Team O3 長崎合同ライド


たとえそうじゃなかったにしろ

たぶん同じような場所を
訪れることにはなって


それなりに
面白かったとは思うけれど・・・


やっぱり

そこに住んでいる
その地をいつも走り回っている面々に
先導、案内してもらうと


それが何倍も何倍も楽くるしくなるということは
ホントーのことでしたね! 今回も・・・



自転車に乗って楽しく遊ぶ集まりである
Team O3(チーム オースリー) 
※「チーム おっさん」というのが
 正式名称だと思っているメンバー
 がほとんどのようだが…

には


Team O3 熊本(元祖)
Team O3 長崎
Team O3 東京

があって


10月25日〜26日の二日にわたり
ボクら熊本組は長崎へと
遠征することになったのでありました・・・



冒頭のように

長崎組によって
巧妙に、かつ効率よく考えられ、仕組まれた
ルートの一日目は


そのまま坂だらけの
長崎市中引き回しの刑(もとい観光)であったし…


二日目の野母崎ライドでも

通常だとそれ程ツラクは無い坂が

長崎の若っきゃモンが
ガンガン突っ走るものだから


それに合わせてコッチは
ハァハァ ぜぇぜぇ・・・



なかなかの モノでした!



まぁ、そんなわけで


ホントーに 楽しんだ
長崎合同ライドでした・・・




Team O3 長崎のみなさんには
とってもお世話になり
ありがとうございました!





一日目(25日)朝からフェリーで島原へ
c0060862_189767.jpg

長崎組との集合は長崎港
c0060862_1892595.jpg

食事をとってさてスタート(P.すぎもと)
c0060862_1894314.jpg

先ずはなんといっても稲佐山
c0060862_1895865.jpg

(新)名所の女神大橋を渡り
c0060862_18102043.jpg

湾を挟んで稲佐山の対面の鍋冠山
c0060862_18104023.jpg

お次は海援隊(P.すぎもと)
c0060862_1811365.jpg

おしまいに中島川の眼鏡橋
c0060862_18111797.jpg

焼き鳥「龍」での楽しい宴の後
初体験のカプセルホテル!
c0060862_18113573.jpg




二日目(26日)は
熊本からアンカー星人さんも参加して
女神大橋からのスタート(P.すぎもと)
c0060862_18115788.jpg

野母崎南端の樺島灯台
c0060862_18121482.jpg

昼メシは脇岬にて
c0060862_18122856.jpg

食後の一枚(P.すぎもと)
c0060862_1812515.jpg

野母半島西海岸からは軍艦島が・・・(P.すぎもと)
c0060862_18131079.jpg




ゴールはスタート地点の女神大橋駐車場
美味しい差し入れを頂いた後
名残惜しくも解散して帰途へ・・・



行きも帰りも運転してくれたST-さんはじめ
のぶさんみきたかさん1008さん
アンカー星人さん
お陰で忘れ得ぬ長崎合同ライドに
なりました…ありがとうございました!













[PR]
# by Benbo | 2014-10-31 18:23 | 自転車

清栄山ハイサイ


仕事が忙しいとついついブログがおろそかになる…

サイクリング後、その日のうちにアップするなんて
凄いことだけれど、まわりのO3達はヘーキでそれを
やっているヒトも多いのだ・・・スゲ〜



今回はたまたま土曜日のサイクリングで
日曜日の午前に時間が取れたし

ブログアップの方法を忘れてもイケナイので
昨日撮った数少ない写真をアップすることにした…(≧∇≦)



サイクリングで山の取りつきまで行き
そのままハイキングまでやっちまおう!
という方法を今回の同行者であるみきたかさんが
提唱し


我らO3がそれをやるなら「ハイサイO3」だねぇ…

ということでハイサイの名前を付け
今回は「清栄山ハイサイ」なのである・・・




集合は小山町のお弁当屋さんに午前8時半
c0060862_1155560.jpg

みきたかさんの先導で益城から西原へ向かう
c0060862_11552366.jpg

萌の里下での休憩後、先ずは俵で足慣らしを…
c0060862_11554240.jpg

スカッと晴れない阿蘇カルデラ
c0060862_1156281.jpg



あとは


   楽しすぎたり


      苦しすぎたりで




写真を撮るのを忘れ


やっとこさの 清栄山頂…
c0060862_1214953.jpg

c0060862_1214291.jpg



低山ではあるけれど
十何年ぶりかの山頂到達の気分は格別で


なんか   昔を思い出し
また登山やるのもエエかもね…


などと思ってみるのであった・・・(^^)



