England モーターサイクルひとり旅-2


 7/4(Sat)滞在二日目 —「落ち込む」—


 時計が無かったのでわからなかったが
午前5時前後だったのかもしれない。

そっと起き出してバイク屋への道を歩き始める。
通りには人が少なく少し不安だが涼しくて気持ち良い。

先日自宅の庭に取り付けたフェンス扉と同じようなのをいたる所で見かけるが
全て黒に塗ってある。
ペンキの厚みも相当で良く手入れしながら使っているようだけれど
自宅と同じ「ブリティッシュグリーン」色はついに見なかった。


 けっこうなな距離を歩いて、思った所に思った様にバイク屋はあった。
もちろんこんな時間だから誰も居ない。


帰りは疲れたのでバスに乗ってみる事にした。
バス停で待っていると十分位しておなじみの赤いダブルデッカーが来た。
オイスターカードをかざして乗り込む。

 運転は日本に慣れている者には乱暴と言うしかない。
曲がるときも急ハンドル急ブレーキとはいわぬまでも、荒っぽい方だ。
全ての運転手がそうなのか次に乗ったときに確かめよう・・・。
バス自体は低床で広々としている。


 YHに戻ると、まだ全員蒸し暑い部屋で寝ていた。
気の毒だがスーツケースを開けたり着替えたりしていたら
一人が時間を聞いてきた。
時計は持っていないと答えたら別の誰かが六時十分と答えた。
聞いたヤツは「こんな時間なんだぞ」と諭したかったのかもしれない…

 そそくさと部屋を出てホールにあるPCをチェックしてみる。
コインを入れて使うタイプが2台セットしてあり
インターネットもスタンバイ状態である。
午後からテストしてみよう。



 さて本日の第2弾へ出発! 
Hammersmithのバスステーションで路線図をゲット
A番線からNo.295でLadbroke Groveへのダブルデッカーに乗車した。

 2階席へ上ろうと階段に足をかけたところでバスはいきなり動き始め
手すりをしっかりつかまえて上らないとひっくり返りそうだった。
ウーム、やはり日本とは違う。

 2階席の見晴らしはとても良く
このままずっとロンドン中を乗っていたい気分である。
公園などの大きな木は約4メートルの高さがあるバスの形にカットしてあった。

 目的地はポートベローマーケットだが
終点で降りたものの、はてどっちに行っていいのかわからない。
少し高くなった道らしきところに上ると
そこはなんと川なのだった。

バス停から歩いてきた道はこの川よりずっと低かったのでビックリしたが
川だと思ったのは実は運河なのであった。

 運河沿いにはpathがあって
歩き出したら感動の気持ちが湧き上がってきた。

早朝の太陽に照らされてキラキラ光る水面を
カモやスワンが一列になって泳ぎ、岸辺には花々が咲いている。
c0060862_7382180.jpg

c0060862_7384715.jpg


 2~3キロ歩いたら右膝が痛くなってきたけれど我慢してさらに歩く。
犬連れの散歩の人、サイクリングの人
そしてこちらに手であいさつを交わしながらのんびりゆくナローボート。
c0060862_739536.jpg

c0060862_7392236.jpg

こらあ、日本が10年とか20年とかで追いつけるレベルでは無いよ!

これで至る所に(水の中にも)ゴミを捨てる奴らがいなくて
犬の糞もなかったなら、感動のあまり涙するかもしれない。

森の都などと昔は言われながら
どんどん味気なくなってきた今の熊本市を思い浮かべて比べてしまい
だいぶガックリきた。
c0060862_740814.jpg


 日本とは歴史や成り立ちが違うということもあるけれど
ここでは都市での住まい方が徹底している。

ほとんどの市民は高層のビル住宅、軒の連なったタウンハウスや
長屋などに住み
都市の至る所に緑の多い広い公園(大小様々)を残していて
人を恐れもしないリスが芝の上をピョンピョン走り回っている。


 ひざの痛みを我慢しながらその後通ったハイドパークには
土曜日だったからかもしれないがいろんな人が思い思いの姿でやってきて
それぞれのやり方で時間を過ごしていた。

 ポートベローマーケットが目的でやって来たが
それはもうどうでも良くなっていた。
公園に寝そべり、Sparで買った缶ビールで
甘いドーナッツとジャムの入ったクロワッサン
バナナ一本とトマト一個をたいらげた。



 地下鉄を2カ所で乗り換えながらYHに帰ったのは11時15分
さすがに部屋にはもう誰も居なかった。

 一つきりの折りたたみイスに腰掛け
ガランとした部屋でここまでの日記を書き上げ
少しトランクの整理もし、さらに出かけることにする。

 第三弾はMotorcycle museumだ!


が、結論から言うと午後は全てダメだった。

まず、備え付けのPCではMacのWeb-mailが使えなかった。
これで帰るまでメールできないかも。


 Motorcycle museum は玉砕した。

 色々あった。
まず地下鉄の乗り換えで間違え、遠くまで行くはめに…

やっとEarls courtに着いたがどのバスかわからず
あちこちに聞くが知らないと言う。

訊ねるのをあきらめ、来た地下鉄を引き返すが
実はここからが今日のきわめつけの事件になっていく。

 車内の路線図を眺めていると
途中駅からバスに乗り換えて帰れるようなので途中下車。

駅前のバス停でどれに乗ったら良いか探してウロウロしていたら
なんとポリスの職質にあってしまった。
テロの警戒ですからなどと言いながら色々と聞いてくる。
めんどうなのでパスポートを見せて乗りたいバスを探してもらった。

 まったく!

自分がそんなにアヤシーやつ状態なのかと思うとかなり落ち込んでしまった。
それからたったひとりであることの猛烈な淋しさが襲ってきた

 ハニーと話をしたかった。
YH近くの終点でバスを降りて電話ボックスを探した。
しかし国際電話がなぜかダイレクトでつながらない。
コレクトコールにしてみるもやはりダメ。

しょうがなくモールで買い物をする。
明朝のパンとミネラルウオーター、ひげ剃りのフォームを買う。
そしてモールを出て再度電話をかけてみる。
コレクトコールでやっと出たがなんとなく変!

聞けば午前一時半とのこと!
日本からはイギリスは八時間後だが
イギリスから日本を考えるときは八時間前だったのだ。
トシはとりたくないよ。またまた凹んでしまった。


 YHに帰りシャワーを浴びて元気を奮い起こし
下のパブで夕飯(ラザニアのようなもの)をビールとともに食っていたら
猛烈な眠気が襲ってきて日記の字もヨレヨレになってしまった。


今朝は早かったんだよ。そしてイベントが多すぎたよ。
まだ8時だが寝ようかな・・・















[PR]
by Benbo | 2014-07-05 07:46 | モーターサイクル
<< England モーターサイク... England モーターサイク... >>