイクリング



南阿蘇村に仕事で建築物の申請に行ったついで…

天気が良さそうなのでBettyを車載する (^^)



申請書の提出がわずか5分で済んだので
役場に駐車したまま10時6分に走り出す!




また今年も「阿蘇望」参加を目論んでるので
ルートは自然と似たようなコースになるのである…



ここを右折してペンション メルヘン村の下から…
c0060862_1210593.jpg



湯ノ谷GCへと出て、赤水登山道路をひた上ると…
c0060862_12102255.jpg


さらに上って突き当たりの
「阿蘇パノラマライン」から左へ…坊中へと下る
c0060862_12134056.jpg



TeamO3阿蘇支部長のところで
コーヒーを頂きながらCX作戦会議…
c0060862_12105647.jpg

天気の良い木曜日に
O3達で「日ノ尾峠」を攻略しに行くこととなる…

→O3達    連休が終わったら、みんなで行くよ!






阿蘇は、さすがに桜は終わっても
菜の花はまだまだ…
c0060862_1211193.jpg




このあとは持参のパンを昼飯代わりにし

キライな箱石峠を越え

上色見からアップダウンの続く広域農道をへて
中松へ…



中松からは今回新開発の直線農道!
(なかなか良かった!)





ゴールの南阿蘇村に午後2時半頃着…
c0060862_12113575.jpg




ルートラボコース










[PR]
by benbo | 2014-05-03 12:18 | Comments(14)