さて帰り道でカメラを思い出し
レア-な近道で最後の一枚…
c0060862_123921.jpg



土曜と日曜しか資本活動をやってない長陽駅舎で
ハニーへのお土産のシフォンカップケーキを求め

運動公園横でみきたかさんと別れ
午後5時前に今日も無事に自宅着となり・・・





しっかし


今日の清栄山登り口までの激坂は
キツかったぁ・・・




詳細はみきたかさんのブログを参照下され〜
みきたかさん、ありがとうございました!








[PR]
# by Benbo | 2014-10-19 12:07 | 自転車

宇土半島ワンダーランドへ


大藪サイクルの小国ライドが
雨のために中止という連絡は
昨日、土曜日だったけれど

今日は朝からぐずついたものの
お昼に近づくにつれだんだんと良くなってきた…

次の台風がまた近づいているため
しばらくは走れそうにないので
まぁ、途中で降られてもイイやと
Betty に跨がって午前11時に宇土を目指す


東シナ海を通過した台風12号は
韓国に近づいてゆっくりとなったため
強烈な南風に悩まされながら
いつもの白川の土手から天明町を抜け
平木橋を渡って住吉へと辿り着いた・・・

龍神社前で一休み・・・
c0060862_21331579.jpg


そうしてR57を横断してK58へ入ると
宇土市と宇城市の境の峠手前2kmが
9%弱の上りになっていて
汗びっしょりになってしまった…

峠からはチェーンをまたげば
大岳山方面へも行ける…
c0060862_21333885.jpg

c0060862_21335563.jpg


息を整え、ドリンクで喉を潤し
少し下っていくと八代海が見渡せる…
c0060862_21351832.jpg



さらに下ると、古い町並みの保存が進む
松合の町に出て、昼メシを食おうと
いつもの下萬屋へと向かう…

時刻は午後1時半になっていたけれど
あと2食分はあるというので
500円の「だご汁定食を」2階の座敷で頂いた…
c0060862_21353781.jpg




さて後はここから三角方面へと向かい
宇土一をやるか、あるいは東へと向かい
松橋を抜けて家に戻るか考えたが

すでに2時を回っているので
素直に帰ることにする…


行きに押し戻そうとするくらいの南風は
帰りには楽チンな追い風となって
いつもは出来ない40km/h巡航!

午後4時には自宅着が出来てしまった…


雨になるかもと思って覚悟していたものの
おおむね晴れの蒸し暑い日となって

日焼け止めを塗っていかなかったツケで
お風呂でヒリヒリになってしまいましたとさ…










[PR]
# by Benbo | 2014-08-04 21:38 | 自転車

小岱山ドMコース?


「小岱山ドMコース」としてルートラボに
上げてしまって、自分ではまだ走ってないとなると
ちょっと問題かな・・・


そういう訳でほとんど梅雨明けしたと
同じようなカンカン照りになったこの日に
阿蘇望の練習も兼ねて行ってきた・・・


スタートはまたもや出遅れ、午前10時…(≧∇≦)

フードパルから菱形神社を経て
K113の途中から木葉に出、新玉名駅
c0060862_10344295.jpg


天気が良くなり、暑くなってきた・・・


玉名バイパスを上り、蛇ヶ谷公園東側の
九州看護福祉大学横から
今日は「防火林道」というのを走り始める…
c0060862_1036259.jpg


道はアップしてるかダウンしてるかで
リズム良くアップを続けたいが
ソレをさせてくれないジワジワ悶絶型!


嬉しくて汗が出てくる…


おまけにFBでお助け回答まで
せにゃぁならないので

いくつもの坂の頂上付近で
その度に i ちゃんのキーを叩く…



最後に少し長めの一気下りのあと
K3に突き当たって左折し

新幹線をアンダーパスした後
程なく小岱山林道に突入!

瑞穂窯横をまたもや悶絶しいしい
上っていく…



ここらへん、
太陽がジリジリと照りつけるので
なるべく木の陰を選びながら
走るものの
木の無いところには
陰もあり得ず

灼熱の阿蘇望を思って
我慢するしかない・・・



そうしてやがて
ある程度の高度まで達した頃
林の中の陰ぶら道になり
勾配も穏やかなものとなってきた…

ごくごくたまには
西側の展望も開け
有明海越しに雲仙も見えた…
c0060862_10403862.jpg



同じような細かいコーナーが連続する道には
枯れ葉や枯れ枝が沢山落ちていて
特に大きめの枯れ枝には注意が必要だ!

途中にあった登山者向けの地図
c0060862_10405836.jpg



そうして午後2時半頃
蓮華院誕生寺奥の院に到達
c0060862_10412821.jpg

今回も門前のお店で遅いお昼にする…

ここはお相撲さんとのつながりがあり
それだからか「ちゃんこ定食」のメニューがある。
500円である…
c0060862_10414140.jpg


一見、豪華に見えるが食ってみるとさほどでもなく
バイク乗りにはエエくらいかも・・・



帰りは蛇ヶ谷公園横へと下り
玉名高校、岩崎を抜けて高瀬に出たあと
ハニーの命を受けていた
荒木商店で「高瀬の誉」の酢、五合瓶をゲットして
c0060862_12161243.jpg

木葉から田原坂を経て帰った・・・


今年の阿蘇望は暑くなりそうなので
身体を慣らしておかないといけなそう…
午後3時の俵山峠スペシャル対策も必要かも。












[PR]
# by Benbo | 2014-07-20 10:50 | 自転車

England モーターサイクルひとり旅-15


 7/17(Fri) 十五日目 —「生きて帰る」—

 またまた長いフライトの末
16時40分に雨のインチョン空港に無事ランディングした。


 機中ではUSBメモリースティックタイプの
愛用のiPodを紛失した。
座席のまわりやシートの隙間を懸命に探したけれど見つからなかった。
しょうがない、あきらめよう。
見つけた人に五輪真弓の「抱きしめては」はどう聞こえるのだろうか…

 先日のニュースで
シートの隙間に落ちていたライターから発火した事件があり
その後の一斉調査でかなり沢山のライターが見つかったそうな。

いくつかのiPodもその中にはあったかもしれない。


 機から出て新型インフルの検査を受け
セキュリティーを抜けて福岡行きの7番ゲートにたどり着いたころ
空港は土砂降りとなって霧に包まれ始めた。


 それから約1時間後、飛行機は定刻に無事離陸した。

福岡までの1時間弱の飛行中に機内食のチラシ寿司らしきものを食べ
全てに「無し」のチェックを入れた税関申告書を書いた頃
ようやく窓の下に博多の夜景が見えてきた。


 『あぁ、なんとか生きて日本に帰って来れた』

と 思った。




――――――――――――――――――――――――――――


          あとがき      ― 言い訳 ―

 実はこれまで、海外旅行にひとりで行ったことなど一度もありません
でした。
 二十七年前に初めてイギリスへ国際ラリーを見に行った時は、さるモ
ータースポーツ紙が募るツアーの形だったし、その後の何回かの渡
航も、ツアーの形では無かったが家族や友人たちと共に行ったもの
でした。
 ひとりで行くことと二人以上の場合との違いに、いつでも会話できる
人間がそばに居るか居ないかということがあると思います。
 今回、ボクは旅行中のふとした時間の合間もたったひとりで過ごさね
ばならなくなり、そういう会話をし得ないと気付いた時、その日の顛末
を詳しく記し始めたのかもしれません。
 そうでもしなければきっと時間を持てあます結果になっていたでしょう。

 そして、初めはそれほど真剣に書いていたわけではなかったものが、
三日目、四日目と続いてくるともうやめられなくなってきて、とうとう日
本帰国までの十四日間の日記となってしまいました。

 その日の気分で適当にスケジュール帳に書きなぐった文章なので、変
な言い回しや合わないつじつまがあっちこっちにあります。
 ツーリングの為の装備がスーツケースの大半の部分を占領してしまい
ほんの少ししかおみやげを持ち帰れなかったので、この旅行記のような
モノをその代わりに出来ればと思って作り上げました。

 本文でも書きましたが、多くの応援してくれた友人知人に再度感謝し
ます。 また、読みにくいボールペン文字をテキスト化してくれたハニー
にも感謝します。

『Than you very much.』
c0060862_643118.jpg




おわり





 さてと「阿蘇望」…頑張らねば!






[PR]
# by Benbo | 2014-07-19 06:49 | モーターサイクル